[運用]
ビジネス・ユーザーのためのOffice 2007新ファイル・フォーマット対策ガイド

2.Office 2007形式が引き起こす問題とその対応策

井上 孝司
2008/04/24

Office 2007形式のデータが企業で引き起こす問題とは?

 このようにOffice 2007では、従来の独自バイナリ・フォーマットから、オープンなOpenXML形式への移行を打ち出したわけだが、これらは互換性がないため、複数のOfficeバージョンが混在する環境では問題が起こる。

 もちろん新しいOffice 2007は、従来の97-2003形式のファイルを問題なく読み込んだり、編集したりできるようになっている。問題は、Office 2007で作成した文書をOffice 2003以前のバージョンで扱おうとしたときだ。Office 2007で文書を新規作成した場合、デフォルトではOffice 2007形式でファイルが保存される。このファイルをOffice 2003以前のバージョンで開こうとしても、OpenXML形式に対応していないので、対策を講じない限りファイルを開こうとしても開けない(Office 2003以前でOffice 2007形式のファイルを開く方法については後述)。以下は、Word 2007で作成したファイルを、Word 2003で開こうとしたときに表示されるエラー・メッセージである。

Word 2007で作成したOpenXML形式の文書をWord 2003で開いたときに表示されるメッセージ
Word 2007形式のファイルを開くには、マイクロソフトが無償配布しているOffice互換機能パックをインストールする必要がある。

 特に困るのは、社内での文章交換にとどまらず、社外への文書送付でも同様の問題が発生することだ。電子メールにOffice文書ファイルを添付して取引先などに送付する場面である。コンピュータの専門家でないOfficeユーザーの多くは、自分がどのバージョンのOfficeを使っているかなど意識していないし、保存した文書のフォーマットが何かなどは気にしていない。何らかの理由でOffice 2007に乗り換えたユーザーは、いままでどおりOfficeで文書を作成して保存し、いままでどおりメールに添付して相手に送っただけなのに、突然「開けない」と叱られることになる。

Office 2007ファイルが引き起こす問題
Office 2007ユーザー同士はもちろん問題なくファイルを相互に利用できるが、Office 2003など以前のバージョンのユーザーは、明示的に対策しなければOffice 2007ファイルは開けない。また社内をOffice 2007に統一したとしても、添付ファイルなどでOffice 2007ファイルを社外に送付すると、相手が文書を開けない可能性がある。

Office 2007フォーマットの対策方針

 このような問題を回避するための方針は、大きく以下の2つがある。1つは、新しいOffice 2007形式は使わず、Office 2007ユーザーを含めて、すべての文書を従来の97-2003形式で統一する方法だ。そしてもう1つは、逆にOffice 2007形式で統一し、旧版Officeユーザーには、Office 2007形式のファイルを開けるようにする無償の追加モジュール(Office互換機能パック)を追加インストールしてもらう方法である。

Office 2007フォーマットへの対策方針
企業での対策方針は、古い97-2003形式で統一するか、新しい2007形式で統一するかの2つがある。それぞれに長所短所がある。

 各方式の詳細と、多数のクライアントが存在する場合の組織的な設定方法などについて、以下でそれぞれ解説しよう。


 INDEX
  [運用]ビジネス・ユーザーのためのOffice 2007新ファイル・フォーマット対策ガイド
    1.Office 2007における新ファイル・フォーマット採用の理由
  2.Office 2007形式が引き起こす問題とその対応策
    3.対応策1:97-2003形式で統一する
    4.対応策2:2007形式で統一する

 運用

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH