■なんでバッファがオーバーフローするの?

 それでは、メモリ上に確保したバッファ領域のオーバーフローについて見ていきましょう。

 メモリは無限に存在するわけではないため、メモリ上に確保されるバッファ領域の大きさにも上限があります。バッファ領域の上限はプログラムが規定していますが、プログラムを実行するCPUはバッファ領域の上限を知りません。CPUはプログラムに従って命令を実行するだけです。

 情報をバッファ領域に格納する際、格納する情報の大きさがバッファ領域の上限より小さい場合は問題ありませんが、バッファ領域の上限を超えてしまう場合、CPUはバッファ領域を超えて情報を格納してしまい、バッファがオーバーフローしてしまいます。

 バッファオーバーフローが起こってしまうと、メモリ上の不正な場所に情報を格納することになってしまいます。これにより、プログラムが誤動作することになってしまいます。

 つまり、バッファオーバーフローはプログラムの不具合の原因になるということです。

3分 バッファオーバーフローがセキュリティホールになるワケ

Index
5分で絶対に分かるバッファオーバーフロー
  バッファオーバーフロー攻撃の仕組みを知ろう
  そもそもバッファって?
なんでバッファがオーバーフローするの?
  バッファオーバーフローがセキュリティホールになるワケ
  本当に悪意のあるコードが実行できるの?
  バッファオーバーフローを発生させないためには

5分で絶対に分かるシリーズ

TechTargetジャパン

Security&Trust フォーラム 新着記事

@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ITシステムやソリューションなどのBtoB購買者は何を求めているのか
ClickZ.comに掲載された記事では、Explore(探索)、Evaluate(評価)、Purchase(購買)...

富士通、オムロン草津工場にて「ものづくりビッグデータ分析」の実証実験を開始
富士通は4月22日、オムロンの草津工場において、プリント基板表面実装ラインの品質向上/...

第2回 ビジネスを継続していくために――BtoB企業に不可欠な「分析の知」
ビジネスを続けていくには、継続してお客さまを見つけることが必要。安定的な取引がある...