運用
Windowsの標準機能だけでできる
ノートPC情報漏えい対策のポイント

6.対策5:リモート・アクセス用のパスワードを保存しない

井上孝司
2004/09/09

 リモート・アクセスを使ったネットワーク接続では、接続時のユーザー認証に使用するユーザー名とパスワードを記憶させておくことができる。この機能を使って情報を記憶させておけば、次回からはユーザー名もパスワードも指定しないで、簡単に接続できるようになる。自分だけが使うなら便利な機能だが、ノートPCが第三者の手に落ちた場合、入手した人物がネットワークに自由に接続できてしまうことを意味している。企業ネットワークに対するリモート・アクセスは、LANに対する透過的なアクセスを可能にするので、不正接続された場合のダメージが大きい。そのことを考えると、多少不便ではあっても、持ち歩くノートPCのログオン情報は記憶させるべきではない。

リモート・アクセスの接続画面
リモート・アクセスやVPNでネットワークに接続する場合には、この画面が表示される。ここで指定すれば、ログオンに成功したユーザー名とパスワードを記録し、次回以降は指定しなくても簡単にリモート接続ができるようになる。しかし持ち歩くノートPCでは、接続情報の記録は行うべきでない。
  このチェック・ボックスをオンにすると、接続に成功したユーザー名とパスワードが記憶される。このチェック・ボックスはオフに設定し、毎回ユーザー名とパスワードを入力するようにする。
  記憶した情報を現在のユーザーのみ使えるようにする。
  記憶した情報を任意のユーザーが使えるようにする。
 

 INDEX
  [運用]Windowsの標準機能だけでできるノートPC情報漏えい対策のポイント
    1.ノートPCをうっかり紛失。そのときあなたは?
    2.対策1:BIOSパスワード/ハードディスク・パスワードを設定する
    3.対策2:起動時の自動ログオン無効化
    4.対策3:スタンバイ復帰時のパスワード要求
    5.対策4:EFSによるファイル暗号化
  6.対策5:リモート・アクセス用のパスワードを保存しない
    7.対策6:共有フォルダ接続時のパスワードを保存しない(ワークグループ構成時)
    8.対策7:Webブラウズ用パスワードを保存せず、毎回入力するようにする
 
 運用

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • Google認証アプリとiPhoneで2段階認証を実現する (2014/11/26)
     オンラインサービスのアカウント乗っ取り防止に有効な「2段階認証」。無償のGoogle認証アプリとiPhone/iPadを組み合わせて実現する方法とは?
  • 第439話 明鏡止水 (2014/11/25)
     心が静かに澄み切ったこの感覚。困難を乗り越えてプロジェクトを完了したときに感じられるこの感覚を味わうために、わしは生きておる…
  • Outlook.comで複数のメールアドレスを作成する (2014/11/21)
     Outlook.comのエイリアス機能を使って複数のメールアドレスを作成する方法を解説する。用途別にメールアドレスを使い分けることも可能だ
  • MacBook Airへの環境移行に踏み出そう (2014/11/20)
     Windows PCからのMacbook Airへの環境の移行を行う。MacBook AirでWindows PCと同様の環境が構築できるのか
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第6回 チーフデータオフィサー(CDO)の必要性
前回は「データ活用を成功させるためポイント」として、1)ビッグデータへの対応、2)IT...

プレイウィズ、「WebCM動画制作×動画DSP広告」を融合した広告サービスを開始
プレイウィズは11月25日、動画制作と動画DSP広告を一括で請け負う「WebCM動画制作×動画D...

アパレルITベンチャーのIROYA、ネットで選んだ品物を店舗で試着可能に
「色から、モノを好きになる」をテーマに、色をコンセプトにしたリテールテイメント事業...