解説目次タイトル
ハードウェア・システムの評価/インタビュー/ニュース解説/用語解説
 
 −System Insiderの解説−
解説
IDF 2007, Beijingレポート
IntelがIDFで見せた次世代プラットフォーム
新着--2007/05/08
2007年4月中旬に中国北京で開催されたIDF Spring 2007。そこで次世代プロセッサとプラットフォームの概要が明らかにされた。その内容は?
ブレード・サーバ市場、急成長の理由--2007/04/10
市場調査によるとブレード・サーバが著しい成長を見せている。ブレード・サーバ成長の理由は何か、またさらなる成長を阻害する要因はないのかを探る。
Intelの仮想化支援機能「Intel VT」とは?--2007/03/07
Intel Xeonなどがサポートする仮想化支援機能とは、またその機能がもたらすメリットとは。Intel VTのロードマップと機能を解説する。
複雑なマルチコア時代のサーバ選び--2007/02/10
マルチコア化によって、DPサーバの性能が大幅に向上。その分、サーバ選択が複雑になってきている。どのようなプロセッサ構成を選択するのがよい?
Virtual Serverで仮想サーバ構築体験--2006/11/18
マイクロソフトの仮想化ソフトウェア「Virtual Server」の導入方法を解説。仮想化技術を会得するには、体験が一番。早速インストールを開始しよう
クワッドコア普及の障害にソフトウェアのライセンス条件あり--2006/10/28
インテルは11月にもクワッドコア・プロセッサの出荷を開始する。しかし、クワッドコアではソフトウェアのライセンス条件で問題が生じるケースも。
インテルの「vPro」は企業のクライアント管理に革新をもたらすか?--2006/09/30
インテルは、企業向けクライアントPCの新プラットフォーム「vPro」を発表。vProは企業のクライアント管理を容易にするという。vProが目指すものとは?
ATI買収で動き出したAMDの新プロセッサ戦略--2006/09/01
ATI Technologiesを買収したAMD。プロセッサの市場シェアでもIntelを追い上げている。そのAMDが放つ次のプロセッサ/プラットフォーム戦略とは?
デュアルコアItanium 2は何かが違う?--2006/08/05
当初の計画から約1年遅れてデュアルコアItanium 2がリリースされた。デュアルコア化だけでなく、いくつかの機能拡張も行われている。変更点を探る。
新Intel XeonはAMD Opteronを打ち落とせるか?--2006/07/15
Intelが新マイクロアーキテクチャ採用のデュアルコアIntel Xeon 5100番台をリリース。性能・消費電力の両面でライバルのAMD Opteronに勝てるのか?
このPCではWindows Vistaが動かない?--2006/07/01
Windows Vistaのリリースまであと半年。Vistaを動作させるためのシステム要件も提示された。その敷居は低いように思えるが、グラフィックス機能となると……。
DellのAMD Opteron採用でコンピュータ業界の何かが変わる?--2006/06/10
DellがAMD Opteronを採用することを発表。Dell、Intel、AMDの関係が新たな時代を迎えることになる。これが、コンピュータ業界にもたらす影響は?
2007年に向けたIntelのプロセッサ・ロードマップを整理する--2006/05/27
Coreマイクロアーキテクチャ採用プロセッサの出荷を控え、ロードマップが安定してきたIntel。そこで2006年後半から2007年のロードマップを整理する。
Intel Coreマイクロアーキテクチャの目指す世界--2006/05/13
IDF Spring 2006で公開されたIntel Coreマイクロアーキテクチャを解説する。性能と消費電力のバランス先にマルチコアへの道が見える
FB-DIMMがサーバのメモリを変える?--2006/04/26
2006年後半から、サーバ向けのメモリが現行のRegistered DIMMからFB-DIMMに変わる。このFB-DIMMとはどういったものなのだろうか?
IDF Spring 2006レポート
性能と消費電力のバランスを重視したIntelの新マイクロアーキテクチャ
--2006/03/29
IDF Spring 2006で公開されたIntelの新マイクロアーキテクチャの概要と、それを採用するプロセッサのロードマップを取り上げる。Intelはどこに行く?
Itaniumプロセッサの行方は混とんかバラ色か?--2006/03/04
Itaniumプロセッサ搭載サーバの出荷が順調に伸びているという。背景には、ハイエンド・サーバ市場の拡大がある。Itaniumはその中で生き残れるのか?
サーバ内蔵ハードディスクの最新トレンド(2006年版)--2006/02/14
シリアルATAやシリアル・アタッチドSCSIの登場により、サーバ内蔵ハードディスクの動向に変化が起きている。その動きを探ってみよう。
新世代を迎えるIntel、その方向性は?--2006/01/28
2006年1月3日、Intelは新しいロゴと新ブランドの製品を発表した。プラットフォーム・カンパニーへとまい進するIntelの最新動向をまとめた。
ロードマップの変更が続くIntelのサーバ・プラットフォームの真相--2005/12/17
ロードマップの変更が続くIntelのサーバ・プラットフォーム。その真相をIntelのサーバ・プラットフォーム事業部長 カーク・スカウゲン氏に聞いた。
プラットフォーム指向で垂直統合に向かうIntel--2005/12/10
モバイル向けの「Centrino」の成功以降、プラットフォーム戦略を進めるIntel。その先には、プロセッサからサービスまで1社で提供する垂直統合があるのか?
いまIntelは何を研究しているのか--2005/11/12
現在、Intelが研究・開発を行っている分野について解説する。Intelが何を研究しているのか、そこからコンピュータの未来が見えてくるかもしれない。
国際標準へと変更になったIEEE 802.11aの影響--2005/10/29
電波法が改正され、IEEE 802.11aの規格が変更に。新しい規格では、世界共通のチャネル構成となる一方、旧規格との互換性はない。その影響は?
IDF Fall 2005レポート
モバイルからサーバまで対応する新マイクロアーキテクチャの概要を発表
--2005/10/01
2005年8月に開催されたIDF Fall 2005をレポートする。モバイルからサーバまで対応する消費電力を考慮した新しいマイクロアーキテクチャの概要が明らかに。
2006年のインテルのサーバ・プロセッサはどうなる?--2005/09/10
IDF Fall 2005でサーバ向けプロセッサのロードマップが更新された。デュアルプロセッサ向けのIntel Xeonは、数カ月のうちに矢継ぎ早に新製品がリリースされることに。
産業界に拡大するHPC市場--2005/08/20
HPCシステムの性能をランキングした「TOP500」では、インテル・アーキテクチャとIBMのBlue Geneが急成長を見せた。この動きは産業界にも影響を与えそうだ。
久しぶり登場のローエンド向けテープ・ドライブを試す--2005/08/12
日本HPから発表されたローエンド・サーバ向けのテープ・バックアップ装置「DAT40-USB」を試す。テープ・バックアップは現実的なソリューションとなるのか?
変革期にサーバをどう選択するか?-- 2005/07/09
64bit対応やデュアルコア化、PCI Expressの登場など、サーバが変革期に入ってきている。こうした難しい時期のサーバの選び方について考える。
バラ色ばかりとはいえないサーバ・プロセッサのデュアルコア化--2005/06/11
2005年後半から2006年にかけて、サーバ向けプロセッサのデュアルコア化が進行する。デュアルコア化は本当にバラ色の道なのだろうか?
Itaniumプロセッサ・ファミリがメインフレームを救う?--2005/06/01
メインフレーム・クラスのサーバでItanium 2の採用が増えている。なぜ、このクラスのサーバでItanium 2が採用されるのか。その理由を考える。
IP SANに普及の兆し?--2005/05/14
シリアルATAディスクを採用したiSCSI対応の低価格なSANストレージが各ベンダからラインアップされ始めたことからIP SANに普及の兆しが見える。
IDF Spring 2005から読み解くIntelのプロセッサ戦略--2005/04/05
Intelは、2005年3月に開催されたIDFで、新たなプロセッサ・ロードマップを公開した。デュアルコアへと大きく舵を切った戦略の意味は?
AMDはサーバ向けデュアルコア・プロセッサでIntelに先行できるか?--2005/03/26
x64版Windows Server 2003のリリースを控え、AMD Opteronの採用に広がりが見え始めている。その理由と、デュアルコア・プロセッサの動向を探る。
Intelの仮想化技術「Vanderpool Technology」とは--2005/03/05
Intelが次世代プロセッサで採用する仮想化技術「Vanderpool Technology」とは? Vanderpool Technologyの概要とその利点を解説する。
仮想マシン技術がサーバ導入/管理を大きく変える--2005/02/08
仮想マシン技術に注目が集まっている。性能面に問題はあるものの、仮想マシン技術を利用することでサーバ導入/管理に数々のメリットがある。
2005年は64bitとデュアルコア、PCI Expressがサーバを変える--2005/01/28
64bit化、デュアルコア、PCI Expressなど大きな変革期を迎えたサーバ・プラットフォームが、ユーザーにどのような影響を及ぼすのかを考える。
2005年のIntelのプロセッサ戦略が明らかに--2004/12/28
2004年12月8日に開催された投資アナリスト向け説明会で2005年のIntelのプロセッサ戦略が公開された。マルチコアに大きく舵を切ったIntelの戦略とは
2004年冬のグラフィックス市場を分析する--2004/12/09
PCI Expressの登場でグラフィックス市場が大きく変わりつつある。そこで、NVIDIAとATIのラインアップを整理し、今後の動向について考える。
Itaniumにまつわるナゾと次世代Itaniumの姿--2004/11/30
新しいItanium 2でFSB 533MHzをサポートしたモデルを用意した理由など、最近のItaniumにまつわるトピックを解説する。また次世代Itaniumはどうなる?
AMDとIntelはなぜデュアルコア化を急ぐのか?--2004/11/03
IntelはPentium 4-4GHzをキャンセルし、デュアルコア版の早期投入を決めた。AMDもデュアルコア化を急いでいる。なぜ両社はデュアルコアを進めるのか?
新サーバ・プラットフォーム「Intel E7520」の光と影--2004/10/13
PCI Expressをサポートするサーバ向けチップセット「Intel E7520」がリリースされた。このチップセットを採用するデルの「PowerEdge 1800」を通して、変化する
サーバの姿を見ていこう。
情報ライフサイクル管理がストレージ危機を救う?--2004/09/15
ネットワーク・ストレージ・ベンダ各社が提唱する「情報ライフサイクル管理(ILM)」の概念とメリットを解説する。ILMによって企業のストレージ危機は救われるのか?
Windows XP SP2で採用されたDEPの仕組み--2004/09/03
Windows XP SP2で採用されたセキュリティ機能「データ実行防止(DEP)」は、プロセッサによるサポートが必要な機能。その仕組みと問題点を探る。
ノートPCからの情報漏えいを防ぐ便利グッズ--2004/08/27
システム管理者にとって情報漏えい対策が頭痛のタネ。そこで、ノートPCの盗難や紛失からの漏えいを防ぐグッズを紹介しよう。
知っておきたいIAサーバ導入のBTO術--2004/08/05
Web直販サイトを利用したサーバの見積り方を、経験的なノウハウを交えて解説する。見積り上手になって、サーバ選びの失敗をなくそう。
今後の10年を占う新Pentium 4プラットフォームを考察する--2004/07/29
PCI以来の拡張インターフェイスの変革となるPCI Expressを採用した新チップセットが登場。この新しいPentium 4プラットフォームの新機能を解説する。
それでもItaniumはなくならない--2004/07/09
IntelからEM64T対応のIntel Xeonがリリースされた。Itaniumと互換性がない64bit環境を持つEM64Tの登場は、Itaniumにどのような影響をもたらすのか?
IA-32の64bit拡張がもたらすもの--2004/06/04
Intelが2月に発表したIA-32の64bit拡張「EM64T」。AMDの後追いであることから話題を呼んでいるが、それがもたらすインパクトについて考える。
サーバを熱障害から守れ!-- 2004/05/12
プロセッサやデバイスの高性能化に伴い、サーバが発生する熱量が上昇している。発熱量がサーバを選択する際の重要な要素となりつつある。
IDF Spring 2004 Japanレポート
IDF JapanのキーワードはItaniumとUWB?
-- 2004/04/20
IDF Japanでは、ItaniumとUWBに多くの話題が集まった。またIntelの新たなブランド戦略である「プロセッサ・ナンバ」が明らかにされた。
NASは新時代ファイル・サーバか?--2004/03/16
Windows Storage Server 2003(WSS2003)搭載NAS「PowerVault 775N」を評価する。WSS203では、何が変わったのか、そのメリットは?
IDF Spring 2004レポート
64bitへ動き出したIAサーバの胎動
--2004/03/06
IA-32の64bit拡張が話題の中心であったIDF Spring 2004。ほかにも、Itaniumプロセッサのロードマップなどいくつか注目すべき点がある。
64bitプロセッサ新時代の投資術--2004/03/02
IntelはIntel Xeonの64bit対応を発表。AMD Opteronに続き、IA-32アーキテクチャと互換の64bit環境が登場する。そのインパクトについて考える。
90nmプロセス製造の新Pentium 4の損得勘定--2004/02/06
Intelから90nmプロセス製造による新Pentium 4が出荷となった。このプロセッサの改良点を解説し、性能を計測した。新Pentium 4の導入について検証する。
2004年のIT市場を予測する--2004/01/15
2004年は、サーバ/クライアントPCともに転機を迎えそうだ。特にクライアントPCでは、PCI Expressの登場という大きな変更が待っている。
アナリスト・ミーティングに見るAMDとIntelの2004年戦略(後編)--2003/12/05
AMDの2週間後、Intelもアナリスト・ミーティングを開催。クライアントPC向けデュアル・コア・プロセッサのリリース時期などを明らかにした。
アナリスト・ミーティングに見るAMDとIntelの2004年戦略(前編)--2003/11/21
2003年も第4四半期に入ると、多くの米国のIT企業はアナリスト向けの説明会を開催する。AMDとIntelもその例外ではなく、2003年の業績見通しと2004年の計画について説明が行われる。その中身を紹介しよう。
64bitプロセッサ普及の鍵を握る64bit版Windowsの動向--2003/11/15
IntelとAMDから比較的安価な64bitプロセッサがリリースされた。しかし、サポートOSという大きな壁が。普及の鍵はMicrosoftの64bit戦略にある?
ラックマウント型サーバ選びの意外な落とし穴--2003/10/31
データセンターに限らず、企業内での利用も増えているラックマウント型サーバ。しかし、タワー型サーバにない選択時の注意点がある。その意外な落とし穴とは?
IDFレポート 4つのTでIntelがサーバとPCを変革する--2003/10/09
2003年9月に開催されたIntelの開発者向け会議「IDF」で、また新たな技術が紹介された。HTテクノロジなどの既存技術の進化と合わせて、Intelは「4つのT」を掲げた。その4つのTとは?
Windowsからのイメージ・バックアップが可能となった「V2i Protector 2.0」--2003/09/19
ハードディスクのイメージを丸ごとバックアップするイメージ・バックアップ・ソフト。その代表製品ともいえるDrive Imageの後継製品がリリースされた。その機能は?
チップセットがサポートするソフトウェアRAIDの実用性--2003/08/12
IntelがチップセットでRAIDのサポートを開始した。その設定方法と性能から、実用性を検証してみる。
2004年のサーバ・プラットフォームを先取りする--2003/08/06
2004年に導入対象となるサーバをプロセッサ・ロードマップの視点から検討してみる。いつサーバを導入するのが最適なのだろうか?
2度目の船出となる「Itanium 2」は成功の階段を上るか?--2003/07/04
Itanium 2の性能が大幅に向上。多くのサーバ・ベンダが同時に製品発表を行った。Itanium 2の登場は、ハイエンド・サーバ市場に大きな影響を与えそうだ。
SIPPはクライアントPC導入におけるTCO削減の切り札になるのか?--2003/06/27
TCO削減の切り札としてIntelが提唱するSIPP。クライアントPCで12カ月間にわたって同じソフトウェア・イメージを利用できるようにする、その技術の概要とメリットを解説する。
企業クライアントの更新における最適なIT投資法とは?--2003/06/06
景気の厳しい中、IT投資も削減傾向にある。そこで、インテルが実践したTCOを半減するクライアントPCの導入法を学ぼう。
Intelの新チップセットに見る2003年後半の企業クライアントの姿--2003/05/16
Pentium 4向けのチップセット「Intel 875P」がサポートする新機能を解説する。次世代PCへの橋渡しの役目を担う、このチップセットは企業クライアントに向くのか?
サーバ・クラスタリングで注目される高速I/Oテクノロジ「InfiniBand」--2003/04/25
サーバ向けI/O技術として期待を集めたInfiniBandだが、2002年にIntelがチップ開発から撤退するなど、普及にかげりが見え始めている。その現状を担当者に聞く。
IDF Spring 2003レポート(2)
見え始めた変貌する2004年のクライアントPCの姿
--2003/03/07
IDF Spring 2003の模様をクライアントPCを中心に解説する。次々と登場する新しい製品、技術で、2004年のクライアントPCはどうなるのか?
IDF Spring 2003レポート(1)
市場完全制覇への階段を登るIntelのサーバ・プロセッサ戦略
--2003/03/01

2003年2月中旬に開催されたIDF Spring 2003の模様をサーバ関連の話題を中心に解説する。Intelの市場完全制覇を目指した次の一手とは?
意外と便利なバックアップ・ユーティリティ「Iomega Automatic Backup」 --2003/02/15
リムーバブル・ディスクで有名なアイオメガから、バックアップ・ソフトが販売された。機能は簡素だが、意外と便利なこのツールを取り上げる。
動き出した富士通のIA/Linuxサーバ戦略--2003/01/25
富士通がミッションクリティカル領域向けのIA/Linuxサーバの開発を表明。Itaniumの採用も決めた。IA/Linux採用の理由を探る。
変更されたItaniumプロセッサのロードマップに見るIntelの思惑--2003/01/21
IntelがIPFのロードマップを更新、デュアル・コアを採用したプロセッサを2005年に投入することを明らかにした。新しいロードマップとその意味を探る。
バックアップ・ツール「Norton Ghost」のお手軽度--2003/01/15
ハードディスクの容量が大きくなった昨今、バックアップは大きなテーマとなっている。そこで、今回は手軽にシステム全体のバックアップが可能なNorton Ghostを取り上げ、その使い勝手を評価する。
64bit時代を先取りするItanium 2搭載サーバ「hp server rx2600」--2002/11/27
Itanium 2を搭載した2Uラックマント型サーバ「hp server rx2600」の内部構造を観察する。企業内サーバに64bit時代は来るのか?
Hyper-ThreadingテクノロジはPCに革命を起こすか?--2002/11/19
2002年11月14日に発表されたPentium 4-3.06GHzは、新たにHTテクノロジという機能が追加されている。この機能の概要ならびに効果を解説する。
Tablet PCは企業クライントの本流になれるのか?(後編)--2002/11/13
――Windows XP Tablet PC Editionの実装と実用性――
ペン・デバイスを用いるTablet PCの使い勝手を検証していく。企業クライアントとして、Tablet PCにメリットはあるのだろうか?
Tablet PCは企業クライントの本流になれるのか?(前編)--2002/11/07
――Windows XP Tablet PC Editionの実装と実用性――
Microsoftが提案する新しいフォームファクタ「Tablet PC」。Windows XPとのOS上の違いと、その実用性を検証していく。
IDF Fall 2002 Japanレポート
「融合」の先にあるIntelの展望--
2002/10/30
10月22日から3日間にわたって開催されたIDF Japanでは、インテルの明日のビジョンが示された。インテルは何を考え、どこに向かうのか?
新Intel 845チップセットは何が変わった? --2002/10/18
―― 2003年前半のPCプラットフォームの実力 ――
IntelのデスクトップPC向けチップセット「Intel 845シリーズ」がモデルチェンジ。機能面での変更点ならびに、その性能を検証する。
PCI-X 2.0とPCI Expressのインパクト(後編)--2002/10/11
――新しい拡張インターフェイスの実体とその影響を探る――
後編では次世代のI/O規格「PCI Express」を取り上げる。PCI Expressとはどういったものなのか、PCやサーバに与える影響は?
PCI-X 2.0とPCI Expressのインパクト(前編)--2002/10/05
――新しい拡張インターフェイスの実体とその影響を探る――
汎用拡張バスとして広く普及しているPCIの変革が始まった。まずは、サーバ向けの「PCI-X 2.0」の性能や機能を中心に解説しよう。
メモリ診断ツールの有効性を確認する --2002/09/26
――IT管理者にとって必携のツールか?――
メモリ・エラーは原因を把握しにくい厄介なハードウェア・トラブルだ。エラー診断ツール「R.S.T.」を実際に試用して有効性を確認する。
ギガビット・イーサネットへの移行を準備しよう --2002/09/14
ギガビット・イーサネット対応カードの価格が手頃になった。サーバでは、1000BASE-T対応ポートを装備する機種も増えている。そろそろ1000BASE-Tへの移行を準備しよう。
Intel Xeon搭載サーバの工夫を検証する--2002/08/28
日本電気のXeon搭載サーバを例に、NetBurst対応で進化するワークグループ・サーバのハードウェア構成を解説する。
Itanium 2はバックエンド・サーバ市場を切り崩せるか?--2002/07/18
Itanium 2でバックエンド・サーバ市場への参入を目論むIntel。しかし、その敷居は意外と高い。サーバ・ベンダとIntelの思惑を解説する。
先行するヨーロッパの携帯電話OS事情--2002/05/30
日本は、3G携帯電話で先行しているものの、世界の流れに乗り遅れているようだ。今回はヨーロッパを中心とする携帯電話用OSの主導権争いに注目する。
Pentium 4の新チップセット「Intel 845G」の機能と性能--2002/05/28
グラフィックス機能を内蔵したPentium 4向けチップセット「Intel 845G」。このチップセットが2002年後半の企業向けクライアントPCとして適正かどうかを検証した。
HPとの合併で名を捨てて実を取ったCompaq--2002/05/11
2002年5月3日に正式に合併が完了したHPとCompaq。7日は新体制が発表され、新生HPの新しい製品ラインアップの方向性が示された。その内容は、Compaq製品を主体とするものであった。
最新Pentium 4-2.53GHzに見るPCの買い替え時--2002/05/08
533MHzのFSBに対応した新しいPentium 4が発表された。3年前のPCと比べてどの程度性能が違うのか、ベンチマーク・テストを実施して検証してみた。
 
  キーワード
フラッシュメモリ活用による高速化技術を理解するためのキーワード--2007/06/11NEW
最新のフラッシュメモリ活用による高速化技術に関する用語を解説する。これらの用語からクライアント向けストレージのトレンドが見えてくる。
半導体技術に関するキーワード--2007/01/27
プロセッサ関連の記事などに登場する半導体製造技術に関する用語を解説する。これらの用語が分かれば、最新の半導体製造のトレンドが見えてくる。
FB-DIMMに向かうサーバ向けメモリを知る--2006/12/09
サーバ向けのメモリとして、「FB-DIMM」の採用が始まっている。既存のDDR2 DIMMとの違いは? 移行が始まるサーバのメモリ関連用語を解説する
普及が始まった「RAID 6」とは--2006/09/09
外付型ストレージ・システムを中心に「RAID 6」対応製品が増えてきている。RAID 6とは、これまでのRAIDとは何が違うのか、メリットはどこになるのか?
IDF Spring 2006で公開されたIntelの開発コード名--2006/04/18
IDFでは、ロードマップが更新されるため、新たな開発コード名が追加される。そこでIDF Spring 2006で公開されたIntelの開発コード名を解説する。
2006年第1四半期版Intelの開発コード名--2006/01/14
このところプロセッサのロードマップが安定しないIntel。その影響で開発コード名の変更も多い。そこで変更された開発コード名を整理する。
2006年のサーバ・プラットフォームを理解するためのキーワード--2005/10/15
2006年のサーバには仮想化技術など多くの新技術が投入される予定だ。こうした動向をキーワードから見ていくことにする。2006年のサーバの姿が分かる
半導体製造技術を理解するためのキーワード(基礎編)--2005/07/30
プロセッサ関連の記事やニュースには、多くの専門用語が登場する。それらを読むための基礎知識として、半導体製造技術の基本的な用語を解説する。
IDF 2004 Fallで明らかになった開発コード名--2004/09/30
IDF 2004 Fallで追加・更新されたプロセッサ関連の開発コード名を紹介。デュアルコア化の推進に伴って、開発コード名も大幅に変更されている。
最新の無線技術が分かるキーワード--2004/05/27
ノートPCの無線LAN機能の標準搭載化など、急速に無線技術が普及し始めている。一方で新しい規格やセキュリティ技術なども次々と登場している。
IDF Spring 2004で明らかになった新たな開発コード名--2004/03/25
Intelの開発者向けの会議「IDF」で明らかになった開発コード名を紹介。開発コード名から、どのようなプロセッサや新技術が登場するのかが見えてくる。
2004年版まる分かり開発コード名--2004/01/30
IT関連の記事やホワイトペーパーでは、開発コード名が頻出し、分かりにくさの要因ともなっている。そこで、プロセッサ関連の開発コード名をまとめてみた。
次世代のセキュリティ・プラットフォームが分かるキーワード --2003/11/11
次々と現れるワームやウイルス。これらから完全にコンピュータを守るため、MicrosoftやIntelがセキュリティ機能を強化したプラットフォームを提案している
注目のHPCを理解するためのキーワード--2003/09/03
研究所が中心であったHPC分野に変化がおきている。データマイニングなど一般の企業での利用が増えているからだ。HPC分野をキーワードで整理してみよう。
電力危機を乗り切るためのキーワード--2003/05/30
関東地方は、東京電力の原子力発電所が停止していることから電力危機が叫ばれている。これを機会にUPSに関連するキーワードについてまとめてみた。
急成長するネットワーク・ストレージ「SAN」「NAS」を整理する--2003/04/18
サーバの売り上げが減少する中、ネットワーク・ストレージ市場は堅調である。今回は、そのネットワーク・ストレージの代表ともいえる「SAN」「NAS」の違いについて整理する。
2003年注目の無線LAN技術を理解するためのキーワード--2003/02/13
2003年は無線LANが普及しそうだ。しかし、複数の規格が競合し、何を選ぶべきか判断が難しいのも事実。そこで、無線LAN技術のキーワードをまとめてみた。
進化するインターフェイスを知るためのキーワード--2003/01/23
PC/サーバの拡張インターフェイスが大きく変わりつつある。そこで、キーワードとしてPCI ExpressやシリアルATAなどの最新インターフェイス規格を整理しておこう。
キーワードに見る2002年のサーバ・トレンド --2002/12/07
2002年、サーバ市場にはどのような動きがあったのだろうか? 新しい情報システムのコンセプトの提唱など、サーバ動向をキーワードから追ってみよう。
光ディスクとテープ・バックアップ規格が分かるキーワード--2002/09/11
複数の規格が乱立する記録型光ディスクと、高性能化するテープ・バックアップ規格を中心にキーワードを解説する。用語から各規格を探ってみよう。
最新ストレージ動向を理解するためのキーワード--2002/08/21
SANやNASなどの登場により、サーバ環境におけるストレージ・システムが大きく変わりつつある。そうした動向をキーワードから探っていこう。
サーバ・カタログを読み解くためのキーワード--2002/07/04
サーバのカタログを見ていると、聞き慣れない略称や開発コード名などがごく普通に使われており、しかも難解であることが多い。そこで、今回はサーバのカタログを読みこなすのに必要な用語をピックアップして解説する。
 
  インタビュー
AMDのデュアルコア・プロセッサはユーザーに支持されるか?--2005/04/27
デュアルコア・レースでAMDは勝利できるか?-- 2005/04/12
2005年にサーバのトップ・シェア獲得を目指すデルの目算と課題--2004/02/26
インタビュー
プロセッサ会社からの脱皮を図る「Intel」
プロセッサ会社からの脱却を図ろうとしている「Intel」。もはやIntelはコンピュータ業界に大きく影響を与える存在であり、その動向は業界全体の浮き沈みさえ左右するほどだ。そこで、Intelの日本法人であるインテルの各事業部担当者にインタビューを行うことで、どこに向かおうとしているのかを探っていこうと思う。
第4回 なぜインテルはホスティング事業を行うのか?--2002/05/18
第3回 戦略を大きく転換したアプライアンス・サーバ事業--2001/11/29
第2回 インテルのソリューション・サービスは顧客志向で--2001/07/24
第1回 Intelがサーバ環境を変えていく--2001/05/15
 
 −PC Insiderの解説−
プロダクト・レビュー
  プロダクト・レビュー 
さまざまな新技術が注ぎ込まれたミッドレンジIAサーバ「eserver xSeries 360」--2002/03/14
ウイルスを遮断できるブロードバンド・ルータ「GateLock X200」--2001/11/20
10万円未満の低価格IAサーバを斬る--2001/10/18
 ―デルコンピュータPowerEdge 500SC―
オフィスへのカラー・プリンタ導入を加速する「IPSiO Color 2200」--2001/04/18
インタビュー
  インタビュー 
第1部 プロセッサ会社からの脱皮を図る「Intel」
第3回 戦略を大きく転換したアプライアンス・サーバ事業--2001/11/29
これまでIntelは、「NetStructure」ブランドでアプライアンス・サーバを販売してきた。しかし、2000年末からOEM供給に切り替え、現在では自社ブランドでの販売を中止している。この判断の裏に何があるのか、Intelでアプライアンス・サーバを担当するリチャード・リントン氏に話を伺った。
第2回 インテルのソリューション・サービスは顧客志向で--2001/07/24
インテルのサービス事業の1つ、「インテル・ソリューション・サービス」の目的はどこにあるのかを、責任者の小鷲英一 氏に聞いた。インテル・ソリューション・サービスが手がけたカブドットコム証券の事例とともに、なぜインテルがこうしたサービスを提供するのかを明らかにする。
技術・動向解説
  技術・動向解説 
PCの内部はすべて「シリアル」でつながる--2001/10/24
―次世代I/O規格「3GIO」の目指すところ―
Intelが提唱する次世代のI/O規格「3GIO」。PC内部のチップ間接続や拡張スロットに採用されるこの規格でPCが大きく変わろうとしている。この規格が目指す先にあるものを解き明かす。
IDEディスクの壁を打ち破る最新ディスク・インターフェイス(後編)--2001/09/20
IDEインターフェイスを高速化する主役はシリアルATAなのか、それとも新登場のFast Drive(Ultra ATA/133)なのか、最新のスケジュールとともに解説する。
IDEディスクの壁を打ち破る最新ディスク・インターフェイス(前編)--2001/09/15
容量と転送レートの向上が著しいIDEハードディスクに対応すべく、新しい技術が登場し始めた。まずは容量の壁を破る「Big Drive」の正体を明らかにする。
最新IDE RAID事情--2001/02/09
従来はSCSI RAIDだけだったRAID製品の市場に、IDE RAIDがコストの安さを武器に切り込み始めた。さまざまな種類の製品が存在するIDE RAIDを分類・整理して、その機能やメリット/デメリットなどを明らかにする。
ニュース解説
  ニュース解説 
エンタープライズ重視のIntelを示したIDF Spring 2002--2002/03/12
2002年2月末にサンフランシスコで開催された「IDF Spring 2002」。その内容は、Intelのエンタープライズ志向を感じさせるものであった。発表製品などを中心にIDF Spring 2002の様子を紹介する。
―2002 International CESレポート第2弾―
2002 CESで見えてきた次世代ネットワーク・デバイス--2002/01/30
2002年1月8日から4日間に渡って開催された「2002 International CES」のレポート第2弾。今回は、最新のネットワーク機器を中心に米国の動向を探る。
―2002 International CESレポート第1弾―
2002 CESに見る最新PDA事情--2002/01/23
2002年1月8日から11日の4日間に渡って米国ネバタ州ラスベガスで開催された「2002 International CES」についてレポートする。今回は第1弾として、PDA関連製品を中心に取り上げる。
 
 
 −PC Insiderのキーワード−
キーワード 最新プロセッサ用語集--2001/08/09
PCを構成するパーツのうち、最も変化の激しいものといえば、今も昔も間違いなくプロセッサ(CPU)だろう。その動向を追い続けるには、用語のチェックが必須だ。しかし、プロセッサがPCパーツのなかで最も重要なものの1つである以上、特にPCの管理や維持、購入を担当する人は、動向のチェックを怠るわけにはいかない。そこで、最新製品を含むプロセッサおよび関連用語を集めて一覧にしてみた。
最新ディスク関連用語集--2001/01/23
本記事では、DVDとIDEに関連する用語を中心にまとめてみた。DVD規格には、書き込み可能なフォーマットがいくつかあり、2001年にはコンピュータ向けストレージ機器としても、これらのフォーマットに準拠した製品が登場する予定だ。また、世代交代が近づいているディスク・インターフェイスのIDEについても、規格を中心に用語をまとめている。新しい動向をつかむべく、まずは関連用語から覚えておこう。
2001年の携帯電話関連用語集--2001/01/13
2001年の今年、携帯電話には大きなイノベーションがいくつか予定されている。代表的なのは、世界に先駆けて日本で始まる第3世代携帯電話サービスだ。またJavaによるプログラムのダウンロード・実行環境も発表された。単なる電話機から多彩な機能を持つ情報端末へと、携帯電話が本格的に変化する時代になった、ということだろうか。2001年の携帯電話動向を押さえるべく、まずは用語を学んでおこう。
 
 
System Insiderトップへ

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

System Insider フォーラム 新着記事
  • 半導体技術者が見た、SBのARM買収にある思惑 (2016/7/22)
     ソフトバンクがARMを約3.3兆円で買収する。なぜ、ソフトバンクがARMを買収するのか、ARMはなぜ買収されるのか、筆者が独自の視点でその思惑を想像してみた
  • IoTのWi-Fiインターネット接続を考える (2016/6/28)
     今話題の「IoT」は、モノをインターネットに接続するというもの。ただ、それは簡単なことではない。今回は、そのネットに接続について、2つの技術を交えて考察した
  • Intelの消えてしまったプロセッサを思い出してみる (2016/5/25)
     IntelのAtomがリストラされるというニュースが……。これまでもさまざまなプロセッサが、リリースされては後継もなく消えてきている。その歴史を振り返ってみた
  • AIブームがやってきた? (2016/4/27)
     将棋や囲碁の対戦でコンピュータが勝利するなど、人工知能(AI)に関する話題が新聞をにぎわせている。はてさて、今度のAIブームはモノになるのだろうか?
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

System Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH