岡田 大助
@IT編集部
2006年9月27日

■最近話題のRFIDって何ですか?

 RFIDRadio Frequency IDentification)とは、電波を使って物品や人物を自動的に識別するための技術全般を指します。FeliCa技術などを使った非接触ICカードもRFIDに含まれます。

 RFIDは、既存のデータキャリアであるバーコードに比べデータの書き換えができるほか、個品レベルでのID管理が実現できるものとして期待されています。また、無線を利用しているため読み取りが柔軟で、同時に複数IDを一括して読み取ることも可能です。

 基本的な構成要素は、「ICタグ」、「リーダ/ライタ」、IDにひも付けられた情報を保存する「データベース」、リーダ/ライタとデータベースやアプリケーションをつなぐ「ミドルウェア」が挙げられます。

 日本では2003年ごろから総務省、経済産業省、農林水産省、国土交通省、文部科学省など多数の省庁によってさまざまな実証実験が行われ、RFIDの用途と効果が検証されました。2005年ごろから徐々に実運用レベルのソリューションが登場しています。

 期待される適用分野としては、物流(商品/パレットのトレーサビリティ)、販売(在庫管理や検品・棚卸の効率化)、製造(品質管理、効率化)セキュリティ(入退室管理、危険物管理)などが挙げられます。

 それでは、もう少し詳しくRFID技術について見ていきましょう。


Index
5分で絶対に分かるRFID
最近話題のRFIDって何ですか?
  さまざまなICタグとリーダ/ライタ
  国ごとにまちまちな周波数帯
  2つのメジャーなRFID標準化団体
  消費者のプライバシーを守るために

関連記事
5分で絶対に分かる非接触ICカード

RFID+ICフォーラム トップページ

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

RFID+IC フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Master of IP Network 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH