運用 Windows管理ツール再入門
Windows管理ツールの共通フレームワーク「MMC」

3.Windowsで利用可能なスナップイン

一色政彦
2003/10/17


 MMCスナップインは、Windows OSの多くの管理ツールで使われている。プログラム・メニューまたはコントロール・パネルの[管理ツール]で表示されるツールのほとんどがMMCスナップインだ。ここでは、Windows Server2003およびWindows 2000 ServerのMMCスナップインを以下の表にまとめておく(Windows XPおよび2000 Professionalの管理ツール・スナップインは省略したが、サーバ用の管理ツール以外はほぼ共通のスナップインが使われている)。ただし、この表に一覧したのは代表的なものだけで、必ずしもすべてを網羅したわけではない。Windows OSで標準的に提供されるものに加え、リソースキットやSQL Server、Exchange Serverなどでもオプションのスナップインが提供されている。なお、これらのスナップインは冒頭で紹介した方法と同じように[ファイル名を指定して実行]で.MSCファイルを指定して実行することで簡単に呼び出すことができる。

スナップイン .MSCファイル Windows Server 2003 Windows 2000 Server 備考
Active Directory サイトとサービス dssite.msc
Active Directory ドメインと信頼関係 domain.msc
Active Directory ユーザーとコンピュータ dsa.msc
DHCP マネージャ dhcpmgmt.msc
DNS Manager dnsmgmt.msc
FAX サービス マネージャ fxsadmin.msc
FAX サービスの管理 faxserv.msc
QoS 受付制御 acssnap.msc
Server Extenions の管理 fpmmc.msc
呼び出し:%SystemDrive%\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\web server extensions\40\bin\fpmmc.msc
Windows Management Infrastructure (WMI) wmimgmt.msc
アプリケーション サーバー appsrv.msc
イベント ビューア eventvwr.msc
インターネット インフォメーション サービス Iis.msc
呼び出し:%SystemRoot%
\system32
\inetsrv\iis.msc
インターネット認証サービス ias.msc
インデックス サービス ciadv.msc
グループ ポリシー gpedit.msc
コンピュータの管理 compmgmt.msc
コンポーネント サービス comexp.msc
呼び出し:%SystemRoot%
\system32
\Com\comexp.msc
サービス services.msc
ターミナル サービス構成 tscc.msc
ディスク デフラグ dfrg.msc
ディスクの管理 diskmgmt.msc
デバイス マネージャ devmgmt.msc
テレフォニー tapimgmt.msc
ドメイン コントローラ セキュリティ ポリシー dcpol.msc
ドメイン セキュリティ ポリシー dompol.msc
パフォーマンス perfmon.msc
ファイル サーバーの管理 Filesvr.msc
ポリシーの結果セット rsop.msc
リムーバブル記憶域 ntmsmgr.msc
リムーバブル記憶域の操作要求 ntmsoprq.msc
リモート デスクトップ tsmmc.msc
ルーティングとリモート アクセス rrasmgmt.msc
ローカル セキュリティ設定 secpol.msc
ローカル ユーザーとグループ lusrmgr.msc
共有フォルダ fsmgmt.msc
承認マネージャ azman.msc
証明機関 certsrv.msc
証明書 certmgr.msc
証明書テンプレート certtmpl.msc
分散ファイル システム Dfsgui.msc
管理ツールの内容
本リストはすべてのMMCスナップインを掲載していない(筆者が確認したスナップインのみを挙げている)。Windowsコンポーネントを追加しないと利用できないスナップインがある。
[備考]に「呼び出し:〜」と記述されている項目は、[ファイル名を指定して実行]でフルパスを指定しないと起動できない。
「%SystemRoot%」はシステム・ルートを表し、通常は「C:\Windows」になる。
「%SystemDrive%」はシステム・ドライブを表し、通常は「C:\」になる。

 以上、Windows Server 2003およびWindows 2000 ServerのMicrosoft管理コンソール・ファイル(.MSCファイル)について紹介したが、実はこの.MSCファイルは独自のものを新たに作成できる。次にその作成方法を紹介しよう。


 INDEX
  [運用]Windows管理ツール再入門
  Windows管理ツールの共通フレームワーク「MMC」
    1.MMCの基礎
    2.MMCのウィンドウ・スタイル
  3.Windowsで利用可能なスナップイン
    4.新しい.MSCファイルを作成する
 
 運用

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH