第8回 Multi Level Securityで機密ファイルを管理する

古田 真己
サイオステクノロジー株式会社
インフラストラクチャービジネスユニット
Linuxテクノロジー部
OSSテクノロジーグループ
2006/11/28

 Fedora Core 6(FC6)が正式リリースされました。前回はFC6のTest 3を使ってMLSを紹介したので、今回はいよいよ正式版を使える、と考えていましたが、残念ながらうまく動作しませんでした。そのため今回はRaw Hide上でのMLSでのオペレーションの続きと、ポリシーソースのインストールと解析について解説したいと思います。

 FC6のリリースとSELinux

 はじめに書いたとおり、今回は正式リリースのFC6を使用して解説しようと考えましたが、問題が発生しましたのでRaw Hideを使用して行っています。

 問題というのは、MLSポリシー(selinux-policy-mls)に必要な、policycoreutils-newroleパッケージの依存性が解決できなかったことです。このパッケージは最近別パッケージとしてpolicycoreutilsから分離したもののようで、/usr/bin/newroleコマンドとそのmanページだけが入っています。

[root@localhost ~]# rpm -ql
policycoreutils-newrole
/usr/bin/newrole
/usr/share/man/man1/newrole.1.gz
[root@localhost ~]# rpm -q --qf '%{sourcerpm}\n' policycoreutils-newrole
policycoreutils-1.32-2.src.rpm
図1 policycoretutils-newroleパッケージの内容

 最近のFedora Coreは、個人のデスクトップでの使用には十分なレベルになったという印象を持っていますが、SELinuxに関してはまだこれからだと思っています。特にFC5からはメジャーバージョンこそ変更されませんが、管理方法や、運用方法が頻繁にアップデートされています。

 今回の作業に必要なSELinux関連のパッケージを下にまとめました。

パッケージ名
内容
checkpolicy-1.32-1.fc6 バイナリポリシー生成用のポリシーコンパイラ
libselinux-python-1.33.1-1 semanageなどで使われているSELinux用のPythonバインディング
libselinux-1.33.1-1 SELinux用のAPIを提供するライブラリ
libsemanage-1.6.17-1 ポリシー管理用のライブラリ
libsepol-1.15.2-1 バイナリポリシーを取り扱うためのライブラリ
mcstrans-0.1.8-3 トランスレーション用のmcstransdサービス
policycoreutils-1.32-3 SELinux用の基本的な管理コマンド群
policycoreutils-newrole-1.32-3 ロール変更のためのnewroleコマンド
selinux-policy-devel-2.4.3-10 SELinuxポリシー用ヘッダファイルにあたるインターフェイスファイル(*.if)が含まれる
selinux-policy-mls-2.4.3-10 SELinuxのMLSポリシー
selinux-policy-2.4.3-10 SELinuxのドキュメントとmanページ
setools-gui-3.0-2.fc6 TresysのSETools(GUI版)
setools-3.0-2.fc6 TresysのSETools(コンソール版)
表1 SELinux関連パッケージ(MLS関連)

 以下は今回の作業には含まれませんが、FC標準のMCSポリシーで有用なパッケージです。

パッケージ名
内容
setroubleshoot-1.5-1.fc7 SELinuxの警告ログに応じて、X Window System上にGUIでヒントを出力してくれる
表2 SELinux関連パッケージ(MCS関連)

 MLSのウリは、ユーザー間の情報を慎重かつ厳重に取り扱うことができるところです。秘密の情報を慎重に取り扱うことが必要で、それぞれ異なるセキュリティレベルを持ったユーザー間での情報のやりとりをSELinuxで保護するソリューションを考えてみましょう。  

1/4

Index
Multi Level Securityで機密ファイルを管理する
Page1
FC6のリリースとSELinux
  Page2
社内機密ファイルの運用・管理をMLSで実現
インストールとRaw Hideへのアップデート
サーバ側接続環境のセットアップ
  Page3
実際の動作をテストする
セキュリティコンテキストを調整する
  Page4
システムへのログインと実行ドメインの確認
運用に合わせたポリシーの修正と変更
重要ドキュメントとユーザーの管理


Security&Trust記事一覧

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Security&Trust フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH