■なんでバッファがオーバーフローするの?

 それでは、メモリ上に確保したバッファ領域のオーバーフローについて見ていきましょう。

 メモリは無限に存在するわけではないため、メモリ上に確保されるバッファ領域の大きさにも上限があります。バッファ領域の上限はプログラムが規定していますが、プログラムを実行するCPUはバッファ領域の上限を知りません。CPUはプログラムに従って命令を実行するだけです。

 情報をバッファ領域に格納する際、格納する情報の大きさがバッファ領域の上限より小さい場合は問題ありませんが、バッファ領域の上限を超えてしまう場合、CPUはバッファ領域を超えて情報を格納してしまい、バッファがオーバーフローしてしまいます。

 バッファオーバーフローが起こってしまうと、メモリ上の不正な場所に情報を格納することになってしまいます。これにより、プログラムが誤動作することになってしまいます。

 つまり、バッファオーバーフローはプログラムの不具合の原因になるということです。

3分 バッファオーバーフローがセキュリティホールになるワケ

Index
5分で絶対に分かるバッファオーバーフロー
  バッファオーバーフロー攻撃の仕組みを知ろう
  そもそもバッファって?
なんでバッファがオーバーフローするの?
  バッファオーバーフローがセキュリティホールになるワケ
  本当に悪意のあるコードが実行できるの?
  バッファオーバーフローを発生させないためには

5分で絶対に分かるシリーズ

TechTargetジャパン

Security&Trust フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第5回 Webサイトの目的を社内で共有する――他部署をうまく巻き込むには?
遠藤さんのプレゼンがいよいよ始まる。Webサイトのリニューアルプランに「ソーシャルメデ...

第2回 ヒートマップでLPO――ヒートマップの登場で“in-page web analytics”時代に突入したLPO
ヒートマップがWebサイト分析の現場に登場したことで、LPOは、“in-page web analytics”...

ダウンロードフリー! 「戦略リーダーとしてのマーケティング組織、CMO機能」(eBook版)
「ITmedia マーケティング」編集部では、過去の人気連載をeBook 形式に再編集した新シリ...