運用
Microsoft Data Protection Manager 2006 第1回

2.DPM 2006のインストール

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2005/10/20

システム要件

 DPM 2006をインストールするためのハードウェア要件およびシステム要件を次に示しておく。基本的には、大容量で信頼性の高いディスク(RAIDシステムなどを利用するのが望ましい)を装備したサーバをDPM 2006専用として用意する必要がある。

コンポーネント 最低 推奨
CPU 550MHz 1GHz以上
メモリ 512Mbytes 1GBytes
DPM 2006用ディスク OSシステム・ドライブ:100MbytesDPM 2006プログラム・ファイル用:100Mbytesデータベース・ファイル用:900Mbytes 
記憶域プール用ディスク(データ保護用ディスク) 保護するデータ容量の1.5倍 保護するデータ容量の2〜3倍
ハードウェア要件
 
コンポーネント 項目
ネットワーク構成 Windows 2000ベースでもWindows Server 2003ベースでもよいが、Active Directoryが必須。DPM 2006サーバおよび保護するサーバがActive Directoryに属していること
システム DPM 2006用として独立したサーバ・コンピュータが必要。Active Directoryのドメイン・コントローラや保護対象のファイル・サーバとは独立した、ドメインのメンバ・サーバとして構成されたシステムでなければならない
ディスク データ保護用ディスクは独立したディスク・ドライブであること。システム・ドライブと同じ物理ディスク上にある空きパーティションは利用できず、必ず独立した物理ディスク・ドライブを1台以上用意すること
OS Windows Server 2003 SP1もしくはWindows Storage Server 2003 SP1以降。x86 Editionは不可
Webサーバ IIS 6.0
データベース SQL Server 2000 Standard Edition
SQL Server 2000 SP3a
SQL Server 2000 Reporting Services Standard Edition
SQL Server 2000 Reporting Services SP1
(これらのソフトウェアはDPM 2006の製品CD-ROMに含まれており、自動的にインストールされる)
システム要件

DPM 2006のインストールと運用手順

 DPM 2006システムのインストールから運用開始までの流れを簡単にまとめると次のようになる。

1.OSシステムおよびDPM 2006システムのインストール
 システムの準備とOSのインストール後、コンピュータをActive Directoryに参加させてからDPM 2006をインストールする。

2.DPM用のディスクの追加
 レプリカやシャドウ・コピーを保存するためのディスクをDPM 2006に登録する。

3.ファイル・サーバに対するエージェントのインストール
 バックアップ対象のファイル・サーバに同期用エージェントをインストールする。

4.保護グループや保護オプションの設定
 バックアップの対象となるフォルダや同期スケジュールなどを設定する。

 いずれもウィザードなどの指示に従って実行すれば、簡単に実行できるようになっている。以下では、これらの手順について順に解説する。

DPM 2006のインストール

 インストール作業は難しくない。DPM 2006のインストールCD-ROMを実行すると、セットアップ・ウィザードが起動するので、その指示に従って作業を進めるだけである。必要に応じて、IISのインストールも自動で行われるが、そのときにWindows Server 2003のCD-ROMの挿入(もしくはサーバ・イメージへのパスの入力)が求められるので、適宜対応する。DPM 2006にはSQL Server 2000/Reporting ServicesとそのService Packが含まれており、DPM 2006のインストール時に自動的にインストールされる(既存のSQL Server 2000のインスタンスを利用することはできない)。

セットアップ・ウィザードの実行

 DPM 2006のインストーラを起動すると、次のようなウィザードが起動する。

以下の画面例では、一部ベータ版ソフトウェアを使用しておりますので、メッセージが英語になっている場合があります。あらかじめご了承ください。
 
DPM 2006のインストール・ウィザード
インストール作業はウィザード形式で簡単に進めることができる。
  これを押して先へ進む。

 以後はウィザードの指示に従って、インストール作業を進めていけばよい。もしDPM 2006のインストールのための前提条件(システム要件)が不足していると、次のようにエラー・メッセージが表示されるので、指示に従って設定や確認などを行う。

インストール要件のチェック
インストールの途中でシステム構成が調査され、表示される。
  これは、Active Directoryのドメイン・コントローラ上にDPM 2006サーバをインストールしようとした場合のエラー・メッセージ。DPM 2006サーバは、ドメイン・コントローラとは独立したメンバ・サーバ上で動作させなければならない。
  前提条件が満たされない場合はインストールを進めることはできない。

 インストールの途中でエラーが発生した場合は、エラー・ログが(デフォルトでは)C:\Document and Settings\All Users\DPMLogsに生成されるので、必要に応じて内容を確認し、対処する。

DPM 2006管理コンソール

 DPM 2006のインストールが完了すると、[スタート]メニューの[すべてのプログラム]に[Microsoft System Center Data Protection Manager 2006]という項目が追加される。これがDPM 2006の管理用コンソール(MMCスナップイン)であるが、このツールは同時に複数起動することはできないし、リモートから利用することもできない。必ずDPM 2006サーバにログオンして利用する必要がある。

DPM 2006管理コンソールの実行例
DPM 2006の管理コンソールはMMCスナップインによって実現されている。上部に大まかなタスクのグループ、右側に現在選択/実行可能な操作の一覧、左側に情報ウィンドウが表示されている。
  タスク・カテゴリを選択するためのタブ。これは監視業務の実行例。
  コンテキストに応じて、現在選択/実行可能な操作が一覧表示されている。
  情報ウィンドウ。選択しているタスクに応じて内容が変わる。
  詳細情報の表示。
 

 INDEX
  [運用]Microsoft Data Protection Manager 2006
  第1回 DPM 2006の概要とインストール
    1.DPM 2006の概要
  2.DPM 2006のインストール
    3.ディスクの追加とエージェントのインストール
 
 運用

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH