[運用]
Hyper-V実践サーバ統合術 第3回

2.オンライン状態でのP2Vの手順

日本ヒューレット・パッカード
ESSプリセールス統括本部 ストレージソリューション本部
ストレージソリューション推進第一部
木村 智和
2009/01/08

オンライン状態でのP2Vの実行(移行元のOSがWindows Server 2003の場合)
 移行元サーバのOSがWindows Server 2003の場合は、オンライン状態でのP2Vが可能である。ただし、筆者としては、可能な限りオフラインでの移行作業をお勧めしたい。理由としては、オンライン状態でのP2Vは、管理者が予期しないところでユーザーがアクセスしている場合があるからだ。また、移行中にデータの書き込みなどの変更が発生していた場合、タイミングによってはアプリケーション側でデータの整合性が取れなくなる恐れがある。

 以下、オンライン状態でのP2V作業を流れに沿って紹介する。

移行元サーバの状態
今回の環境は、PentiumV M 900MHz、512Mbytesメモリ、40Gbytesハードディスクの物理マシン上でWindows Server 2003 Enterprise Edition SP2(x86)が稼働している環境を移行元サーバとした。

 SCVMM管理者コンソールを起動し、[物理サーバーの変換]メニューを選択すると、[物理サーバー変換(P2V)]ウィザードが開始される。

ソースの選択
移行元サーバのコンピュータ名(またはIPアドレス)と、そのサーバにアクセスするための管理者アカウントとパスワードの入力が求められる。

バーチャル マシンID
移行後の仮想マシンの名称と所有者を入力する。

システム情報
[システムのスキャン]ボタンをクリックすると、移行元サーバの情報収集が開始される。収集が完了すると、OSの種類、プロセッサ数、ハードディスク構成や容量、ネットワーク・ドライバ情報が表示される。

ボリューム構成
移行元サーバのボリュームを移行後の仮想マシンの仮想ディスクにマッピングする。仮想ディスクのサイズや種類、仮想ディスクを接続するチャネルを選択する(変換オプション画面は表示されていないが、デフォルトでは「オンライン移行」が設定されている)。

仮想マシンの構成
移行後の仮想マシンのプロセッサ数とメモリ容量を設定する。

ホストの選択
移行後の仮想マシンをホストする仮想サーバ(Hyper-Vサーバ)を指定する。仮想サーバが複数台存在する場合は、[評価]欄の星の数が多い(リソースに余裕がある)仮想サーバを選択するとよい。

パスの選択
移行後の仮想マシン関連ファイルを格納するパスを選択する。

ネットワークの選択
移行後の仮想マシンが使用する仮想ネットワークを指定する。上記画面のように、デフォルトでは仮想ネットワーク設定が無効になっている。これは、移行元のサーバが稼働した状態で仮想化されたマシンを起動することによる、コンピュータ名やIPアドレスが衝突するのを防止するためである。よって、仮想マシンを起動する前には、移行元サーバをシャットダウンし、仮想ネットワークの設定を手動で行う必要がある。

追加のプロパティ
移行後の仮想マシンの起動関連の設定。後からでもできる設定なので、特に変更する必要はない。

変換情報
P2V実行前に移行作業に関する問題点や矛盾点を分析する。特に問題がない場合は「問題は検出されませんでした。」と表示される。

サマリー
ウィザードで設定した情報がサマリーとして表示される。[作成]ボタンを押下するとP2V作業が開始される。

ジョブ - P2V実行時
P2V作業の詳細がステップで表示されており、現在の進行状況が分かる。

SCVMM管理者コンソール - P2V実行後
P2V作業が完了し、移行後の仮想マシンが[停止済み]の状態になっている。

P2V実行直後の仮想マシンの状態
移行元サーバがオンラインの状態でP2Vを実行したことから、予期せずシャットダウンされた状態で起動する。

仮想マシンのデバイス・マネージャ
P2V実行後の仮想マシンのデバイス・マネージャを開くと、各デバイス・ドライバがHyper-Vに関連したものに置き換わっていることが確認できる。


 INDEX
  [連載] Hyper-V実践サーバ統合術
  第3回 Hyper-Vによる実践サーバ統合
    1.Hyper-VによるP2V/V2V
  2.オンライン状態でのP2Vの手順
    3.オフライン状態でのP2Vの手順
    4.V2Vの手順

 運用

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH