[Windowsシステム運用]
InfoPath−SQL Server連携で構築するC/Sシステム

第1回 InfoPathをSQL Serverに接続する

3.データ接続の確認とフォームでの利用

兵庫県立西宮香風高等学校システム管理課長
Microsoft MVP for InfoPath
松本 吉生
2007/01/25

 データ接続の作成が完了すると、次のようなフォームのデザイン画面が表示される。

完了したデータ接続の作成
正しくデータ接続が作成できると、このような画面が表示されるはずである。
  [データソース]作業ウィンドウでデータ接続を確認できる。作業ウィンドウを変更するときは右端の▼をクリックする。
  [メイン]データソースができている。
  [queryFields]と[dataFields]があり、どちらにもデータベースのテーブル名と同じフィールドが生成されている。フィールド名が隠れているときは[+]アイコンをクリックして展開する。

データ接続を確認する

 データ接続が完了したら、右端の作業ウィンドウから[データ接続]の作業ウィンドウ(上の画面の)を使って確認する。このとき、データ接続のトップは「myFields」となっており、その下には「[queryFields]と[dataFields]の2つのグループがある。これらのグループが見えないときは、[myFields]グループの前にある「+」アイコンをクリックして展開する。さらにこれらのグループを展開すると、その下にデータベースのフィールド名が表示される。これらフィールド名は、接続先テーブルのフィールド名と同じである。

 同じように見えるこの2つのグループは、どちらもSQL Serverの同じテーブルにバインドされているのだが、InfoPathフォーム上での使い方が違う。

作成されたデータ接続
作成されたデータ接続の状態は、この[データソース]作業ウィンドウに表示される。「queryFields」と「dataFields」の2つがあることを確認する。
  queryFields。データの抽出条件として使用する。
  dataFields。データを送受信するために使用する。

データ接続の使い方

 [データソース]作業ウィンドウにあるqueryFieldsとdataFieldsのグループは、次のように使い分ける。

  • queryFields―データの抽出条件(クエリ)として使用する。
  • dataFields―データを送受信するために使用する。

 例えば、在庫管理データを「仕入れ先」で抽出するフォームを作るときは、フォームの「ここにクエリフィールドをドラッグしてください」に作業ウィンドウからqueryFieldsの「仕入れ先」フィールドをドラッグし、「ここにデータフィールドをドラッグしてください」に作業ウィンドウからdataFieldsの「在庫管理」テーブルをドラッグする。「在庫管理」テーブルをドラッグしたときには、「繰り返しテーブル」や「繰り返しセクション」が選択できるが、ここでは最も一般的な表形式である「繰り返しテーブル」にした。

データソースを利用する
データソースを利用するには、右側の[データソース]からフィールドをドラッグして、フォーム上にドロップする。
  queryFieldsの「仕入れ先」フィールドをドラッグする。
  dataFieldsの「在庫管理」テーブルをドラッグする。
  抽出に使う「仕入れ先」テキストボックスができた。
  実際のデータを表示する「在庫管理」繰り返しテーブルができた。

 このようにして作ったフォームをプレビューし(ツール・バー上の[フォームのプレビュー]ボタンをクリックする)、「仕入れ先」テキストボックスに仕入れ先名称を入力し、[クエリの実行]ボタンをクリックすると、次のようにデータベースから仕入れ先で抽出されたデータが「在庫管理」の繰り返しテーブルに表示される。

クエリの実行
文字列を入力してクエリを実行すると、指定されたデータを持つレコードの一覧が返される。
  「仕入れ先」テキストボックスに仕入れ先名称「A商会」を入力する。
  「クエリの実行」ボタンをクリックする。
  「在庫管理」繰り返しテーブルにA商会を仕入れ先とするデータが表示される。
 

 INDEX
  [Windowsシステム運用]InfoPath−SQL Server連携で構築するC/Sシステム
  第1回 InfoPathをSQL Serverに接続する
    1.InfoPathからSQL Serverのストアド・プロシージャを呼び出す
    2.SQL Serverに接続するためのデータ接続を作成する
  3.データ接続の確認とフォームでの利用
    4.ドロップダウン・リストでセカンダリ・データソースを利用する
 
 運用

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH