ボックスの表示・非表示状態を制御するvisibilityプロパティ
visibility

 visibilityプロパティは、ボックスの表示・非表示状態をコントロールする場合に使用します。

 displayプロパティで「none」を指定した場合と違う点は、非表示に設定した場合にも、ボックス自体がなくなるわけではないので、表示・非表示を切り替えてもページのレイアウトは変わらないことです。

基本データ

構文 セレクタ{visibility: 値;}
継承
「visible」「hidden」「collapse」「inherit」
効果 ボックスの表示・非表示状態を制御
初期値 visible
適用個所 すべての要素

例:

ほげほげですね。

ほげほげですね2。

<p style="visibility:hidden;">ほげほげですね。</p>
<p>ほげほげですね2。</p>

動作Webブラウザ

Internet Explorer IE 4以上
Firefox 全バージョン
Safari全バージョン
OperaOpera 6以上
Chrome全バージョン
iPhone/iPad 全バージョン

標準JavaScriptによるDOMでの参照方法

[window.]document.getElementById("【ID属性値】").style.visibility

jQueryを使った参照方法

$('【セレクタ】').css('visibility','【値】');
$('【セレクタ】').css({'visibility':'【値】'});

有限会社タグパンダ
喜安 亮介



TechTargetジャパン

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第3回 潜在興味を言語化するカギ、Topic Modelの威力とは
潜在興味を炙り出す方法を発見し、そのための武器である「Topic Model」も手に入れました...

LINE、Google+を活用する企業がいずれも3割超え
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションとループス・コミュニケーションズ...

メディア企業コンデナストが考えるブランデッド/ネイティブコンテンツ
Maxifierが主催する「Maxifier Tokyo Summit 2014」が7月16日、東京の恵比寿で開催された...