第5回 ExchangeサーバとSender IDの親和性

竹島 友理
NRIラーニングネットワーク株式会社
2006/3/14

 こんにちは。今回もExchange Server 2003のService Pack 2(SP2)に入っているセキュリティ機能の紹介です。今回のテーマは、「Sender ID」という送信ドメイン認証機能について見ていきます。

 Exchange Server 2003 SP2をインストールすると、Exchange Server 2003環境でSender IDを実装できるようになります。なお、Sender IDは@ITやMicrosoftのWebサイトで、すでに多くの解説情報が公開されているので、その都度、関連情報を紹介していきます。

 Sender IDはいまの時代に必要なスプーフィング対策

 Sender IDとは「スプーフィング(なりすまし、送信者アドレスの偽造)」に対抗するIPベースの送信ドメイン認証技術です。スプーフィングの手口は、しばしば迷惑メール(スパムメール)、フィッシング(Phishing)攻撃、メール感染型のウイルス/ワームなどに使用されます。

・迷惑メールにおけるスプーフィング

 迷惑メールの送信者は、メールから自分の身元を特定されないように、送信者アドレスを偽造して別のドメイン名を名乗ったり、送信者アドレスを空白にしたりすることが多いです。

・フィッシング攻撃におけるスプーフィング

 フィッシング攻撃とは、悪意のあるユーザーが正規の金融機関などを装ってメールを送り、暗証番号やクレジットカード番号などの情報を入手する詐欺のことです。

 例えば、皆さんの元に、ある金融機関を名乗るメールが届いたとします。そのメッセージ本文には個人情報の入力を促す案内文とWebページへのリンクが書いてあり、そのリンクをクリックすると正規の金融機関のWebサイトと、個人情報入力用のポップアップウィンドウが表示されました。

 このメッセージの送信者アドレスが偽造されていることを知らない皆さんは、正規のWebサイトを見て安心してしまい、入力フォームに暗証番号やパスワード、クレジットカード番号などの個人情報を入力して返信してしまいました。その結果、皆さんの個人情報が悪事を企んでいる人に渡ってしまいました。これが代表的なフィッシングの手口です。

 フィッシングの語源は「釣り」を意味する「Fishing」からきていますが、偽装の手法が洗練(sophisticated)されていることから「Phishing」になったといわれています。

・メール感染型ワームにおけるスプーフィング

 メール感染型のワームも送信元のメールサーバが特定されないように、しばしば送信者アドレスを偽造します。メール感染型のワームは、自分自身でメールの送信機能を持っており、侵入先で取得したメールアドレスをあて先に設定して、DNSで送信先サーバを検索し、次々とワームを添付したメールを送信します。

 なぜ、このような悪意のあるメールが飛び交うようになってしまったのでしょう。

 メールで使用されているSMTP(Simple Mail Transport Protocol)というプロトコルは、1982年にRFC821として公開されました。もともとSMTPは性善説のプロトコルで、その基本的な機能や考え方はいまでも変わっていません。送信者がどのようなメールサーバを使用していても自分のドメインあてのメッセージはそのまま受信しますし、SMTPの送信者アドレスは簡単に書き換えができます。

 当時は、技術者たちの狭いネットワークで使用していたので、深刻な問題は起こらなかったのかもしれませんが、いまは世界中の不特定多数の人たちがメールを使用している時代です。もちろん正当なメールをやりとりしている人たちはたくさんいます。しかし、残念なことにメールという手段を利用して悪意のあるビジネスをしている人や相手の環境を攻撃しようとする人たちもたくさんいるのです。

 このようにSMTPが開発された当時とは状況が変わってきているので、そこを補う技術が必要なのです。今回紹介するSender IDは、まさにいまの時代に必要なメールの送信者を認証する技術です。

 Sender IDは迷惑メール対策ではありません

 Sender IDを使用すると、メッセージの送信者アドレスの偽造を見抜き、うそをついている相手を突き止めることができるので、「信頼できる」と確認できたメールのみ受け取れるようになります。しかし、ここでの信頼は、送信者アドレスが偽造されていないことへの信頼であって、そのメールが正当なメールであることを意味しているわけではありません。

 Sender IDは、MAIL FROMコマンドの引数やFrom:ヘッダで示されている送信者アドレスが正しいかどうかを検証するのが目的であって、そのメールの正当性を確認する機能ではありません。つまり、Sender IDだけでは迷惑メール対策にはならないのです。送信者アドレスを確認したメールを受信した後、受信側でどのような対策を取るのかは、それぞれの環境の管理方針に任せられています。

 Exchange Server 2003が持っている迷惑メール対策機能は、第4回で紹介した接続フィルタ、送信者フィルタなどのフィルタ機能です。これらのフィルタ機能を使用すると送信元ドメイン名やIPアドレスを基に迷惑メールの受信を制御できます。しかし、これらのフィルタ機能には、送信者アドレスが偽造されているかどうかを検証する機能がありません。もし送信者アドレスが偽造されたメールを受信したとしても、フィルタルールどおりに動作するだけです。

 ですから、送信者アドレスを確認するSender IDと迷惑メール対策であるフィルタ機能を併用して、お互いに補完し合うように構成しましょう。

 Sender IDを実装したことにおけるメール送信側のベネフィットは、自分のドメインから送信されたメールの正当性を受信側に確認してもらえることです。つまり、悪意のあるユーザーが皆さんのドメイン名を名乗って迷惑メールを送信したとしても、そのメールを受信した側はそれが正当なメールでないことを確認できます。

 一方、受信側のベネフィットは、受信するメールの送信者アドレスが偽造されているかどうかを確認できることです。Sender IDが利用されているのであれば、その送信者アドレス情報を信頼して、フィッシング詐欺や迷惑メールへの対策を考えることができます。

 
1/4

Index
ExchangeサーバとSender IDの親和性
Page1
Sender IDはいまの時代に必要なスプーフィング対策
Sender IDは迷惑メール対策ではありません
  Page2
SMTPによるメール送信処理
Sender IDによる送信ドメインの検証方法
  Page3
メール送信側の設定作業
メール受信者側の作業
  Page4
3つの送信ドメイン認証


関連記事
基礎から学ぶExchange Server 2003運用管理

Security&Trust記事一覧


Security&Trust フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH