岡田 大助
2006/3/18

■「Winny」って何だろう?

 ファイル交換ソフト「Winny」による情報漏えい事故が多発しています。「Winny」による情報漏えいは2004年ごろから発生していたのですが、個人情報や企業の機密情報の漏えい拡大を受けて、日本政府(安部晋三内閣官房長官)がコメントを出すところまで被害が発生しています。

 そもそも「Winny」とは何かをご存じでしょうか。「Winny」は掲示板サービス「2ちゃんねる」に参加していた人物が2002年4月から5月にかけて開発したピア・ツー・ピア(Peer to Peer、PtoP)型のファイル交換ソフトです。もともとファイル交換ソフトは、メールやWebなどでやり取りするのが困難な大容量ファイル(音声ファイル、映像ファイルなど)を交換するためのツールであり、この考え方そのものに違法性はありません。

 ただし、「Winny」で交換されるファイルの多くが著作権(公衆送信権や送信可能化権など)に抵触するものであり、「Winny」に対する善悪の判断を難しいものとしています。また、「2ちゃんねる」生まれという背景から「Winny」がほかのファイル交換ソフトに比べて「ユーザーの匿名性」の高さをうたっている点も問題を複雑にしているようです。

「Winny」をアンインストールすれば安全なの?

Index
5分で絶対に分かるWinny情報漏えい対策
「Winny」って何だろう?
  「Winny」をアンインストールすれば安全なの?
  基本的な「Winny」系ウイルス対策とは
  すべての「拡張子」は常に表示させるべき
  なぜ、拡張子を表示させなくてはいけないのか

5分で絶対に分かるWinny情報漏えい対策

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Security&Trust フォーラム 新着記事
  • 情報危機管理コンテストで考える――人材は育てるもの? それとも育つもの? (2017/6/21)
    さまざまなセキュリティインシデントに対応する能力をコンテスト形式で鍛える「第12回情報危機管理コンテスト」の決勝戦が、2017年5月25〜27日に和歌山県田辺市で開催された。競技シナリオにもない脆弱(ぜいじゃく)性を見つけたチームあり、意識的に初参加者を加えたチームあり、これまでのコンテストの枠を超えた戦いが繰り広げられた
  • リクルートのCSIRTが、マルウェア対策の一部を内製化した理由 (2017/6/19)
     本連載では、ランサムウェアを含む「マルウェア感染」という、さまざまな企業が頭を悩ませる問題について、リクルートグループのコンピューターインシデント対応チーム「Recruit-CSIRT」の発想と技術をお伝えする
  • 「WannaCry」の次は「SambaCry」? (2017/6/14)
    2017年5月のセキュリティクラスタ、ゴールデンウイークはのんびり過ごせたものの、その後が大変。ワームとして動くランサムウェア「WannaCry」の話題で持ちきりとなりました。騒ぎが落ち着いたと思ったら「SambaCry」が話題に。結局5月末まで、Windowsファイル共有サービスがタイムライン(TL)を賑わしていました。この他、無線LANのタダ乗り無罪判決に対し、総務省が違法だと主張してTL上で意見が飛び交いました。
  • 「WannaCry」にどう対処する、猛威を振るった「ランサムウェア」を知る記事12選 (2017/5/30)
     2017年5月12日からランサムウェア「WannaCry」が大きな話題になった。これをきっかけにランサムウェア対策を講じることになった企業も多いのではないだろうか。本稿では、ランサムウェアに関する記事をピックアップ。今後のセキュリティ対策の参考にしてみてはいかがだろうか
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH