結局、RIAはどれを使うべきなのか?
連載インデックスへ
検証特集:クラウドの“クライアント”としてRIAを試す(2)

Amazon S3とAdobe AIRで“クラウドRIA”を作ってみた


クラスメソッド株式会社
福田 寅成
2009/9/29
昨今関心が高まる一方のクラウドだが、クラウドの“クライアント”についてはあまり取り上げられないのが現状だ。本連載では、同じく未知の可能性を秘めるRIAをクライアントにして、サンプルを基にクラウドとの連携アプリケーションを検証していく

 前回の連載第1回「6つの主要クラウドとRIAの現状を総ざらい」では、「クラウド・コンピューティング」(以下、クラウド)とRIA(Rich Internet Application)/リッチクライアントの近況をまとめましたが、今回はより具体的に、クラウドでストレージサービスを提供しているAmazon S3とRIAとしてAdobe AIR(以降、AIR)を組み合わせて利用するアプリケーションを作成したいと思います。

クラウドの老舗によるWebストレージ「Amazon S3」

- PR -

 Amazon S3は、米アマゾンが提供する、代表的なクラウド版のオンラインストレージ(以降、クラウドストレージ)です。キー(ファイル名)とバリュー(保存するオブジェクト)だけを指定する形の非常にシンプルなストレージとなっています。

 ディレクトリに相当する「バケット(Bucket)」は上限100個しか作成できなかったり、Amazon S3全体で一意である必要があるなど制限があります。

 ぱっと見は非常にシンプルですが、流石に歴史のあるクラウドストレージなので、本格的な業務利用を想定した細かい機能が豊富に用意されています。この点に関してはAmazon S3のドキュメントを参照してみてください。

 価格面や機能面の概要理解は、下記記事を参照してください。

Amazon S3のデータ構造を体験できるAIRアプリ

 今回はサンプルとして、デスクトップからAmazon S3を直接参照するアプリケーションを作成します。このアプリケーションを触ってみると、Amazon S3のデータ構造がどうなっているかを体験できます。アプリケーションはAIRベースでFlexを用いて作成します。AIR開発に関しては下記記事などを参照してください。

 まずは完成品を、こちらからダウンロードしておいてください。サンプルアプリの動く様子は、以下のようになります。

図1 バケット一覧
図1 バケット一覧

図2 オブジェクト一覧
図2 オブジェクト一覧

機能

  • KeyRegisterViewでAmazon S3のキーを(暗号化されたローカル領域に)登録(ツールの「キーの登録」で呼び出せる)
  • バケット一覧を表示
  • バケット一覧内のバケットをダブルクリックするとバケット内のオブジェクト(ファイル)一覧を表示
図3 S3キー登録画面
図3 S3キー登録画面

YUI風のアーキテクチャ

 今回はAIRベースでRIAを作成しています。基本的には、YUI風のアーキテクチャで作成しています。YUIに関しては、以下の記事を参照してください。

 YUI“風”ですので、YUIは使っていませんが、クラス構成は同じです。

表 サンプルのクラス構成
コンポーネントタイプ ファイル名 役割
メインアプリケーション AtmarkitAwsS3.mxml アプリケーション全体。処理は基本的に記述せず
View MainView.mxml S3データ一覧表示画面
KeyRegisterView.mxml S3のキーをアプリケーションに登録する画面
Action MainAction.as MainViewに対するイベントハンドラ群
KeyRegisterAction.as KeyRegisterViewに対するイベントハンドラ群
Helper MainHelper.as MainViewを操作する処理群
KeyRegisterHelper.as KeyRegisterViewを操作する処理群

 本稿では、各クラスの解説は行いません。ソースコードとソースコード内のコメントASDocを参照してください。

 次ページからは、サンプルアプリを作るための準備をし、実際の作り方を見ていきます。

1-2

 INDEX
検証特集:クラウドの“クライアント”としてRIAを試す(2)
Amazon S3とAdobe AIRで“クラウドRIA”を作ってみた
Page1
クラウドの老舗によるWebストレージ「Amazon S3」
Amazon S3のデータ構造を体験できるAIRアプリ
  Page2
Amazon S3+AIRのサンプルアプリを作るための準備
コラム 「Amazon S3利用に便利なFirefoxプラグイン、S3 Firefox Organizerとは」
ActionScriptライブラリを用いたAmazon S3へのアクセス
数年後のAmazon S3を使うサービス開発案件に向けて



リッチクライアント&帳票 全記事一覧へ


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

HTML5+UX 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH