Oracle VMの世界

Oracle VMの世界(2)

スタンドアロン構成でのOracle VM環境構築


日本オラクル株式会社
中嶋 一樹
2009/2/20

Oracle VMとは、オラクルが提供している無償のサーバ仮想化ソフトウェアである。Xenをベースとしているが、さまざまな機能追加や使いやすさの改善が行われている。本連載では、Oracle VMの製品コンセプトから機能、利用シーンまでを解説する

 ハードウェア/ソフトウェア要件

- PR -

 前回、仮想化システムの構成には大きく分けてスタンドアロン構成と共有ストレージ構成があるというお話をさせていただきました。今回はまず、スタンドアロン構成でのOracle VM環境構築方法を解説します。

 スタンドアロン構成で仮想化システムを構築するのに最低限必要な機材はIAサーバ2台だけです。それぞれVM Server、VM Managerとして構成します。VM Serverは仮想マシンを動かすだけのスペックのサーバが必要になりますが、VM Managerにはそれほど高スペックなサーバは必要ありません。

*つい先日、VM Managerの仮想マシンテンプレートがリリースされました。いままで別筐(きょう)体で稼働させる必要があったVM ManagerをVM Server上で仮想マシンとして動かすことができるようになりました。今回は別筐体にVM Managerを新規構築する方法を紹介しますが、このVM Manager仮想マシン テンプレートを試してみたい方は以下のサイトを参照下さい。

http://www.oracle.co.jp/campaign/vm/column/0902_2.html

 VM Server用サーバのハードウェア要件にも特別なものはなく、ごく一般的なハードウェアをVM Serverとすることができます。Intel VT, AMD-V といったCPUの仮想化テクノロジも必須要件ではありません。ゲストOSをHVM(完全仮想マシン)として構成したい場合は必要ですが、ゲストOSをPVM(準仮想マシン)として構成する際は不要です。現在LinuxをゲストOSとして採用する場合はPVMが標準的です。これはHVMよりもPVMの方が圧倒的に性能が高く、実質的にデメリットはないためです。HVMとPVMについては以下のサイトに簡単に紹介しています。

http://www.oracle.com/technology/global/jp/pub/jp/seminar/nakajima_ovm.html#c01

 以下に要件をまとめてみました。より詳しくはOracle VMのインストールマニュアルをご参照ください。

VM Serverのハードウェア要件

CPU: x86またはx86_64(HVMを作成する場合はIntel VTまたはAMD-Vが必要)
メモリ: 1Gbytes以上

VM Managerのハードウェア/ソフトウェア要件

CPU: 1.83GHz以上
メモリ: 2Gbytes以上
SWAP 領域: 2Gbytes以上
ディスク: 4Gbytes以上
OS: Oracle Enterprise Linux 4 Update 5以上またはRed Hat Enterprise Linux 4以上
追加パッケージ: libaio.rpm
空きポート: tcp/1521, 8080, 8888, 8899

 上記は公式な要件スペックですが、検証目的であればこれほどの機材は必要ありません。特にVM Managerのメモリは実際は1Gbytesもあれば問題なく動作を確認することができます。

 
1/3

Index
スタンドアロン構成でのOracle VM環境構築
Page1
ハードウェア/ソフトウェア要件
  Page2
VM Serverのセットアップ
  Page3
VM Managerのセットアップ


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Server & Storage フォーラム 新着記事
  • グループポリシーの仕組み、理解できていますか? (2015/1/30)
     Active Directoryには、コンピューターやユーザーの設定を一元管理するための「グループポリシー」が提供されている。本連載では、グループポリシーの仕組みや導入方法、効果的な活用方法を紹介していく
  • 新しいHyper-Vは「チェックポイント」が変わる! (2015/1/29)
     Windows Server Technical Previewの「Hyper-V」には、さまざまな新機能と強化点がすでに実装されており、実機で評価できます。今回は、Hyper-Vの「チェックポイント」機能に注目し、現行バージョンと比較しながら、新バージョンの新機能や変更点を探ります
  • Microsoft Azureのスーパーパワーで“パワフル”“フレキシブル”“オープン”な開発を! (2015/1/28)
     クラウドファースト時代のソフトウエア開発者にとって、Microsoft Azureはどれだけ“使える”のか。コミュニティイベント「GoAzure 2015」で、マイクロソフトはクラウドとオープンシステムへの傾斜を深めた最新フレームワーク「.NET 2015」を紹介。Microsoft Azureは開発者にスーパーパワーを与えると強調した
  • 日本のOpenStackスーパーユーザーたち (2015/1/28)
     日本OpenStackユーザ会メンバーが持ち回りでコミュニティの取り組みや最新情報を語る本連載。今回は日本のOpenStackスーパーユーザーを紹介
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

プログラマティックバイイングがネイティブ広告の急成長を促進、Criteo予測
ターゲティング広告プラットフォームを提供するCriteoは1月29日、2015年におけるEC業界予...

Facebookのデイリーアクティブ利用者8億9000万人へ
Facebookの2014年通期決算は124億7000万ドルで、前年同期比58%の増加。うち広告収入の売...

自然な外部リンクを獲得するには
アイレップは1月29日、Webサイトの自然検索結果順位の改善につなげる、自然な外部リンク...