運用
Microsoft Data Protection Manager 2006 第2回

2.保護グループの作成(2)

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2005/12/01

レプリカの作成方法の指定

 次の段階では、ファイル・サーバからDPM 2006への最初のレプリカをいつ作成するかを選択する。デフォルトでは、このウィザード実行時にすぐに作成することになっているが、サイズが大きい場合や対象となるサーバが多い場合には、後で実行させることもできる。

レプリカの作成方法の指定
最初のレプリカ(対象ファイル・サーバからDPM 2006サーバへコピーされたデータのこと)をどうやって作成するかを設定する。
  レプリカの作成方法の指定。
  デフォルトではDPM 2006サーバ自身がエージェントを使ってデータをコピーする。
  ウィザードを終了するとすぐにコピーする。デフォルト設定。
  後でコピーする場合はこれを選択する。
  テープ・バックアップやリムーバブル・ストレージによるバックアップ/コピーなどにより、管理者が自身でデータをコピーする場合は、これを選択する。

設定内容の結果の確認

 次の段階では、レプリカの同期スケジュールやシャドウ・コピーのスケジュールについて設定するが、これについては保護オプションのところで後述する。

 以上の設定をすべて終了するとウィザードが終了する。そして以下の[グループの作成]ボタンをクリックすると、実際の作業(グループの作成、メンバーの追加、スケジュールの設定、レプリカの作成など)が行われる。

ウィザードの終了
最後に実行されるタスクがまとめて表示される。
  概要の表示。
  実行されるタスクの内容。
  これをクリックすると保護グループが作成され、それに伴うスケジュールの設定や最初のレプリカの作成などが行われる。

作成された保護グループの確認

 ウィザードによる保護グループの作成が終了すると、次の画面のように新しいグループが作成されていることが確認できる。

保護グループの動作の確認
ウィザードの実行直後はレプリカやシャドウ・コピーを作成しているので、状態欄は「レプリカを作成しています」となっており、それが終了すると「OK」に変わる。
  作成された保護グループ。
  保護グループに含まれるサーバ。
  保護対象の共有フォルダ。
  現在の状態。同期作業が完了すると、このように「OK」表示に変わる。
  レプリカが保存されている場所のパス。
  シャドウ・コピーの状態。デフォルトでは1日当たり3コピー作成されるので、4日で12のシャドウ・コピーが作られている。

ディスク構成の確認

 保護グループを作成すると、記憶域プールからグループごとにボリュームが割り当てられる。1つのグループごとに2つのボリュームが作成される。1つは「レプリカ+シャドウ・コピー」に使われ、もう1つは「転送ログ」に使用される。上のケースでは、次のようなディスク構成になる。

初期設定後のディスクの状態
下側のディスク(ディスク1)がDPM 2006のデータ保存用ディスク。1つのグループに対して2つのボリュームが作成される。
  Windows OSとDPM 2006がインストールされているディスク。
  DPM 2006用のデータ領域用ディスク。ディスク・タイプは「ダイナミック」となっており、データ領域の増大に応じて、ボリューム・サイズを柔軟に拡大できる。
  保護グループ用ボリューム1。レプリカとシャドウ・コピーを保存するために使われる。次のボリューム()とペアで維持・管理される。
  保護グループ用ボリューム2。転送ログを保存するために使われる。
  空き領域。新しい保護グループや、保護グループの拡大に応じて適宜割り当てられる。

 レプリカとシャドウ・コピーの領域は、DPM 2006をインストールしたフォルダの下にリンクされている。この領域の中には、保護グループのメンバーになっているファイル・サーバ(この例ではFILESERVER1)の共有フォルダ(SharedFilesフォルダ)のレプリカが作成されている。アクセス権やタイム・スタンプ、属性も同期(コピー)されている。管理者にアクセス権のないファイルも同期される。また、レプリカのシャドウ・コピーはレプリカと同じ領域に作成される。

レプリカとシャドウ・コピーの領域
レプリカやシャドウ・コピーは独立したボリューム上に作成されているが、実際にはこれらはDPM 2006のインストール・フォルダの下にマウント(サブフォルダとなるように接続すること)されている。
  ファイル・サーバ名のフォルダ。
  マウントされたレプリカ用のボリューム。

 作成されたシャドウ・コピーの内容は次のようになっている。

C:\>vssadmin list shadowstorage
vssadmin 1.1 - ボリューム シャドウ コピー サービス管理コマンドライン ツール
(C) Copyright 2001 Microsoft Corp.

シャドウ コピーの記憶域関連付け
   "/For" ボリューム: (C:\Program Files\Microsoft Data Protection Manager\2006\Volumes\Replica\FILESERVER1\C-9f669998-192d-11da-948e-806d6172696f\)\\?\Volume{a2f47415-a9c7-41a1-8a53-ce32ec54a4b1}\
   シャドウ コピーの記憶域ボリューム: (C:\Program Files\Microsoft Data Protection Manager\2006\Volumes\Replica\FILESERVER1\C-9f669998-192d-11da-948e-806d6172696f\)\\?\Volume{a2f47415-a9c7-41a1-8a53-ce32ec54a4b1}\
   シャドウ コピーの記憶域の使用領域: 31.809 MB
   シャドウ コピーの記憶域の割り当て領域: 303.371 MB
   シャドウ コピーの記憶域の最大領域: 1.104 GB
 

 INDEX
  [運用]Microsoft Data Protection Manager 2006
  第2回 DPM 2006の保護オプションとスケジュール設定
    1.保護グループの作成(1)
  2.保護グループの作成(2)
    3.保護オプション
    4.ディスク領域の割り当て
 
 運用

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH