運用
Windowsの標準機能だけでできる
ノートPC情報漏えい対策のポイント

6.対策5:リモート・アクセス用のパスワードを保存しない

井上孝司
2004/09/09

 リモート・アクセスを使ったネットワーク接続では、接続時のユーザー認証に使用するユーザー名とパスワードを記憶させておくことができる。この機能を使って情報を記憶させておけば、次回からはユーザー名もパスワードも指定しないで、簡単に接続できるようになる。自分だけが使うなら便利な機能だが、ノートPCが第三者の手に落ちた場合、入手した人物がネットワークに自由に接続できてしまうことを意味している。企業ネットワークに対するリモート・アクセスは、LANに対する透過的なアクセスを可能にするので、不正接続された場合のダメージが大きい。そのことを考えると、多少不便ではあっても、持ち歩くノートPCのログオン情報は記憶させるべきではない。

リモート・アクセスの接続画面
リモート・アクセスやVPNでネットワークに接続する場合には、この画面が表示される。ここで指定すれば、ログオンに成功したユーザー名とパスワードを記録し、次回以降は指定しなくても簡単にリモート接続ができるようになる。しかし持ち歩くノートPCでは、接続情報の記録は行うべきでない。
  このチェック・ボックスをオンにすると、接続に成功したユーザー名とパスワードが記憶される。このチェック・ボックスはオフに設定し、毎回ユーザー名とパスワードを入力するようにする。
  記憶した情報を現在のユーザーのみ使えるようにする。
  記憶した情報を任意のユーザーが使えるようにする。
 

 INDEX
  [運用]Windowsの標準機能だけでできるノートPC情報漏えい対策のポイント
    1.ノートPCをうっかり紛失。そのときあなたは?
    2.対策1:BIOSパスワード/ハードディスク・パスワードを設定する
    3.対策2:起動時の自動ログオン無効化
    4.対策3:スタンバイ復帰時のパスワード要求
    5.対策4:EFSによるファイル暗号化
  6.対策5:リモート・アクセス用のパスワードを保存しない
    7.対策6:共有フォルダ接続時のパスワードを保存しない(ワークグループ構成時)
    8.対策7:Webブラウズ用パスワードを保存せず、毎回入力するようにする
 
 運用

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • Googleカレンダーで数年後の年月日へ素早く移動する (2014/12/18)
     PC版Googleカレンダーで数年後の予定を追加するには、[次]ボタンを何十回もクリックしなければならず面倒だ。そこを数回のクリックですぐ移動する方法とは?
  • PC版Gmailで常に「全員」へ返信する (2014/12/17)
     PCのWeb版Gmailで返信メールを起稿すると、デフォルトでは元のメールの送信者だけに返信される。他の受信者も含めて全員に返信されるようにするには?
  • 第442話 大は小を兼ねる (2014/12/16)
     「迷ったら、小さい方より、大きい方を選んでおくといいぞ。『大は小を兼ねる』というからね」「先生、そうとばかりは限りません」
  • 組織導入のためのChromebook管理術 (2014/12/15)
     日本でも販売された「Chromebook」。組織導入を検討しているところも多いのでないだろうか。そこでChrome管理コンソールを使った管理方法を解説する
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第4回 お客さまと対話するCCO
企業の中において顧客への提供価値の連続性とその向上に責任を持つCCOとは別に、お客さま...

国内IoT広告市場、2020年には5倍に成長〜スパイスボックスが調査〜
スパイスボックスは12月17日、シード・プランニングのデジタル領域の市場/サービス調査...

日本オラクル、「Oracle Service Cloud」の新機能「Service Collaboration」を提供開始
日本オラクルは12月18日、カスタマーサポート業務を支援するクラウドソリューション「Ora...