マンスリー・レポート

IT市場は自律型コンピューティングに向かうのか?(2002年11月号)

デジタルアドバンテージ
2002/11/02


 10月は、WPC EXPO 2002やIDF Fall 2002 Japanなどが開催され、年末商戦に向けた製品発表が各社から行われたことで忙しい1カ月となった(IDF Fall 2002 Japanについては、「解説:IDF Fall 2002 Japanレポート 『融合』の先にあるIntelの展望」を参照のこと)。年末商戦向けに、特に家庭向けPCが各社から発表され、サブ/ミニ・ノートPCが充実したのが今月の特徴といえるだろう。

機種名 発表日 発売日 本体サイズ 重量
ソニー バイオU PCG-U3 9月9日 10月26日 184.5(W)×139(D)×46.1(H)mm 約820g
ソニー バイオC1 PCG-C1MZX 9月9日 10月12日 249(W)×152(D)×30(H)mm 約998g
富士通 FMV-BIBLO LOOX T93B/W/T93B 10月8日 10月19日 267(W)×178(D)×36.5(H)mm 約1500kg
富士通 FMV-BIBLO LOOX S80B/W/S80B 10月8日 10月19日 231(W)×149.5(D)×26.5(H)mm 約890g
ビクター MP-XP7220EX/XP7220/XP5220 10月8日 11月中旬 225(W)×152(D)×29.5(H)mm 約895g/約880g
松下電器産業 Let'snote LIGHT T1シリーズ 10月9日 11月8日 268(W)×210(D)×39.1(H)mm 約999g/約1045g/約1070g
松下電器産業 Let'snote LIGHT R1シリーズ 10月9日 11月8日 240(W)×183(D)×37.2(H)mm 約960g
シャープ Mebius MURAMASA PC-MM1-H1W 10月10日 10月26日 251(W)×206(D)×19.6(H)mm 約950g
表区切り
2002年冬モデルの主なサブ/ミニ・ノートPC表全体
注) ソニーは9月9日に発表済み

 このように各社からサブ/ミニ・ノートPCがラインアップされるようになったのは、ここ1〜2年のこと。これまでも何度か各社からサブ/ミニ・ノートPCが市場に投入され、そのたびに出荷台数が思ったほど伸びずにラインアップから外されるという流れが続いてきた。今回は製品ラインアップに定着できるのだろうか。

 PHSによる定額データ通信の登場や、無線LANの公衆アクセス・ポイントの増加など、サブ/ミニ・ノートPCを持ち歩くことで、どこででもインターネットに接続できる環境が整いつつあることは1つの追い風となるだろう。WPC EXPO 2002のテーマも「ブロードバンド時代― ユビキタス ・ネット社会を拓く―」であり、ユビキタス(情報ネットワークにいつでも、どこでもアクセスできる環境)社会へ向かっていることが伺える。

 また、プロセッサ性能やハードディスク容量など、ある程度性能を維持しながら小型化を実現している点が、これまでのサブ/ミニ・ノートPCとは異なる。これにより、本体サイズが小さくても、アプリケーションがある程度快適に動作可能になっている。サブ/ミニ・ノートPCは、現在のところ日本以外の国では販売されていない。IntelのノートPC向け新型プロセッサ「Banias(開発コード名:バニアス)」の登場によって、サブ/ミニ・ノートPCの隆盛が世界的な潮流になれるのか、今後の動向が気になるところだ。

明るい兆しが見えた(?)PC市場

 日本国内のPCの出荷台数について、電子情報技術産業協会(JEITA)から2002年度上半期(4月〜9月)の実績値が発表になった。これによれば、総出荷(国内出荷と輸出の合計)は482万2000台と、前年同期比の10%減だという。この結果、3期連続の前年割れとなった。この調査報告によれば、「前年同期比の推移を見ると、平成13年下半期を底として、若干ではあるが、回復基調にある」と述べられており、若干ながらも市場に明るい兆しが見え始めたようだ。なお、全出荷台数に占めるノートPCの比率は57%に達し、半期単位としては最高になっている。これには、各社が投入しているサブ/ミニ・ノートPCも貢献しているかもしれない。

 また、Gartner Dataquestから2002年第3四半期の世界サーバ市場の出荷台数(速報値)が発表となっている(Gartner Dataquestの「2002年第3四半期の世界サーバ市場の出荷台数」)。

会社名 2002年第3四半期出荷台数 2002年第3四半期シェア 2001年第3四半期出荷台数 2001年第3四半期シェア 成長率
Hewlett-Packard 33万2364台 30.0% 34万9036台 32.5% -4.8%
Dell Computer 21万2880台 19.2% 18万201台 16.8% 18.1%
IBM 15万3781台 13.9% 15万5803台 14.5% -1.3%
Sun Microsystems 6万8193台 6.2% 5万8036台 5.4% 17.5%
NEC 2万4291台 2.2% 2万5549台 2.4% -4.9%
そのほか 31万4823台 28.5% 30万4111台 28.3% 3.5%
合計 110万6332台 100.0% 107万2736台 100.0% 3.1%
表区切り
2002年第3四半期の世界サーバ市場の出荷台数(速報値)

 この結果を見ると、Hewlett-Packard(HP)がCompaqとの合併効果でシェア1位になっている。しかし成長率では、Dell Computerが18.1%と大きく伸びているのに対し、HPは4.8%減と減少傾向にある。

会社名 2002年第3四半期出荷台数 2002年第3四半期シェア 2001年第3四半期出荷台数 2001年第3四半期シェア 成長率
Dell Computer 12万8426台 26.3% 10万1330台 23.3% 26.7%
Hewlett-Packard 12万6526台 25.9% 12万7183台 29.2% -0.5%
IBM 5万7251台 11.7% 4万9205台 11.3% 16.4%
Sun Microsystems 3万3967台 6.9% 3万88台 6.9% 12.9%
Apple 5700台 1.2% 1525台 0.4% 273.8%
そのほか 13万6988台 28.0% 12万6289台 29.0% 8.5%
合計 48万8858台 100.0% 43万5620台 100.0% 12.2%
表区切り
2002年第3四半期の米国サーバ市場の出荷台数(速報値)

 米国市場を見ると、Dell Computerが26.7%増と大きく成長しているのに対し、HPは0.5%減と横ばいであったため、シェアは2001年第3四半期の1位(HPとCompaqとの合計)から、2002年第3四半期では2位に転落してしまった。これが、合併時の混乱によるものなのか、それともこれまでの多くの合併企業と同様、ズルズルとシェアを落としていってしまうのか、今後の動向が気になるところだ。

ブレード・サーバが自律型コンピューティングを実現する

 HPは、サービス分野の強化を目的にCompaqと合併した。そして、その直接のライバルとなるのがIBMだ。最近のIBMは、自律型コンピューティングを実現する「Project eLiza」を推し進めており、10月だけでも「DB2 Universal Database V8.1」「Tivoli Risk Manager 4.1」「AIX 5L V5.2」といった対応ソフトウェアを発表している(Project eLizaについては「Project eLizaの情報ページ」を参照のこと)。こうした自律型コンピューティングに関しては、Intelが「モジュラー・コンピューティング」、Sun Microsystemsが「N1」として同様に推進している。

 モジュラー・コンピューティングでは、ハードウェアとしてブレード・サーバが重要な役割を担うとされる。9月19日に発表したIntelとIBMがブレード・サーバに関して協業することを発表しており、早くもその成果と思われるブレード・サーバ「eserver BladeCenter HS20」がIBMから発表されている。これまでIBMは、RLX Technologiesのブレード・サーバを販売しており、自社開発によるブレード・サーバの発表は初となる。BladeCenter HS20は、ブレード・サーバとはいうものの、ブレードの幅が7Uと大きい。その代わり、Intel Xeon-2.4GHzのデュアルプロセッサ構成が可能となっており、これまでのブレード・サーバに比べて高い性能を実現しているのが特徴だ。

日本IBMのブレード・サーバ「BladeCenter HS20」
Intel Xeonの2プロセッサ構成が可能となっている。サーバ・ブレード単体で、ミッドレンジ・クラスに近い性能を実現することになる。

 IDF Fall 2002 Japanで来日した、Intelの上席副社長 兼 エンタープライズ・プラットフォーム事業本部長のマイケル・J・フィスター(Michael J. Fister)氏によれば、「モジュラー・コンピューティングは、BladeCenter HS20のような性能の高いブレード・サーバによって実現される」という。これまで、ブレード・サーバというと、3Uサイズのエンクロージャに20枚程度のサーバ・ブレードを実装する、どちらかというと高密度の方向に進んできた。しかし、高密度サーバの市場をけん引してきた通信業界が、景気の低迷から投資を縮小していることが影響し、ブレード・サーバの方向性が変わりつつある。これまでの「高密度」から、今後は「高密度かつ高性能」という方向に移っていくだろう。そして、「自動修復」や「自動復旧」「フェイル・オーバー」といった自律型コンピューティングの機能が実装されていくものと思われる。2003年は自律型コンピューティングを実現するためのハードウェアとして、高性能なブレード・サーバが各社から登場することになるだろう。

日本国内の半導体業界の再編

 三菱電機がDRAM事業をエルピーダメモリに譲渡した。1999年に富士通はDRAM事業から撤退済み。東芝も、2002年4月にDRAM事業をMicron Technologyに譲渡しており、これで事実上、日本国内のDRAMベンダはエルピーダメモリに集約されたことになる。

 1980年代、日本の半導体ベンダが世界のDRAM市場を席捲し、次々と半導体ベンダをDRAM市場から追い出していった。1985年10月には、IntelさえもDRAM事業から撤退することになる(IntelはDRAMベンダとして創業した)。1985年当時、DRAMは64Kbitsから256Kbitsの移行期に当たり、256Kbits DRAMで先行した日本ベンダが一時、世界シェアの80%以上を握ったという。20年も経たずに、日本国内のDRAMベンダがエルピーダメモリ1社だけになるとは誰も予想していなかっただろう。

 そのエルピーダメモリも財政的には苦しい状況にある。一部では、「エルピーダメモリがIntelと出資交渉を行っている」と報道されたほどだ。10月4日に会見を行ったIntelのポール・オッテリーニ(Paul S. Otellini)社長 兼 COO(最高執行責任者)は、「エルピーダメモリから要請があれば検討する」と述べるにとどまった。

 Intelは、過去にSamsung ElectronicsやMicron Technologyに出資をしていることから、エルピーダメモリに対して出資することも十分に考えられる。ただ、オッテリーニ氏によれば、「Samsung ElectronicsとMicron Technologyの株式はすでに売却しており、現在のところ両社には投資していない」という。Samsung ElectronicsとMicron Technologyへの投資は、Intelが推進していたDirect RDRAMの立ち上げをスムースに行うため、という目的もあった。今回は、そういった直接的な目的はないものの、DRAM市場がSamsung ElectronicsとMicron Technologyの2社による寡占化が進むことを阻止したいという思惑はあるかもしれない。Intelとしては、エルピーダメモリが残ることで、3社体制になった方が市場をコントロールしやすいと思っているのではないだろうか。実際にIntelがエルピーダメモリに対して投資を行うかどうかは分からない。しかし、日本国内に残った唯一のDRAMベンダとして、何とか資金を集めて最新工場を建設し、市場を席捲してもらいたいものだ。記事の終わり

Pick Up Online Document――注目のオンライン・ドキュメント
Serial ATA: Pushing the Boundaries
10月号で紹介した規格書に比べ、FAQなど読みやすくかつ理解しやすいシリアルATA関連ドキュメントが掲載されている。Seagate Technologyが予定しているシリアルATA対応ハードディスクの写真もある。
オンライン・ドキュメントは「Online DOC Watcher」へ
 
Pick Up Release――1カ月間の主なニュースリリース
サーバ関連
日本IBM、ブレード・サーバ市場に参入−−「eserver BladeCenter」を12月13日から出荷(2002/10/02)
富士通、SPARC64 V搭載のRISC/UNIXサーバ「PRIMEPOWER 2500/1500/900」の3モデルを発表(2002/10/02)
NEC、Intel Xeon/Xeon MPを採用したフォールト・トレラント・サーバ「Express5800/330Mb-R」「Express5800/340Ha-R」を発表(2002/10/03)
日本ユニシス、Intel Xeon/Xeon MPを搭載するIAサーバ「Unisys Enterprise Server ES3000」シリーズを発表(2002/10/08)
日本ユニシス、エンタープライズ・サーバ「Unisys Enterprise Server ES7000シリーズ」にIntel Xeon MP-1.4GHzを最大32個まで搭載可能な「ES700/230」などを追加(2002/10/09)
サン・マイクロシステムズ、ラックマウント型サーバ「Sun Fire 280R」にUltraSPARC III Cu-1.015 GHz搭載モデルを追加(2002/10/16)
コンパックと日本HP、リモート管理機能を標準搭載した2Uラックマント・サーバ「hp ProLiant DL380 Generation 3」を発表(2002/10/23)
NEC、Pentium 4-2.60GHz搭載の1Uラックマウント・サーバ「Express5800/110Rd-1」を発表(2002/10/23)
沖電気工業、Intel Xeon-2.4GHz/2.8GHz搭載の2Uラックマント・サーバ「if Server DL380 Generation 3」を発表(2002/10/23)
10月23日にコンパックと日本HPから発表された「hp ProLiant DL380 Generation 3」のOEM。
富士通、Intel Xeon-2.8GHz搭載のエントリ・サーバ「PRIMERGY F250/P250」を発表(2002/10/28)
 
ネットワーク関連
エレコム、価格6980円のギガビット・イーサネット・カード「LD-1000/TL2」を発表(2002/10/04)
グリーンハウス、価格3万9800円のギガビット・イーサネット対応スイッチング・ハブ「GH-EHG8X」を発表(2002/10/29)
玄人志向がノン・サポートで低価格のギガビット・イーサネット対応スイッチング・ハブを販売しているが、サポート付きの製品としては最安値となる。スイッチング・ハブの低価格化により、ギガビット・イーサネットへの移行が本格化しそうだ。
グリーンハウス、ギガビット・イーサネット・カード2モデルを発表−−64bit PCI対応で価格9800円の「GH-ELG64T」と32bit PCI対応で価格6900円の「GH-ELG32T」(2002/10/29)
アライドテレシス、VPN対応ブロードバンド・ルータ「CentreCOM AR410 V2」を発表(2002/10/29)
 
ストレージ関連
日本コンピューティングシステム、最大14台のハードディスクを内蔵できるRAIDユニット一体型の3Uサーバ「Type 3UXPI」を発表(2002/10/04)
マイクロソフト、Windows .NET Server 2003のストレージ機能にストレージ・ベンダ各社が対応を表明(2002/10/09)
日本マックストア、ボタンを押すだけでファイルのバックアップ・コピーが行える「Maxtor OneTouch機能」搭載の外付型ハードディスク「Personal Storage 5000シリーズ」を発表(2002/10/09)
日本SGI、2Gbits/sのファイバ・チャネル採用のストレージ製品群「SGI TP9500 RAIDストレージアレイ」を発表(2002/10/16)
インテル、シリアルATA II対応のディスク・コントローラ「シリアルATAコントローラ31244」を発表(2002/10/23)
ドラフトがリリースされたばかりのシリアルATA II対応のコントローラが早くも登場した。シリアルATA IIの登場で、サーバ市場のハードディスクもIDE(シリアルATA)化が進むことになると思われる。
デルコンピュータ、ミッドレンジ・クラスのストレージ製品「Dell/EMC CX400」を発表(2002/10/23)
シリアルATAワーキング・グループ、シリアルATA IIフェーズ1の仕様をリリース(2002/10/23)
デルコンピュータ、Intel Xeonのデュアルプロセッサ構成を採用したミッドレンジ・クラスのNAS製品「PowerVault 770N」を発表(2002/10/24)
NEC、中規模オフィス向けNAS製品「iStorage NS41P」を発表(2002/10/29)
 
プロセッサ関連
日本AMD、333MHz FSB対応のデスクトップPC向けプロセッサ「AMD Athlon XP-2800+」を発表(2002/10/02)
インテル、Hyper-ThreadingとDDR-333に対応するPentium 4/Celeron向けチップセット「Intel 845GE/PE/GV」を発表−−PC1066 RDRAMに正式対応した「Intel 850E」も発表(2002/10/08)
IBM、POWER4をベースとした64bit版RISCプロセッサ「PowerPC 970-1.8GHz」を発表(2002/10/15)
インテル、セキュリティ機能を搭載したネットワーク・プロセッサ「IXP2850」を発表(2002/10/17)
AMD、米サンディア国立研究所の導入するCray製スーパーコンピュータ「Red Storm(開発コード名)」がOpteronを採用(2002/10/21)
Red Stormは、米国エネルギー省のサンディア国立研究所で原子力工学のシミュレーションを行うために開発中のもので、1万個以上のAMD Opteronを搭載する予定だ。
ナショナル セミコンダクター、Pentium 4システム向けスーパーI/Oチップ製品「PC87372」「PC87373」を発表(2002/10/21)
インテル、組み込み機器向けに超低電圧版Celeron-400MHzを発表(2002/10/23)
NASなどの主にアプライアンス・サーバ向けのプロセッサ。超低電圧版とすることで、小型のNASが製造可能になるものと思われる。
 
そのほか
Dell、2002年第3四半期(2002年8月〜10月)の決算予測を上方修正−−89億ドルから91億ドルに変更(2002/10/01)
各社が決算の下方修正を行っている中、Dell Computerは順調に売上高、シェアともに伸ばしている。米国でのホワイト・ボックス市場、プリンタ市場への参入に加え、2002年末にはPocketPCを市場に投入する予定だといわれている。快進撃は、これらの市場でも続くのだろうか?
AMD、2002年第3四半期の決算予測を下方修正−−売上高を当初の6億ドルから約5億ドルに修正(2002/10/02)
コンパック、インテルのPXA250-400MHzを搭載するPDA「iPAQ Pocket PC H3900」を発表(2002/10/03)
エルピーダメモリと三菱電機、販売権など三菱電機のDRAM事業の継承で合意(2002/10/03)
日本IBM、管理作業を簡略化・自動化する自己管理機能を搭載したデータベース「IBM DB2 ユニバーサル・データベース V8.1」を発表(2002/10/03)
Hewlett-Packard、899ドルの企業向けノートPC「Evo Notebook N1015v」を発表(2002/10/07)
ATI Technologies、第3世代のグラフィックス向けDDR DRAMの仕様「GDDR3」を発表−−クロック周波数は500〜800MHzの予定(2002/10/07)
日本IBM、自己監視・修復機能を搭載したグループウェア「Lotus Notes/Domino 6」を発表(2002/10/07)
日本IBM、Autonomic Computingを具現化したOS「AIX 5L バージョン5.2」を発表(2002/10/09)
IBM、IntelとMicrosoftと共同でIntel Xeon MP搭載サーバのデータセンター向けソリューションを開発(2002/10/11)
Intel、IAベースのノートPCをバッテリ駆動で1日使用可能とする取り組みの一環として「Mobile PC Extended Battery Lifeワーキング・グループ」を設立(2002/10/15)
Intel、2002年第3四半期決算を発表−−売上高65億ドル、純利益6億8600万ドル(2002/10/16)
Transmeta、2002年度第3四半期決算を発表−−売上高640万ドル、純損失は2180万ドル(2002/10/16)
AMD、2002年第3四半期の決算を発表−−売上高5億822万ドル、純損失2億5417万ドル(2002/10/17)
IBM、2002年度第3四半期の決算を発表−−売上高198億ドル、純利益17億ドル(2002/10/17)
Microsoft、松下電器産業と共同でPCと家電機器間のデジタル・メディアの相互利用を実現する規格「HighM.A.T.」を開発(2002/10/18)
ガートナー ジャパン、2002年第3四半期の世界パソコン市場の出荷速報を発表−−出荷台数は3218万台で対前年成長率5.8%増(2002/10/18)
東芝、富士通とのSoCソリューションを核とした半導体事業提携に関する進捗状況を発表(2002/10/21)
IBM、自律型コンピューティング(オートノミック・コンピューティング)推進のための製品/サービス/組織の概要ならびに取り組みを発表(2002/10/22)
日本IBM、自己修復機能を強化したストレージ管理ソフトウェア「Tivoli Storage Manager V5.1.5」など3製品を発表(2002/10/23)
Intel、米ニューメキシコ州リオランチョの製造施設「Fab 11X」が稼働−−0.13μmプロセスと300mmウエハによるプロセッサの製造を開始(2002/10/24)
Gartner Dataquest、2002年第3四半期の世界サーバ市場の出荷台数(速報値)を発表−−出荷台数110万6332台で前年同期比3.1%増(2002/10/28)
Palm、ARM搭載のPalmOS採用PDA「Tungsten T」を発表(2002/10/28)
電子情報技術産業協会、2002年度上半期(4月〜9月)のPC出荷台数を発表−−出荷台数482万2000台で前年同期比10%減(2002/10/29)
Dell、EMCとストレージ・システムの世界規模の製造契約を締結−−「Dell | EMC CX200」システムを製造へ(2002/10/30)
DellとEMCとの戦略提携から1年。Dellからの販売が伸びていることから、Dellの工場でCX200の製造を開始するという。
NEC、Windowsシステムの可用性・信頼性向上を実現するソフトウェア「HAシリーズfor Windows」を発表(2002/10/31)
 
ニュースリリースは「2002年10月1日〜15日」「2002年10月16日〜31日」へ
 
  関連記事 
IDF Fall 2002 Japanレポート 「融合」の先にあるIntelの展望
 
  関連リンク
2002年第3四半期の世界サーバ市場の出荷台数
Project eLizaの情報ページ
 
 
 「System Insiderの連載」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

System Insider フォーラム 新着記事
  • Intelと互換プロセッサとの戦いの歴史を振り返る (2017/6/28)
     Intelのx86が誕生して約40年たつという。x86プロセッサは、互換プロセッサとの戦いでもあった。その歴史を簡単に振り返ってみよう
  • 第204回 人工知能がFPGAに恋する理由 (2017/5/25)
     最近、人工知能(AI)のアクセラレータとしてFPGAを活用する動きがある。なぜCPUやGPUに加えて、FPGAが人工知能に活用されるのだろうか。その理由は?
  • IoT実用化への号砲は鳴った (2017/4/27)
     スタートの号砲が鳴ったようだ。多くのベンダーからIoTを使った実証実験の発表が相次いでいる。あと半年もすれば、実用化へのゴールも見えてくるのだろうか?
  • スパコンの新しい潮流は人工知能にあり? (2017/3/29)
     スパコン関連の発表が続いている。多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスパコンとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

System Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH