デジタル・アイデンティティ


OpenID Foundation Japan


デジタル・アイデンティティ 「OAuth」の基本動作を知る
デジタル・アイデンティティ技術最新動向(1)
 Webサービスが形作るAPIエコノミーの時代に重要な役割を果たす「デジタル・アイデンティティ」を徹底解説
Security&Trust」フォーラム 2012/8/27
デジタル・アイデンティティ RFCとなった「OAuth 2.0」――その要点は?
デジタル・アイデンティティ技術最新動向(2)
 ついにRFCとして承認された「OAuth 2.0」。前バージョンとの違いと安全に使うためのポイントを紹介します
Security&Trust」フォーラム 2012/9/10
デジタル・アイデンティティ OpenIDが果たす役割を知る
デジタル・アイデンティティ技術最新動向(3)
 OAuthに続いて取り上げるのは「OpenID」。どのように動作し、どんな課題を解決できるのか、その基本を解説します
Security&Trust」フォーラム 2012/9/20
デジタル・アイデンティティ 「OpenID Connect」を理解する
デジタル・アイデンティティ技術最新動向(4)
 次世代OpenIDとして標準策定が進む「OpenID Connect」。その設計思想とは? 実装状況は? 最新動向をお伝えします
Security&Trust」フォーラム 2012/9/27
デジタル・アイデンティティ UDIDにおけるセキュリティ&プライバシー問題
デジタル・アイデンティティ技術最新動向(5)
 今回は少し趣向を変えて、UDIDに起因するセキュリティ上の問題とプライバシー上の問題を取り上げます
Security&Trust」フォーラム 2012/11/8
デジタル・アイデンティティ UDIDがはらむプライバシー問題
デジタル・アイデンティティ技術最新動向(6)
 UDIDに起因するセキュリティ問題に続き、UDIDに起因するプライバシーの問題、特に名寄せの問題について議論します
Security&Trust」フォーラム 2012/12/25
デジタル・アイデンティティ 認証UX標準化を目指すAccount Chooser
デジタル・アイデンティティ技術最新動向(7)
 セキュアで使いやすい認証を目指して実装および仕様策定が進む「Account Chooser」というプロジェクトを紹介します
Security&Trust」フォーラム 2013/1/29
デジタル・アイデンティティ ユーザー中心のアクセス管理を目指すプロトコル
デジタル・アイデンティティ技術最新動向(8)
 ユーザー中心のアクセス管理やサービスを超えたデータ共有の実現を目指す「User Managed Access」を紹介します
Security&Trust」フォーラム 2013/5/8

Profile
Nov Matake
http://matake.jp


OpenID Foundation Japan Evangelist。個人では、OAuth.jpというサイトを通じて日本語でのOAuthに関する情報発信などを行ったり、OpenID ConnectやOAuth 2.0のRubyライブラリを開発している。

Security&Trust記事一覧

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Security&Trust フォーラム 新着記事
  • 「セキュリティリサーチャー」って何をする人? (2017/5/26)
     ネットにはさまざまな脅威や脆弱性の情報もあふれている。そんな情報過多な状況から、有用な情報だけを選別し、正しく共有していくこともまた必要だ。WannaCry騒ぎ、Apache Struts 2脆弱性……そのとき「彼ら」は何をしていたのか
  • マルウェアを防ぐには出入口対策から――複数のセキュリティ技術で多層防御する (2017/5/24)
    人員リソースや予算の限られた中堅・中小企業にとって、大企業で導入されがちな、過剰に高機能で管理負荷の高いセキュリティ対策を施すのは現実的ではない。本連載では、中堅・中小企業が目指すべきセキュリティ対策の“現実解“を、特に標的型攻撃(APT:Advanced Persistent Threat)対策の観点から考える。
  • セキュリティ対策でモノを言うのは「スピード」、20秒以内で検知可能なローソン (2017/5/16)
    「脅威の侵入を100%防ぐのは不可能」という前提に立った新たなセキュリティ対策を模索してきたローソン。脅威の検知と一次対応を速やかに実行し、迅速なインシデントレスポンスを支援するツールを導入した結果、20秒以内に社員が利用する約7000台のPCから感染端末を検索する体制を立ち上げた。
  • 無線LANのただ乗りに「無罪判決」の驚き (2017/5/11)
    2017年4月、セキュリティクラスタが注目したのは先月に続いて「Apache Struts 2」の脆弱(ぜいじゃく)性。対応がよろしくない組織が目立ったためです。無線LANのただ乗りに対して「無罪判決」が出たことにも、話題が集まりました。
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH