[運用]
WindowsユーザーのためのGmail活用術

4. Gmailからメッセージを取得する設定

井上 孝司
2009/05/21

Step 5:Gmailに対するPOP/IMAPの設定
  ここまで解説してきた方法では、Gmailのメール・ボックスを確認するにはWebブラウザが必要になる。また、メッセージはGmailのサーバ側に置かれたままの状態になる。

 そこで、さらにPOP/IMAPアクセスの設定を行うと、手元のPCで動作する電子メール・クライアントを使って、Gmailのメール・ボックスにアクセスできるようになる。プロトコルにはPOP3とIMAP4を利用できる。出先から携帯電話で、あるいは借りたPCなどでアクセスできる利点を活用するには、メール・ボックスの内容を直接操作できるIMAP4の方が便利だろう。

 もちろん、Gmailのメール・ボックスにあるメッセージの中から、必要なものを手元の電子メール・クライアントにコピー、あるいは移動することもできる。また、受信トレイだけでなく、[迷惑メール]フォルダなどにもアクセスできるため、誤認識されていないかどうかの確認にも利用可能だ。

POP3の設定
  POP3を使用する場合の手順について解説する。

  1. Gmailにログインする。
  2. 画面上部にある[設定]をクリックする。
  3. [設定]ボックスの上部に並ぶ項目一覧の中から、[メール転送とPOP/IMAP]をクリックする。
  4. [すべてのメールでPOPを有効にする]、あるいは[今後受信するメールでのみPOPを有効にする]のいずれかを選択する。
  5. [2. POPでメールにアクセスする場合]の右側にあるリストボックスで、POP3経由でアクセスしたGmailメッセージに対して行う操作を選択する。[Gmailのコピーを受信トレイに残す][Gmailのコピーをアーカイブ][Gmailのコピーを削除]のいずれかが選択可能だ。
  6. [変更を保存]をクリックする。

IMAP4の設定
  IMAP4を使用する場合の手順について解説する。

  1. Gmailにログインする。
  2. 画面上部にある[設定]をクリックする。
  3. [設定]ボックスの上部に並ぶ項目一覧の中から、[メール転送とPOP/IMAP]をクリックする。
  4. [IMAPを有効にする]を選択する。
  5. [変更を保存]をクリックする。

 こうしてGmail側でPOP3、あるいはIMAP4によるアクセスを可能にしたら、クライアントとなる電子メール・クライアントの設定を行う。

GmailのPOP/IMAPサーバ設定画面
GmailにはPOP3サーバ、あるいはIMAP4サーバの機能があるが、初期設定では無効になっている。そこで、この機能を有効化することで、通常の電子メール・クライアントを使ったアクセスを可能にする。
POP3サーバの機能を使用する場合、ここの選択を変更する。
POP3サーバでは、機能を有効にするだけでなく、POP3経由でアクセスしたメッセージの扱いを指定する必要がある。
IMAP4サーバの機能を使用する場合、ここの選択を変更する。IMAP4はサーバ上のメッセージを直接操作できるため、POP3と違って機能を有効にするだけでよい。

 設定手順はメール・クライアントによって異なるため、ここでは設定する項目と、その内容についてまとめておく。

設定項目 設定内容
名前 差出人として表示する名前を指定する
メール・アドレス <ユーザー名>@gmail.com
受信用メール・サーバ(POP3) pop.gmail.com
受信用メール・サーバ(IMAP4) imap.gmail.com
送信用メール・サーバ(POP3・IMAP4とも同じ) smtp.gmail.com
メール・サーバのユーザー名 <ユーザー名>@gmail.com
パスワード Gmailのアカウント取得時に指定したパスワード
メール・クライアントのPOP3/IMAP4の設定項目

 さらにGmailのヘルプでは、Outlook 2002/2003/2007とOutlook Expressについて、SSL(Secure Socket Layer)暗号化とSMTPサーバ認証の設定が可能であることが示されている。

受信側の暗号化 SSL暗号化を有効にして、ポート番号には「993」を指定する。Outlook Expressの場合、アカウント設定画面の[詳細設定]タブで行う
送信側の暗号化 SSL暗号化を有効にして、ポート番号には「465」を指定する。Outlook Expressの場合、アカウント設定画面の[詳細設定]タブで行う
SMTPサーバ認証 [送信サーバー(SMTP)は認証が必要]と[受信メールサーバーと同じ設定を使用する]チェック・ボックスをオンにする。Outlookの場合、アカウント追加時の設定画面で[詳細設定]をクリックすると表示するダイアログの、[送信サーバー]タブで行う。Outlook Expressの場合、まずアカウントを作成してから、プロパティ画面の[サーバー]タブで行う
SSL暗号化の設定方法

Outlook 2003のアカウント設定画面
Outlook 2003はIMAP4クライアントの機能を持ち、Gmail側でIMAP4サーバの機能を有効にすると、IMAP4経由でGmailのメール・ボックスにアクセスできるようになる。使用する電子メール・クライアントによっては、SSLでGmailのサーバとやりとりをするトラフィックを暗号化する機能や、SMTPサーバ認証の機能を設定する。
Gmail用のアカウント情報を追加登録する。その際に、Gmail用のメール・アドレスとアカウント情報を指定する。
OutlookのようにSSLに対応した電子メール・クライアントでは、Gmailのメール・ボックスにアクセスする際にSSLを有効化すると安全性を高められる。ただし、メッセージそのものは暗号化されず、Gmailのサーバとやりとりするトラフィックだけが暗号化される。

Outlook 2003で、IMAP4を使ってGmailにアクセスした際の画面例
Outlook 2003でIMAP4クライアントの設定を行うと、Gmailに対応するツリーがナビゲーション・ウィンドウに現れる。それを展開するとGmailの受信トレイが現れて、メッセージの確認や返信が可能だ。ドラッグ&ドロップ操作によって、手元のPCとの間でメッセージを移動、あるいはコピーすることもできる。
ここをクリックすると、Gmailで受信したすべてのメッセージが表示される。
ここをクリックすると、Gmailの[迷惑メール]フォルダが表示される。

 もちろん、すべて自前で迷惑メール対策環境を構築することも不可能ではないが、それには相応の手間とリソースを必要とする場合が多い。本稿で解説した方法を利用すると、単に迷惑メール対策を施すだけでなく、受信したメッセージを出先からアクセスするのが容易になる利点もある。このように、利用できるサービスは上手に活用して、できるだけ少ない手間で最大のメリットを得ることができれば、業務の効率アップにも役立つだろう。End of Article

 

 INDEX
  [運用]WindowsユーザーのためのGmail活用術
    1.Gmailの迷惑メール・フィルタの特徴
    2.Gmailのアカウントを取得する方法
    3.Gmailの迷惑メール・フィルタを動作させた結果
  4.Gmailからメッセージを取得する設定

 運用

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH