ハードウェアの技術とトレンドが分かる特集
 
 −System Insiderの特集−
IT管理者のための仮想化技術入門(前編) --2004/04/06新着
ユーティリティ・コンピューティングなどの新しい情報システム環境において、仮想化技術は必須であるという。仮想化技術とは何なのか、そのメリットは?
1.仮想化技術のメリットと必要となる機能
2.仮想化技術の実現レベルと課題
 
x86互換の64bitプロセッサ「AMD Opteron」の実力と課題 --2003/07/24
AMDから出荷となったx86命令互換の64bitプロセッサ「AMD Opteron」を搭載したサーバを取り上げる。AMDの64bit化戦略とAMD Opteron搭載サーバの実力は?
1.AMD64のOS/アプリケーション環境は?
2.AMD Opteron搭載サーバの実用性
3.HPC用途のサーバとしては最適なAMD Opteron搭載サーバ
 
1000BASE-Tへの移行で気になるコストと性能
スイッチング・ハブの価格が安くなってきたことで、1000BASE-Tへの移行が現実味を帯びてきた。そこで、1000BASE-Tへの移行を検討してみることにした。
 1.100BASE-TXから1000BASE-Tへの移行を考える--2003/02/26
 2.1000BASE-Tの実力を計測する--2003/04/03
 3.1000BASE-Tへの移行のメリット--2003/04/03

 
Windows 2000 ServerのソフトウェアRAIDを極める(2002/12/25更新)
Windows 2000 Serverが標準装備するソフトウェアRAID機能を解説する。まず、システム ボリュームのミラー(RAID 1)化にチャレンジする。また、RAID 5の構築と障害発生時の復旧手順についても解説する。
 1.システム ボリュームのミラー化を試す--2002/12/18
 2.システムボリューム以外を冗長化するには--2002/12/25
 3.最適なソフトウェアRAID構成を考える--2002/12/25
 4.ソフトウェアRAIDの障害復旧の手順は? --2002/12/25
 
Pocket PCのターミナル・サービス運用術(2002/11/09)
Pocket PC 2002がサポートするVPNとターミナル・サービス機能。これら機能を使いサーバのリモート管理が行えるのか試してみた。
 1.外出先から安全にサーバにアクセスするためのVPN設定
 2.サーバをリモート管理するためのターミナル・サービスの設定
 
クライアントの保守管理ツール「デプロイメント・ツール」を試す(前編)(2002/10/16)
複数のクライアントPCにOSを配布できるデプロイメント・ツールは、どれほど役立つのか? 今回はSymantec Ghost 7.5を取り上げる。
 1.Symantec Ghost 7.5によるイメージ作成の実際
 2.Symantec Ghost 7.5によるイメージ展開の実際
 
海外出張で役立つインターネット接続術(2002/08/09更新)
――海外出張の準備からインターネット接続まで――
ビジネス・マンにとって、海外出張先でもインターネットに接続して電子メールなどの環境を整えるのは必須。しかし、慣れない海外では失敗も多い。そこで、海外出張でも困らないインターネット接続法を伝授する。
 1.出張前の機材準備--2002/08/06
 2.日本でのインターネット接続の準備--2002/08/06
 3.飛行機とホテルの賢い選択法--2002/08/06
 4.ホテルでインターネット接続--2002/08/09
 
5.電子メールを上手に使う--2002/08/09
 6.インターネット接続の緊急手段--2002/08/09
 
無線LAN構築のABC--2002/07/31
――基本から考える無線LAN構築講座――
ハードウェアの低価格化により急速に普及しつつある無線LAN。しかし、その設定は意外と難しい。今回は基本的な事がらを中心に無線LAN構築を解説する。
 1.アクセス・ポイントのチャンネル設定
 2.SSID設定のコツ
 3.無線LANで必須のセキュリティ設定
 
Rambusは終えんを迎えてしまうのか?--2002/07/20
――交錯するRambusとIntelのPCメモリ戦略――
PC用メイン・メモリでDDR SDRAMの勢力が増しつつあるいま、着実にRDRAMの高速化を図るRambusの戦略を解き明かす。
 1.RDRAMの高速化に将来を託す
 2.家電やネットワーク機器で生き残るRambus
 3.RDRAMの将来性を検証する
 4.ベンチマーク・テストの詳細結果
 
ブレード・サーバの真実と未来--2002/06/28
いま注目のブレード・サーバ。今回は製品を評価してメリットと課題を明らかにする。また、第3の形状として市場に定着するのかも検証する。
 1.高密度最優先のブレード・サーバ「ProLiant BL」
 2.OSセットアップまでリモートから行うProLiant BL
 3.2種類のブレードをラインアップするTrustGuard/HiServer
 4.コンソールからフロッピーまで共有可能なTrustGuard/HiServer
 5.2タイプに分かれてきた最新ブレード・サーバ
 6.現在のブレード・サーバが抱える課題とは?
 
NAS導入事始め--2002/06/20
最近各社が力を入れ始めているNAS(Network Attached Storage)。そのNASとはどういったものなのか。実際にNASを運用し、特徴とメリット/デメリットを明らかにしよう。
 1.NASの概要と選択ポイント
 2.NASの設定を試してみよう
 3.ドメインによるNASの統合の実際
 4.NASのハードウェアを見てみよう
 5.NASのメリット/デメリット
 
基礎から学ぶIAサーバ 2002年度版
大きく変わりつつあるIAサーバ。その選定には、基礎知識から技術トレンド、製品の差別化ポイントなどの把握が重要。そこで、IAサーバの最新情報を基礎から解説する。
 1. IAサーバとは何か?--2002/04/23
 2. 多様なIAサーバ向けプロセッサを把握する(1)--2002/04/23
 3. 多様なIAサーバ向けプロセッサを把握する(2)--2002/04/23
 4. 大容量化するメモリ・メモリを支える技術(1)--2002/04/25
 5. 大容量化するメモリ・メモリを支える技術(2)--2002/04/25
 6.互換性重視で高速化された拡張バス/スロット(1)--2002/05/01
 7.互換性重視で高速化された拡張バス/スロット(2)--2002/05/01
 8.ギガビット化が始まったIAサーバのネットワーク・インターフェイス--2002/05/15
 9.ディスク・インターフェイスの基礎「SCSI」「IDE」を知る--2002/05/21
 10.意外に多彩なIAサーバの電源ユニットの機能とケースの形状--2002/05/22
 
 
 
 −PC Insiderの特集−
高密度サーバはどこに向かうのか?
2000年前半から登場し始めた1Uサーバが第2世代を迎えた。さらに昨年にはより高密度を実現したブレード・サーバが各社から発表された。こうした高密度サーバの動向を探ってみよう。
 1. 高密度化、低消費電力化、高性能・高機能化へ--2002/04/16
 2. 第2世代の1Uサーバ「PowerEdge 1650」--2002/04/18
 3. 高機能化する高密度サーバ--2002/04/18
新世代高速無線LAN「IEEE 802.11a」の世界--2002/02/28
54Mbits/sの転送レートを誇る高速無線LAN規格「IEEE 802.11a」。その実力を、普及しつつあるIEEE 802.11bと比較しながら、各種テストをとおして探ってみる。
 1. IEEE 802.11bとIEEE 802.11a
 2. IEEE 802.11aの設定
 3. IEEE 802.11aの実力を測る
 4. 無線LAN規格の今後
IDE RAID実践導入術【低価格IDE RAIDカード編】--2002/02/13
エントリ・サーバなどで普及し始めたIDE RAIDを取り上げ、その構築方法と使い勝手を検証する。今回は第1弾として、実売2万円程度の低価格なIDE RAIDカードを取り上げる。
 1. 最新IDE RAID事情
 2. IDE RAIDの構築手順
 3. IDE RAIDの性能を測る
DVD+RWの可能性--2001/12/15
書き換え型DVDの最後に登場した「DVD+RW」。仕様上は、DVD-RAMやDVD-RWの欠点を克服しているようだが、実際の製品の使い勝手はどうなのだろうか。リコーのMP5120Aを使って検証してみた。
 1. そもそもDVD+RW規格とは
 2. DVD+RWの使い勝手を検証する
 3. 書き込み速度と互換性の検証
 4. 対応ベンダの動向が業界標準を決める
 5. 将来性が未知のDVD+RW
 
 
 −PC Insiderの実験−
中古PC活用講座パート2【RAID構築編】
―― ソフトウェアRAIDかハードウェアRAIDか――
「実験:中古PC活用講座」では中古PCを再利用してファイル・サーバを作ったが、第2弾として、さらにこのファイル・サーバにRAIDを導入する。LinuxのソフトウェアRAIDかハードウェアRAIDか、どちらがいいのか性能と運用面から検証してみよう。
 1. Linuxのディストリビューションを選択する--2002/03/30
 2. RAID構築の機材を揃える--2002/03/30
 3. パーティション構成を検討する--2002/03/30
 4. ソフトウェアRAIDの構築−−パーティションの構築--2002/03/30
 5. ソフトウェアRAIDの構築−−RAIDボリュームの作成--2002/03/30
 6. ソフトウェアRAIDの構築−−動作確認--2002/03/30
 7. ハードウェアRAIDの構築−−デバイス・ドライバを準備する--2002/04/02
 8. ハードウェアRAIDの構築−−デバイス・ドライバをインストールする--2002/04/02
 9. RAIDの再構築を確認しておこう--2002/04/02
 10. ソフトウェアRAIDの再構築の実際−−パーティションの構築--2002/04/02
 11. ソフトウェアRAIDの再構築の実際−−デバイスごとの再構築--2002/04/02
 12. ソフトウェアRAIDかハードウェアRAIDか--2002/04/02
新世代ブロードバンド・ルータの性能を検証する
――FTTH対応ブロードバンド・ルータの選択ポイント――
100MbpsのFTTHサービスに対応したブロードバンド・ルータが相次いで発表された。それは本当にFTTHの能力を満たすものなのか、ベンチマーク・テストで明らかにする。
 1. ブロードバンド・ルータに「性能」があるワケ--2002/01/31
 2. BAR SW-4P Proの中身と性能の関連性--2002/01/31
 3. 新旧ルータの性能を比較する方法--2002/01/31
 4. 従来製品より桁違いに速いが……--2002/01/31
137Gbytes超IDEディスクの正しい使い方
IDEハードディスクの容量は160Gbytesまで達しているものの、現状ではそのうちの137Gbytesまでしか利用できない場合がほとんど。160Gbytes全体を使い切る方法を探る。
 1. IDEハードディスクの「容量の壁」とは?--2002/01/22
 2. 48bit LBAに未対応だと、どんな不具合が生じるのか?--2002/01/22
 3. 160GbytesハードディスクへWindows 2000をインストールする--2002/01/22
 4. 48bit LBA対応IDEインターフェイス・カードを利用する--2002/01/22
 
 
 −Windows Insider/PC Insider合同特別企画 −
Windows XPの正体
 ・高速化されたスタンバイ状態と休止状態(2001/01/09 )
 ・Windows XPのドライバ・インストールに関する安全機能(2001/11/13)
 ・大幅に改善されたWindows XPのIDEサポート(2001/09/22)
 
System Insiderトップページへ

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

System Insider フォーラム 新着記事
  • Intelと互換プロセッサとの戦いの歴史を振り返る (2017/6/28)
     Intelのx86が誕生して約40年たつという。x86プロセッサは、互換プロセッサとの戦いでもあった。その歴史を簡単に振り返ってみよう
  • 第204回 人工知能がFPGAに恋する理由 (2017/5/25)
     最近、人工知能(AI)のアクセラレータとしてFPGAを活用する動きがある。なぜCPUやGPUに加えて、FPGAが人工知能に活用されるのだろうか。その理由は?
  • IoT実用化への号砲は鳴った (2017/4/27)
     スタートの号砲が鳴ったようだ。多くのベンダーからIoTを使った実証実験の発表が相次いでいる。あと半年もすれば、実用化へのゴールも見えてくるのだろうか?
  • スパコンの新しい潮流は人工知能にあり? (2017/3/29)
     スパコン関連の発表が続いている。多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスパコンとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

System Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH