Insider's Eye

Longhorn、Yukon、Whidbey。次世代コンピューティングに高まる開発者の熱き期待

―― PDC 2003レポート No.1 ――

デジタルアドバンテージ
2003/10/31

 
PDC会場
1万人からなるノーネクタイのプログラマーがロサンゼルスに結集。日本では考えられないプログラマーの祭典だ。

 2003年10月26日から30日までの5日間、米国カリフォルニア州ロサンゼルスにおいて、恒例となっているWindows開発者向けのカンファレンス「Professional Developers Conference 2003(以下PDC03)」が開催された。今回のPDCは、次世代WindowsであるLonghorn(開発コード名:ロングホーン)が初めて公開されるとあってその注目度は高く、開催規模は過去最高のものとなっているようだ。正確な参加者数は発表されていないが、昼食用として用意されている食卓の数からすると1万人近いようだ。

 今回はPDC03レポートの第1弾として、PDC会場の雑景や参加者に配布されたキットの内容、また今回発表された新技術、開発コード名に関する簡単な用語解説を行う。

ずらりと並んだ食卓
正確な参加者数は公表されていないが、用意されている食卓の数をざっと数えると、かるく1万人分はある。圧巻である。

 カンファレンスでは、LonghornやWhidbey(開発コード名、用語解説参照)の解説を中心としたセッションが多数行われている。その総数は200セッション近い。次世代WindowsであるLonghorn関連のセッションに人気があるのは当然として、それ以外にも、ほかの参加者との交流を促進する各種イベントやBOF(Birds Of a Feather:カンファレンス後に開催されるインフォーマルなミーティング)なども多数行われている。プログラマーにもさまざまなタイプがあるが、ここに参加しているのは、まるで学生のような非常にラフな格好をした人がほとんどである。

 いま現在の技術ではなく、Longhornという、2年も3年も、いやそれ以上に先かもしれない技術を紹介するイベントにこれだけの参加者が集まり、だれもが熱心に聞き入り質問をしている姿を目の当たりにすると、やはりマイクロソフトの新技術がそれだけ期待されている証だろうと感じる。それとも単に、現状のWindowsやコンピュータ・システムに対する不満の裏返しだろうか。それはともかく、Longhornが提供する新しいユーザー・インターフェイスや、WinFS(用語解説参照)などによってもたらされる新たなコンピューティングの可能性を聞いていると、確かに従来までのWindowsの延長ではない、新しい何かが感じられるような気がする。ビル・ゲイツ氏が「Windows 95以来の革命」といっているのは、決して大げさではないかもしれない。願わくば、スケジュールどおり(現状では明確なスケジュールは公表されていないが、2005年とも、それ以降という説もある)に出荷されてほしいものだが、いままでの例からするとあまり期待はできないかもしれない(各セッションでも「この仕様は将来変更されるかもしれない」とか、「仕様決定にあたり、みなさんの意見を聞かせてほしい」などという表現がよく使われていた)。

Longhornのデスクトップ画面
画面右側にサイド・バーがある(時計が大きく表示されている)。ここには状況に応じてタスクの情報などが表示されたりする。デスクトップには大きなウィンドウが1つ開いているが、上部には、従来よりも大きな文字でタイトルが表示され、さらに各種のナビゲーション用のボタンなどが表示されている。またこの部分は半透明表示になっており、(少々分かりづらいが)デスクトップの背景が透けて見えている。
 
配布されたLonghorn開発途中版
Longhornの開発途中版(テクノロジ・プレビュー版)のDVD 2枚と、次期Visual Studio(Whidbey)のベータ版DVD 1枚、SQL Serverのベータ版(Yukon)のCD 1枚が配布された。同時にLonghornプログラミングの解説書(写真左)や「Writing Secure Code 第2版」も配布された。

PDC雑景

 PDCはプログラマー向けの技術カンファレンスであるため、プログラマーのためにさまざまな心配りがなされている。朝7時から深夜まで、コーヒーやソフト・ドリンク、スナックなどは常に欠かさず用意されているし、有線や無線のネットワークも完備されている。会場のあちらこちらにインターネットへアクセスするための端末が用意されているので、ノートPCを持っていない人でも困ることはない。しかし多くのユーザーは自分の愛用のノートPCを取り出して、インターネットへアクセスしている。特に無線LANは会場のどこからでも利用できるようになっているので、あらゆる場所で座り込んでPCを使っている人を多く見かける。

愛用のノートPCとにらめっこする参加者たち
会場のどこからでも無線LANでインターネットに接続が可能だ。
 
お決まり(?)のジャンクフード
ジャンクフードは欠かせないアイテムだ。朝から深夜まで、食べたいときにはいつでも食べられる。

■Hands-on Lab
 技術セッションと並んで、会場には「Hands-on Lab」と呼ばれる、実験用の施設も用意されている。ここには500台以上のPCが置かれ、Microsoftのプログラマーの指導により、Longhornを始めとする各種のプログラミング環境を実際に体験することができる。簡単な練習問題を1つずつこなしていくことにより、LonghornやWhidbey、Webサービス、データベース、64bitシステムなどのプログラムを作ったり、最新のテクノロジを体験したりすることができる。End of Article

Hands-on Lab
Hands-on LabではLonghornのプログラミングをいち早く体験することができる。
 

コラム
Longhornを理解するための基礎用語

■Aero
 Longhorn向けに開発中の新しいユーザー・インターフェイス(ユーザー・エクスペリエンス)。デスクトップやサイド・バー(デスクトップ右側の情報バー)、ウィンドウ、ボタンなどの形状やデザイン、操作方法などを定義するもの。またユーザーに対する情報の提示方法やソート、フィルタリング、検索などの方法、Longhorn風のルック&フィールにするためのガイドラインなども定義している。

Aeroユーザー・インターフェイス
画面に右端にあるのがサイド・バー。タスクの情報などが表示されている。

■WinFX
 従来のWin16、Win32に代わる、Longhorn向けの新しいプログラミング・インターフェイス。以下のAvalon、WinFS、Indigoなどのサブシステムを利用するための、.NET Frameworkベースのプログラミング・インターフェイスとなっている。

■Avalon
 WinFXのプレゼンテーション(描画)機能のコード名。ベクタ描画機能により、デバイス非依存で(スクリーンからプリンタ、超高解像度デバイスまでサポート)、スケーラブルな表現を可能にする。コンポーネントの自動配置機能などにより、WebでもWindowsでも同じように動作するアプリケーションを容易に作成できる。テキストや画像、3Dオブジェクト、映像、音声などを自由に組み合わせて、例えばウィンドウの背景でビデオを表示させたり、透過させて重ね合わせたりといった操作が簡単に行える。AvalonはDirectX上で動作するため、3Dグラフィックス・アクセラレータが必須となる。

Avalonを利用した画面表示の例
回転しつつ、半透明表示のウィンドウが重なって表示されている。

■WinFS(Windows Future Storage)
 Longhornで導入される新しい統合ストレージ。データの持つさまざまな属性をキーにして情報を格納、検索可能なデータベースのようなファイル・システム。XMLベースのスキーマを使ってデータの持つ属性を定義することにより、単なるバイト・データのかたまりではなく、高速に検索、分類することができる高機能なストレージ。

■Indigo
 分散アプリケーションのためのコミュニケーション・サブシステム。SOAP 1.2ベースのメッセージング・フレームワーク。

■XAML(Extensible Application Markup Language、ザメル)
 Avalonによるアプリケーションを作成するための、宣言型の言語。基本はXMLベースであるが、必要においてC#やVBなどで記述した手続き型のプログラムを呼び出したりすることもできる。それらの手続きは同一のファイルに記述することもできるし、別のファイルに記述して、別々に開発することもできる。

■Whidbey
 次世代のVisual Studio .NET。IDEや言語仕様、.NET Frameworkの拡張、Yukon対応などが追加される。

Longhorn上で動くWhidbey
Hands-on Labにて撮影。このように、LonghornにWhidbeyがインストールされ、利用可能になっていた。
 
 
更新履歴
【2003/10/31】Longhornの製品版出荷時期について、当初は「現状では2004年といわれている」と記述していましたが、これはマイクロソフトからの公式発表ではないことを明確にするとともに、原稿執筆時点では2005年以降という説が有力であることから記述を改めました。お詫びして訂正させていただきます。
 
関連記事
  革新的なOSを目指して開発が進むLonghorn(Windows Server Insider)
  次期クライアントOS「Longhorn」本格始動へ(Windows Server Insider)
     
  関連リンク
  マイクロソフト、PDC 2003において開発者にソフトウェアの革新の新たな波の具体像を示す(マイクロソフト)
  Remarks by Bill Gates, PDC 2003(米Microsoft)
 

 「Insider's Eye」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH