特集
Windows Server 2003完全ガイ

IIS 6.0のパフォーマンスを検証する
― Windows Server 2003が搭載する次世代アプリケーション・サーバの実力 ―

デジタルアドバンテージ
2003/06/26

 

Supported by DA Lab
このセキュリティ情報は、DA Labにより検証、執筆されています。DA Labは、株式会社デジタルアドバンテージが運営する企業システムの評価検証施設です。
DA Labの詳細はこちら

 Windows Server 2003では、前バージョンのWindows 2000 Serverと比較して、実にさまざまな点で機能改良や新機能追加が実施されている。これらの詳細については、すでに別稿「Windows Server 2003オーバービュー」にて解説した。

 改良点は数えきれないくらいあるのだが、大きな改良点の1つは、アプリケーション・サーバの機能を実装したIIS(Internet Information Services)が抜本的に作り直されたことだろう。

 Windows 2000 Serverに付属するIIS 5.0から、Windows Server 2003に付属するIIS 6.0へのバージョンアップでは、内部のプロセス・モデルのレベルから抜本的な変更が加えられ、マイクロソフトの説明によれば、アプリケーション・サーバとしての信頼性やパフォーマンスが従来から大幅に向上したとされる。

 イベントなどにおけるWindows Server 2003のデモンストレーションにおいても、このIIS 6.0のパフォーマンス向上をアピールするものが少なくない。こうしたデモンストレーションを実際に目にした読者はご存知だろうが、状況によってIIS 6.0はIIS 5.0のは数倍の性能を発揮するという。

 この結果を疑うわけではないのだが、本稿では、デジタルアドバンテージが運営する評価検証施設であるDA Lab(デジタルアドバンテージ・ラボ)において、IIS 5.0とIIS 6.0のパフォーマンス・テストを実施してみることにした。

 結論からいえば、IIS 6.0は、IIS 5.0と比較して、場合によっては劇的な速度向上が期待できるという結果が得られた。しかし今回に限らず、ベンチマーク・テスト一般にいえることとして、どれだけ公平を心がけたところで、テストできるのは、複雑なシステムにおけるある特定の状態でしかない。今回の結果は、あくまで今回実施したテスト環境でのものであって、あらゆる場面で同じ結果が得られるわけではない。その点に注意して、あくまで参考値として読み進んでいただきたい。

 

 INDEX
  [特集] Windows Server 2003完全ガイド
IIS 6.0のパフォーマンスを検証する
    1.IIS 6.0の基礎知識
    2.IIS 5.0/IIS 6.0ベンチマーク・テスト
    3.テスト1:Microsoft .NET Pet Shop
    4.テスト2:シンプルなASP/ASP.NET
    5.テスト3:静的なWebページ表示
 
目次ページへ  Windows Server 2003完全ガイド

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH