RFIDの知識とスキルを認定する「RFID+」

社内にRFIDに精通したエンジニアはいますか?


吉村 睦美
CompTIA日本支局
アシスタントアカウントマネージャー
2006年7月26日
注目の技術「RFID」だが、「RFIDエンジニアってどんな人?」と問われると解答に詰まることがある。RFIDに関する知識とスキルを認定する試験「RFID+」を紹介する(編集部)

 現在、約6万以上の企業が、顧客や仕入先あるいは取引企業からの要求によりRFIDの技術導入を進めています。この数字は今後、大きくなることが見込まれています。なぜならば、RFIDサービスの市場は2008年までに40億ドルを超えると予測されており、流通や製造の流れを変える新しい技術の1つとして注目され始めているからです。

 しかしながら、2005年前半に非営利のグローバルIT業界組織 CompTIA(コンピュータ技術産業協会:1982年設立)がメンバーに対して行った調査(有効回答数107社)では、約60%の企業がRFIDに精通したエンジニアがいないと回答しています。また、RFIDエンジニアがいると答えた企業でも、70%近くがRFIDに精通したエンジニアは10人未満しかいないと回答しており、十分なエンジニアは確保できていないというのが各社の状況であることが分かりました。

 今回、紹介する「CompTIA RFID+」は、CompTIAが2006年4月3日より開始した資格試験です。CompTIAは、欧米を中心に14拠点(日本も含む)を持ち、メンバー企業として89カ国で2万社以上の会員が参加しています。

 RFIDエンジニアの人材不足を解消したい「RFID+」

 上述のグラフからも分かるように、新しい技術であるRFIDエンジニアは不足しています。RFID+は、RFIDシステムの分析、インストール、コンフィグレーション、チューニング、メンテナンスおよびトラブルシューティングを行える人材の育成を目的に試験問題が作成されています。

 試験概要は以下のとおりです。

試験科目 1科目(RFID+)
試験言語 英語(日本語対応も検討中)
試験問題数 75〜80問
試験時間 90分
合格ライン 非公開
受験方法 全国のアールプロメトリック、ピアソンVUEの試験センターにて受験可能

 RFID+は、基本的なRFIDに関する知識およびRFID業務において、6カ月〜2年程度の業務経験により蓄積されるスキルを証明できるように設計されています。RFIDを提供するベンダ企業をはじめ、RFID導入についてのコンサルタント企業、RFIDをシステムの一部として導入するシステムインテグレータやサービスプロバイダ企業に必要とされるスキルが中心になっています。

 また、ほかのCompTIA認定資格でも評価される「実務能力」というポリシーは変わることなく、RFID+においても知識や技術力だけではなく、現場対応能力やトラブルシューティングを問うケーススタディが中心となり問題が作成されています。

 試験の出題範囲および出題比率は以下のとおりです。

出題範囲 出題比率
交信領域の基礎
13%
テスティングとトラブルシューティング
13%
規格と規制
12%
タグの知識
11%
デザインの選択
11%
インストール
11%
現場分析(インストールの前後およびインストール中)
11%
RFの物理
11%
RFIDの周辺機器
7%

 すべてのCompTIA認定資格試験問題は、必要とされる職務・職能を持つ業界内の実務従事者によってつくられる試験作成委員会(コーナーストーン)が作成します。コーナーストーンは、現在利用されている技術、知識を調査し、「Job Task Analysis(職務分析報告書)」としてまとめ、出題範囲の割合や各項目の決定に役立てます。RFID+のコーナーストーンは以下の企業です。

American RFID Solutions Association for Automatic Identification and Mobility (AIM Global
Briljent DHL Express
FC Business Systems IBM
Intermec Technologies ASURYS
Indiana University Purdue University Indianapolis ODIN technologies
OTA Training Printronix
RFID4U RFID Focus
RFID Global RFID Journal
Sparkice ScanSource
Symbol Technologies Texas Instruments
Zebra Technologies  

 
1/2

Index
社内にRFIDに精通したエンジニアはいますか?
Page1
RFIDエンジニアの人材不足を解消したい「RFID+」
  Page2
「RFID+」の類似問題に挑戦!
コラム:RFID+受験の感想

RFID+ICフォーラム トップページ

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

RFID+IC フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Master of IP Network 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH