[運用]
Amazon EC2/S3で作るWindows公開サーバ(前編)

2.AWSとの契約とEC2/S3利用申し込み

デジタルアドバンテージ 島田 広道
2009/11/25
2009/12/02更新

Amazon EC2/S3でWindows Serverサイトを構築する

 ここからは、実際にAmazon EC2/S3を利用してWindows ServerのWebサイトを構築する手順を説明していく。大ざっぱな手順は次のフローチャートのとおりだ。

Amazon EC2/S3によるWindows Serverサイトの構築手順(前編分)
前編ではWindows Serverを起動してリモート・デスクトップで接続するまでの作業手順を説明する。

Amazon EC2/S3によるWindows Serverサイトの構築手順(後編分)
後編ではWindows OSを日本語化してOSイメージを保存し、インスタンスを終了するまでの作業手順を説明する。また、オプションの固定IPアドレス割り当てについても説明する。

 あらかじめ用意しなければならないのは、Amazon EC2/S3に接続するためのWindows PC(Webブラウザとリモート・デスクトップ接続クライアントが必要)と、決済用のクレジット・カード、海外からの電話を着信できる電話回線ぐらいだ(いずれも詳細は後で順次説明する)。サーバ側のリソースをこちらで用意する必要は一切ない。

Amazon Web Servicesのアカウントを作成する

 AWSでは、各サービスの認証や課金などを単一のアカウント(以下、AWSアカウント)で管理している。Amazon EC2/S3などAWSのサービスを初めて利用する場合は、最初にこのAWSアカウントを作成しなければならない。といっても、手続きはすべてオンラインで数ステップのウィザードを操作するだけだ。

AWSアカウントを作成する
 AWSアカウントを作成するには、まずAWSのWebサイトのトップページを開き、右上にある[Sign Up Now]ボタンを押す。「Amazon Web Services Sign In」のページが表示されたら、AWSアカウントで利用するメール・アドレスを指定して次に進む。このメール・アドレスはAWSへのサイン・インに利用するほか、AWSからの各種メールの送信先となる。

「Amazon Web Services Sign In」ページでメール・アドレスを指定する
AWSアカウント作成ウィザードの最初のステップ。ここではメール・アドレスを指定する。
AWSアカウントで利用するメール・アドレスを入力する。すでにAWSで使用中のメール・アドレスは指定できない。
これを選ぶ。
これをクリックして、次の氏名やパスワードの指定に進む。

 次は「Registration」ページで氏名やパスワードの指定と、メール・アドレスの再確認を行う。パスワードはメール・アドレスとともにAWSへのサイン・インに利用するのでメモしておく。入力後、[Create account]ボタンをクリックするとAWSアカウントが作成される。

 次のページでは、連絡先の住所や電話番号を指定し、契約内容を確認する。この住所と電話番号は、料金支払い用クレジット・カードの請求先とは異なっていてもよい(請求先の方は別途指定する)。最後に[Continue]ボタンをクリックするとウィザードが完了する。

住所・電話番号の入力と契約書の確認
AWSアカウント作成ウィザードの3番目のステップ。ここでは連絡先の住所と電話番号を指定し、契約内容を確認する。
連絡先の住所と電話番号を入力する。住所は英語表記で指定し、電話番号には国別コードを加えること。
AWSのサービスに関する契約書。
を読んだら、チェックしてオンにする。
キャプチャの文字列を入力する。
これをクリックすると、アカウント作成ウィザードは完了する。

 次のページで「You Have Created an Amazon Web Services Account」と表示されたら、AWSアカウントが正常に作成されたはずだ。また、指定したメール・アドレスあてにAWSから「Welcome to Amazon Web Services」という件名でメールが届いているはずなので確認すること(ただし、このメールを待たなくてもサイン・インは可能)。

サイン・インできるか試す
 この時点で作成したAWSアカウントは利用可能なので、実際にサイン・インできるか試してみよう。AWSトップページに戻って再度[Sign Up Now]ボタンをクリックし、指定したメール・アドレスとパスワードを指定して[Sign in using our secure server]ボタンをクリックする。これに限らず、WebブラウザからAWSのサービスを利用するには、最初にこの手順でサイン・インする必要がある。

AWSへのサイン・イン
AWSトップページの[Sign Up Now]ボタンをクリックすると、このページが表示される。Amazon EC2/S3を含むAWSのサービスを利用するには、最初にこの手順でサイン・インする必要がある。
AWSアカウント用のメール・アドレスを指定する。
これを選ぶ。
パスワードを入力する。
これをクリックするとサイン・インが始まる。

クレジット・カード情報の登録
 サイン・インできたら、料金支払いのためのクレジット・カード情報を登録する。AWSの料金支払いはクレジット・カード決済のみで、Amazon EC2/S3などのサービスを利用するにはクレジット・カード情報を事前に登録しなければならない。

 クレジット・カード情報を指定するには、AWSトップページに戻ってページ上部のメニューから[Your Account]−[Payment Method]を選ぶ。この[Your Account]メニューでは、[Personal Information]で連絡先などを変更したり、[Account Activity]で支払いの明細を確認したりできる。

クレジット・カード情報の入力ページを呼び出す
これにマウス・カーソルを合わせると、AWSアカウント関連のメニューが表示される。
クレジット・カード情報を入力するには、これをクリックする。

 「Payment Method」というページが表示されたら、クレジット・カード情報を入力して、[Continue]ボタンをクリックする。

クレジット・カード情報の入力
左からカードの 種類、カード番号、期限、名義をそれぞれ入力する。
これをクリックすると、請求先の住所と電話番号を入力するページが表示される。

 次のページではクレジット・カードの請求先住所/電話番号を入力する。アカウント作成時に指定した住所/電話番号と請求先が異なる場合は、ここであらためて指定する必要がある。入力後、[Continue]ボタンをクリックすれば、クレジット・カードの登録は完了である。

Amazon EC2/S3の利用申し込み

 AWSアカウントを作成したら、Amazon EC2/S3の利用を申し込む(両サービスを同時に申し込める)。このとき、電話による確認が必要なので、あらかじめ海外電話を直接着信できる準備と、プッシュ・ボタンでトーン音が出せる電話機を用意しておく。

 AWSトップページの上部にあるメニューから[Products]−[Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)]を選び、Amazon EC2のページを開いたら、右側にある[Sign Up For Amazon EC2]ボタンをクリックする。サイン・インの画面が表示されたら、作成したAWSアカウントでサイン・インする。

 次に、「Identity Verification by Telephone」という電話による確認のページが表示される。これは申し込み者に電話を直接かけて、Webページに表示されたPINコードという数列をプッシュ・ボタンで入力させることで、申し込み者を確認するという仕組みだ。メッセージの音声は英語だが会話の必要はなく、電話機のプッシュ・ボタンでPINコードを入力するだけでよい。詳細な手順は次のとおりだ。

電話による確認: 電話番号を入力する
[Sign Up For Amazon EC2]ボタンをクリックした後、このページが表示される。まずは国別コードを選択し、電話番号を入力する。
国別コードの選択画面。デフォルトでは「US(+1)」なので、日本ならば「Japan(+81)」を選ぶ。
電話番号の入力欄。デフォルトでは連絡先の電話番号が表示される。これで着信できない場合は、別の番号に書き換えられる。また、ここに国別コード(日本なら「+81」)を付ける必要はなく、普段使っている0から始まる電話番号をそのまま入力した場合も着信できた(国別コードを付けた場合も着信可能だった)。
内線番号が必要なら、ここに入力する。
を済ませ、電話を受ける準備ができたら、これをクリックする。

 [Call Me Now]ボタンをクリックするとPINコードが表示され、数秒〜十数秒後に電話が掛かってくる。英語の音声メッセージが流れるが会話は不要だ。音声が終わったら電話機のプッシュ・ボタンでPINコードを入力する。

電話による確認: 電話機からPINコードを入力する
前出の画面で[Call Me Now]ボタンをクリックすると、このようにPINコードと呼ばれる4けたの数列が表示され、AWSから電話が掛かってくる。
このPINコードが表示されてから数秒〜十数秒で、AWSから電話が掛かってくる。受話器を取って2〜3秒後に、PINコードの入力を促す英語のメッセージが流れるので、それが終わったらゆっくりとPINコードをプッシュ・ボタンで入力する。このとき、そのほかの音が入らないように注意すること。PINコードは音声で1けたずつ入力することも可能なため、別の音が入ると誤認識されて確認に失敗することがある。

 正常にPINコードが認識されると、その旨の音声メッセージが流れた後、自動的に電話が切れる。ほぼ同時にWebページにも「Your identity has been verified successfully.」と表示されるので、その下の[Continue]ボタンをクリックすれば電話での確認は完了だ。

 次のページには、Amazon EC2/S3の料金体系と登録済みのクレジット・カード情報、請求先住所が表示される。確認したらページ上部または下部にある[Complete Sign Up]ボタンをクリックする。これでAmazon EC2/S3の申し込みは完了だ。Amazon EC2にアクセス可能になったことを通知するメールが届いているはずなので確認しておこう(Subjectは「Amazon Elastic Compute Cloud Sign-Up Confirmation」)。

Amazon EC2/S3申し込み完了のページ
このページが表示されたら、Amazon EC2/S3の申し込みは完了である。


 INDEX
  [運用]Amazon EC2/S3で作るWindows公開サーバ(前編)
    1.Amazon EC2/S3の概要
  2.AWSとの契約とEC2/S3利用申し込み
    3.アクセス・キーと秘密鍵/公開鍵ペアの取得
    4.インスタンスの起動とWindowsへの接続
 
  [運用]Amazon EC2/S3で作るWindows公開サーバ(後編)
    1.Windowsの日本語化とWebサイト公開
    2.OSイメージ保存とインスタンス終了、固定IPアドレス割り当て

更新履歴
【2009/12/02】 後編の公開にあわせて、作業手順のフローチャートを更新しました。

 「 運用 」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH