[運用]
Hyper-V実践サーバ統合術 第1回

コラム Hyper-V Server 2008の概要

日本ヒューレット・パッカード
テクニカルセールスサポート統括本部
ISSソリューション本部 ISS技術部
木村 智和
2008/10/16

無償提供されたHyper-V Server 2008とは

 マイクロソフトは2008年10月1日に「Microsoft Hyper-V Server 2008(以下、Hyper-V Server)」の無料提供を開始した。日本語版の提供も併せて開始されており、同社のWebサイトからダウンロードが可能である。

 Hyper-V Serverは、Windows Server 2008の一部として提供されているHyper-Vを、専用OS上にあらかじめセットアップされた状態で提供する製品である。本稿執筆時点ではUSBメモリなどからブートする形態での提供は行われていないため、初めに専用OSをローカルのハードディスクにインストールする必要がある。専用OSは、Hyper-Vをローカルで管理するための管理メニューとコマンドプロンプトのみが表示され、GUIは利用できない。

Hyper-V Serverの管理メニュー「Hyper-Vの構成」
ログオン後に自動的に表示される。閉じてしまった場合は、コマンドプロンプトからhvconfigコマンドを実行することで再び表示できる。

 また、IISやDNS、SMTPといった役割や機能などは基本的に追加できない(* 一部の「機能」のみ追加は可能)。純粋にHyper-Vのみを動作させるための環境となっている。

Microsoft-Hyper-V(インストール済み)
BitLocker
BitLocker-RemoteAdminTool
Microsoft-Windows-RemovableStorageManagementCore
MultipathIo
NetworkLoadBalancingHeadlessServer
SNMP-SC
TelnetClient
WindowsServerBackup
Hyper-V Serverで追加可能な機能

 それでは、今後は無償のHyper-V Serverを導入した方がよいのか? その答えの前に、まずは下表をご覧いただきたい。

  Microsoft Hyper-V Server 2008 Windows Server 2008 Standard Windows Server 2008 Enterprise Windows Server 2008 Datacenter
GUI(Graphical User Interface)  
フェイルオーバー・クラスタ    
Quick Migration    
32Gbytes以上のメモリ搭載(物理マシン上)    
4プロセッサ(ソケット)以上の搭載(物理マシン上)    
役割、機能の追加 一部のみ可
ホストOSに含まれる仮想OSのライセンス数 なし 1物理マシン+1仮想マシン 1物理マシン+4 仮想マシン 1物理マシン+仮想マシン・無制限
Hyper-V ServerとWindows Server 2008のHyper-Vの相違点

 Windows Server 2008 StandardのServer Core上でHyper-Vのみを動作させた場合は、GUIは使用せず、役割や機能の追加も行わないため、Hyper-V Serverとの機能面での違いはほとんどない。違いは、Windows Server 2008 Enterprise/Datacenterで出てくる。まず、Hyper-V Server ではフェイルオーバー・クラスタ(Quick Migration構成)が構築できない。また、物理マシン上に搭載可能なプロセッサ数/メモリ容量がWindows Server 2008 Standardと同等であるため、多くの仮想マシンを集約するための高いハードウェア・スペックを満たせない。よって、将来的に可用性の向上やさらなる仮想マシンの追加が計画されているのであれば、Windows Server 2008 Enterprise/Datacenter+Hyper-Vの組合せを選ぶべきである。

 また、ライセンス面においても、Hyper-V ServerはゲストOSのライセンスを別途購入する必要があるため、仮想マシンのライセンスが含まれているWindows Server 2008の各エディションを購入した場合と比較してもコスト面でもさほど変わらないと思われる。このことから、Hyper-V Serverは手軽にHyper-Vを評価・テストするための環境として利用することをお勧めしたい。


 INDEX
  [連載] Hyper-V実践サーバ統合術
  第1回 仮想化環境導入の実際と構築ノウハウ
    1.仮想化環境導入の流れ
    2.連載で想定する環境について
      コラム Hyper-V Server 2008の概要
    3.Server CoreによるHyper-V構築手順

 運用

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH