Windows HotFix Briefings
(2005年9月23日版)

―― 修正プログラム適用に関する問題点、不具合情報の隔週レポート ――

DA Lab Windowsセキュリティ
2005/09/23

このHotFix Briefingsでは、HotFixの公開後に明らかになった問題点や不具合、各種情報ソースで明らかにされた脆弱性などの情報を隔週でまとめてお届けします。
 
[不具合情報]
マイクロソフト、品質問題により9月の月例セキュリティ修正をキャンセル

情報の内容 不具合情報
情報ソース マイクロソフト
報告日 2005/09/09
CVE -
対象環境 -

 マイクロソフトは、毎月第2水曜日(米国時間は第2火曜日)に公開している月例のセキュリティ修正プログラム を、9月分についてキャンセルした。9月8日の時点で「緊急」レベルの修正プログラム1件の公開を予定していたが、リリースを見送った。

 以下の「マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知」によれば、修正プログラムの最終テストの過程で、さらなる開発作業とテストを要する品質問題を発見したためとしている。

 次回の月例アップデート予定は、米国時間で10月11日(火)である。

■セキュリティBBS関連スレッド

 
[不具合修正]
Windows 2000 SP4向け更新プログラム ロールアップ1を再リリース

情報の内容 不具合修正
情報ソース マイクロソフト
報告日 2005/09/13
CVE -
対象環境 Windows 2000 SP4

 マイクロソフトは、Windows 2000 SP4向け更新プログラム ロールアップ1(以下UR1)の不具合を解消した更新版の提供を開始した。UR1は、Windows 2000 SP4用に、2005年6月までの既知の不具合とセキュリティ上の重要な問題を解消するもので、初期版は2005年6月29日から提供が開始されていた。しかしこの当初公開されたバージョンでは、以下のような多数の不具合が確認されていた。

HotFix Briefings 7月8日版
HotFix Briefings 7月22日版
  • Windows Update/Microsoft Updateに接続すると「MSXML3.DLL ファイルが見つかりません」などのエラー・メッセージが表示されるようになる

  • コンピュータを再起動すると「Stop 0x000001E」エラーが表示されるようになる

  • ダイナミック・ディスクを使用するコンピュータでシステム・ドライブが2つ表示されるようになる

  • Officeでフロッピー・ディスクにファイルが直接保存できなくなる

 6月29日版UR1の適用により発生する不具合の詳細については、以下のセキュリティ関連掲示板のスレッドが詳しい。

 システムがハングアップするなどの重大な問題が含まれていたため、いったんインストールしたUR1をアンインストールしたユーザーも多かったようだ。

 6月29日に公開されたバージョンのUR1をすでに適用している場合でも、今回公開された更新版のUR1を適用できる。ただし、以下の不具合については、更新版のUR1では解消されず、別個の修正プログラムが提供される予定だ。

  • ICAセッションを持つCitrixサーバ接続にできなくなる

  • Exchange Server 5.5がX.400コネクタを介してメールを転送しなくなる

 また以下の不具合についてマイクロソフトは、各ソフトウェア・ベンダで公開されている方法により問題を解消できる、としている。

  • Sophos Anti-Virus for Windows 5を使用していると、ネットワーク・ログオンに時間がかかるようになる

  • Internet Security Systems製品が起動しなくなることがある

 なお、UR1では多くのファイルが置き換わるため、適用することにより、環境によっては未報告の不具合が発生する可能性がある。パッチの適用にあたり、事前に十分な検証を行ってから適用した方がよい。

■関連情報

■セキュリティBBS関連スレッド


[不具合修正]
Exchange 2000/2003 のWebDAV関連の問題を解消する修正プログラムがリリース

情報の内容
不具合修正
情報ソース
マイクロソフト
報告日
2005/09/16
対象環境
Exchange 2000 Server SP3/Exchange Server 2003 SP1

 WebDAVプロトコルでExchange 2000 Server上のアイテムやフォルダにアクセスした場合、PROPFINDメソッドが返すPR_ACCESSプロパティが読み出し専用になってしまう不具合を解消する修正プログラムが公開された。

 この問題は、Exchange 2000 Server上のアイテムやフォルダにアクセスした際、WebDAV経由では、PR_ACCESSプロパティの値が常に読み出し専用になってしまうというもの。WebDAVプロトコル経由の場合、アイテムやフォルダにアクセスした権限に関係なく、PROPFINDメソッドの戻り値であるPR_ACCESSが常に「2」(Read)になるため、本来のアクセス権限が正しく適用されない。Exchange Server 2003では、WebDAV経由でアクセスした場合、EcGetProps()関数の戻り値であるPR_ACCESSが「2」(Read)になるため、本来のアクセス権限が正しく適用されない。

 この問題を解消する修正プログラムは、以下のページで公開されている。Exchange 2000 ServerをWebDAV経由でアクセスしており、アクセス権に関する障害が発生している場合には、修正プログラムを適用することで障害が解消できる。

■関連情報

■セキュリティBBS関連スレッド

 
[脆弱性情報]
Windowsのキーボード・イベントの処理によって特権昇格してしまう脆弱性

情報の内容 脆弱性情報
情報ソース
セキュリティ情報サイト
報告日
2005/09/05
対象環境 Windows 2000/XP、Windows Server 2003

 セキュリティ・ベンダのSecurityFocusは、Windowsのキーボード・イベント処理の設計ミスにより特権昇格が行われてしまう脆弱性について発表した。

 デスクトップ・アプリケーションがkeybd_event()関数から送られたキーボード・イベントを制御する際の処理に問題があるという。悪意あるアプリケーションが、例えばexplorer.exeなど、より高いユーザー権限で動作しているプログラムにキーボード・イベントを送信できる。そのため、アプリケーションを実行している ユーザー権限よりも高い権限で任意のリモート・コードを実行できてしまう危険性がある、としている。実行条件などについての詳細は明らかにされていないが、実証コードがすでに公開されている。

 
そのほかの不具合情報、追加情報

[マイクロソフト]

[セキュリティBBS]

 

 
  関連リンク
  HotFix Report BBS
     
 Windows HotFix Briefings

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH