連載

PCメンテナンス&リペア・ガイド

第9回 失敗しないハードディスクの増設方法

1. ドライブ・ベイの状態を確認

林田純将
2002/07/26


 前回(第8回 増設前に知っておきたいハードディスクの基礎)は、デスクトップPCで主流のディスク・インターフェイス「IDEATA)」の概要や増設時に注意すべき点、およびIDEハードディスクの選択のポイントなど、ハードディスクを増設する前に必要となる知識を解説した。今回は、実際にPCへIDEハードディスクを増設する作業手順を紹介したい。

まずはドライブ・ベイの空きの確認から始めよう

 ハードディスクの増設を行う際にまず調べなければならないのは、PCにハードディスクを増設するための空きベイがあるかどうかだ。デスクトップPC用のハードディスクは3.5インチ幅なので、3.5インチのドライブ・ベイに取り付けると、特別な金具などが不要で容易である。3.5インチ・ドライブ・ベイに空きがない場合は、別の手段を考える必要があるし、最悪の場合は増設をあきらめることになるかもしれない(以下のコラム参照)。しかも、3.5インチ・ドライブ・ベイはフロッピードライブなど、IDEドライブ以外のものを収納している場合もあるため、たとえマザーボード上のIDEコネクタやあるいはケーブル上のIDEコネクタに空きがあっても、3.5インチ・ドライブ・ベイには空きがない場合もあるので注意が必要だ。

5.25インチ・ドライブ・ベイ用金具の例

5.25インチ・ドライブ・ベイに3.5インチ・ハードディスクを装着するには

 3.5インチ・ドライブ・ベイが空いていない場合でも、もし5.25インチ・ドライブ・ベイが空いていれば、写真のような取り付け金具により3.5インチ・ハードディスクが装着できる。使い方は簡単で、単に3.5インチ・ハードディスクの両脇に金具をネジ留めして、5.25インチ・ドライブ・ベイに装着するだけだ。また、両脇の金具が一体になったケース状のものや、前面アクセス可能な製品も市販されている。

 多くのタワー型PCの内部では、ドライブ・ベイはフロント・パネル側の上から5.25インチ・ドライブ・ベイ、3.5インチ・ドライブ・ベイの順で配置されている(下の写真)。全ドライブ・ベイのうち、いくつかはMOドライブやDVD-ROMドライブなどのリムーバブル・ドライブを装着できるように、メディアを挿入するスリット部分やトレイ部分をフロント・パネルに露出させることができる。これらを「前面アクセス可能ベイ」などと呼ぶことがある。

 こうしたベイとは別に、フロント・パネルには露出されないハードディスク専用のドライブ・ベイもある。機器が外部に露出しないことから、こうしたドライブ・ベイは「内蔵ドライブ・ベイ」「シャドウ・ベイ」とも呼ばれる。本連載で使用しているデルコンピュータ製のデスクトップPC「Dimension 4100」の場合、標準搭載のハードディスクは通常の3.5インチ・ドライブ・ベイの下に縦に配置されているシャドウ・ベイに収められている。シャドウ・ベイは、前面アクセス可能な3.5インチ・ベイの下に配置されている場合が多いが、5.25インチ・ドライブ・ベイや電源ユニットの上など、少し探しただけでは分からないところにある場合もあるので、PCのマニュアルなどを見て位置を確認して、空きドライブ・ベイを確認しよう。なお、PCケースの開け方については、本連載の「第2回 PC本体にアクセスしてハードウェア構成を調べる 2. PCの内部を見てハードウェアを確認する」を参照していただきたい。

Dimension 4100のドライブ・ベイの構成
体積のあるミドルタワー型ケースなので、前面からアクセス可能なベイが5個、シャドウ・ベイが2個と、ベイの数は豊富だ。
  5.25インチ・ドライブ・ベイ。前面からアクセス可能なベイが合計2個用意されている
  前面アクセス可能な3.5インチ・ドライブ・ベイ(2個)。このマシンのようにZIPドライブや、あるいはMOドライブなどを搭載するのに用いる。ここには、ハードディスクのような内蔵ドライブを装着できる場合もある
  フロッピードライブ専用ベイ。フロント・パネルがフロッピードライブに合わせて成型されているため、ほかのリムーバブル・ドライブはまず装着できない。最近は、こうした本体ケースが多い
  増設用3.5インチ・ドライブ・ベイ。これは内蔵専用、つまりハードディスク専用のシャドウ・ベイだ。今回は、ここに増設ハードディスクを装着する
  標準搭載用3.5インチ・ドライブ・ベイ。これもシャドウ・ベイだ。このようにハードディスクの短辺側を下にして縦置きするPCは少ない。多くの場合は、CD-ROMドライブなどと同じ水平向きに配置される場合が多い
 

内蔵用ハードディスクのIDEとSCSIはよく似ている
 
最近ではほとんどなくなったが、PCワークステーションや古いハイエンドPCなどでは、IDEではなくSCSIのハードディスクを搭載している場合がある。この2種類のハードディスクは、サイズも同じで一見したところ同じに見えるため、間違えて購入しないように気を付けよう。

SCSIハードディスク(上)とIDEハードディスク(下)のコネクタ部分
上の写真のSCSIはNarrowタイプと呼ばれるデータ幅が8bitのもの。よく見ると、SCSIの方のコネクタ端子数が若干多いことが分かる。IDEが20×2列=40ピンなのに対して、SCSIは25×2列=50ピンである。

 こうしたコネクタの違いの詳細については、「資料:ケーブル&コネクタ図鑑」を参照していただきたい。

 次のページでは、IDEケーブルと各IDEドライブやマザーボードの接続について解説する。

  関連記事 
第2回 PC本体にアクセスしてハードウェア構成を調べる
 
 
 

 INDEX
  [連載]PCメンテナンス&リペア・ガイド
  第9回 失敗しないハードディスクの増設方法
  1.ドライブ・ベイの状態を確認
    2.増設ハードディスクが接続可能かチェック
    3.ジャンパ設定とドライブ・ベイへの取り付け
    4.PC本体への取り付けとケーブルの接続
    5.最後はBIOSやOSレベルでの設定
 
「PCメンテナンス&リペア・ガイド」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

System Insider フォーラム 新着記事
  • IoT実用化への号砲は鳴った (2017/4/27)
     スタートの号砲が鳴ったようだ。多くのベンダーからIoTを使った実証実験の発表が相次いでいる。あと半年もすれば、実用化へのゴールも見えてくるのだろうか?
  • スパコンの新しい潮流は人工知能にあり? (2017/3/29)
     スパコン関連の発表が続いている。多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスパコンとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう
  • AMDの新アーキテクチャ「Zen」の目指すところ (2017/2/27)
     AMDが新設計でx86(x64)プロセッサの「Zenアーキテクチャ」を開発したという。Intelに比べて、コスト的にも有利そうだ。これからAMDが面白くなりそうだ
  • ARM上でx86アプリが実行できるWin 10の速さの秘密 (2017/1/25)
     Qualcommの次世代Snapdragonで、x86アプリが実行可能なWindows 10をサポートするという。気になる性能は、意外と速いという。その速さの秘密を推測してみた
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

System Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH