■なんでバッファがオーバーフローするの?

 それでは、メモリ上に確保したバッファ領域のオーバーフローについて見ていきましょう。

 メモリは無限に存在するわけではないため、メモリ上に確保されるバッファ領域の大きさにも上限があります。バッファ領域の上限はプログラムが規定していますが、プログラムを実行するCPUはバッファ領域の上限を知りません。CPUはプログラムに従って命令を実行するだけです。

 情報をバッファ領域に格納する際、格納する情報の大きさがバッファ領域の上限より小さい場合は問題ありませんが、バッファ領域の上限を超えてしまう場合、CPUはバッファ領域を超えて情報を格納してしまい、バッファがオーバーフローしてしまいます。

 バッファオーバーフローが起こってしまうと、メモリ上の不正な場所に情報を格納することになってしまいます。これにより、プログラムが誤動作することになってしまいます。

 つまり、バッファオーバーフローはプログラムの不具合の原因になるということです。

3分 バッファオーバーフローがセキュリティホールになるワケ

Index
5分で絶対に分かるバッファオーバーフロー
  バッファオーバーフロー攻撃の仕組みを知ろう
  そもそもバッファって?
なんでバッファがオーバーフローするの?
  バッファオーバーフローがセキュリティホールになるワケ
  本当に悪意のあるコードが実行できるの?
  バッファオーバーフローを発生させないためには

5分で絶対に分かるシリーズ

TechTargetジャパン

Security&Trust フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第1回 CRMプロジェクトからの学びとCCO(Chief Customer Officer)の登場
CRMが日本に登場して約20年、企業は常に“成功事例”を模索しています。本連載では企業の...

ダウンロードフリー! 「変わる広告会社(3)テクノロジーが広告会社とクライアントの関係性を変える」eBook版
「ITmedia マーケティング」編集部では、過去の人気連載をeBook形式に再編集した新シリー...

第4回 経営資源を量から質へシフトせよ
営業現場にSales Force Automation(以下SFA)が浸透し、マーケティングオートメーション...