[Windowsシステム運用]
InfoPath−SQL Server連携で構築するC/Sシステム

第1回 InfoPathをSQL Serverに接続する

2.SQL Serverに接続するためのデータ接続を作成する

兵庫県立西宮香風高等学校システム管理課長
Microsoft MVP for InfoPath
松本 吉生
2007/01/25

InfoPathを起動してデータ接続を新規作成する

 今回は、まずストアド・プロシージャを実行するための前提として、InfoPathをSQL Serverに接続する「データ接続」について整理する。

 InfoPathを起動すると「フォームの入力」ウィザードが起動する。すでに作成されたフォームを入力するには、ここで[最近使ったフォーム]から作成済みのフォームを選択するのだが、新しいフォームを作成するときは、ここで左のペインから[フォームのデザイン]をクリックする。

新規フォームのデザイン
SQL Serverへ接続するには、InfoPathを起動後に既存のフォームを選ぶのではなく、新しくフォームを作成する。
  これを選んで、フォームを新規作成する。

 すると右のペインに[フォームのデザイン]作業ウィンドウが表示されるので、ここで[データ接続から新規作成]をクリックする。

InfoPath 2003の[フォームのデザイン]作業ウィンドウ
フォームをデザインするときに[データ接続から新規作成]を行うことでSQL Serverに接続するフォームを作ることができる。
  これを選択して、新しいデータ接続を作成する。

 データ接続とは、SQL Server上の特定のデータベースに接続するための設定のことである。これによってInfoPathのフォームにメイン・データソースを設定することができ、メイン・データソースを使ってSQL Serverとデータの送受信をすることができる。通常の新しい空白のフォームを作った後でデータ接続を作成すると、後述するセカンダリ・データソースにしかならない。セカンダリ・データソースではSQL Serverに対する操作に制限がある。

 以上のボタンをクリックするとデータ接続を作成するウィザードが起動するので、以下の手順で進め、設定を行う。

■ステップ1―データベースの種類の選択

 [データベース(Microsoft SQL ServerまたはMicrosoft Office Accessのみ)]を選択する。

データ接続ウィザードの開始
フォームで使用するデータ接続の種類を[データベース]にし、ウィザードに従ってデータ接続を作ることができる。
  こちらを選択する。

■ステップ2―データベースの選択

 すでに設定されたデータ接続ファイルがなければ、新しいSQL Server接続を選択する。1度データ接続を作成して保存しておくと、以後はそれを選ぶだけで簡単にデータベースを選択することができる。

■ステップ3―データベース・サーバに接続

 SQL Serverの名前を指定し、[ログイン時の証明]で認証モードを選択する。認証モードはActive Directoryでユーザー管理をし、Windows認証を使用することが推奨されている。

■ステップ4―データベースとテーブルの選択

 使用するデータベースとテーブルを指定する。

■ステップ5―データ接続ファイルを保存して終了

 データ接続ファイルのファイル名を確認し、必要ならば[説明]と[キーワード検索]を記述する。

■ステップ6―データソース構造の確認

 接続するテーブルのデータ構造が表示されるので確認する。不要なフィールドはチェックを外す。[テーブルの追加]で複数のテーブルを対象にすることができ、[テーブルの変更]で並べ替えの順序を指定することができる。また[SQLの編集]でSQL文を直接書き換えることができる(SQLの編集については次回で取り上げる)。

 InfoPathからデータ接続を作るときは、接続するデータベース名を知っておかなければならないし、あらかじめSQL Serverにはテーブルを作っておかなければならない。またデータベースに接続するためのユーザー権限を設定しておかなければならない。

■ステップ7―データ送信が可能かどうかの確認

 データ接続ウィザードの最後(完了画面)では、データが送信可能であることを確認する。データ接続が送信不可能のときは、データの取得はできるが更新や追加ができない。この理由として、データベースのテーブルに主キーが設定されていないことがある。送信不可能になったときは、SQL Server側の対象のテーブルに主キーが設定されているかどうかをまず確認しよう。

データ送信が可能かどうかの確認
これはウィザードの最後の画面。概要の一番下にデータ送信が可能かどうかの状態が表示されるので、それを確認しておく。
  データ送信が可能な場合の表示。
  データ送信が不可能な場合の表示。

 以上でウィザードは終了である。[完了]ボタンをクリックするとデータ接続が作成される。


 INDEX
  [Windowsシステム運用]InfoPath−SQL Server連携で構築するC/Sシステム
  第1回 InfoPathをSQL Serverに接続する
    1.InfoPathからSQL Serverのストアド・プロシージャを呼び出す
  2.SQL Serverに接続するためのデータ接続を作成する
    3.データ接続の確認とフォームでの利用
    4.ドロップダウン・リストでセカンダリ・データソースを利用する
 
 運用

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH