運用
Windows Server Update Services(後編)

2.グループ管理機能

デジタルアドバンテージ 小川 誉久/DA Lab
2005/08/31

任意のコンピュータをグループ単位で制御できる「グループ機能」

 実際のパッチ管理では、以下のような理由から、一部のコンピュータから段階的にパッチ適用を広げたいと考えることが多い。

  • パッチ適用による不具合発生のリスクを低減したい。いきなり全社のコンピュータにパッチを展開して万一不具合が発生すると、影響が全社に及んでしまう。

  • 特定の部署、特定のハードウェア/ソフトウェア構成、コンピュータの用途などで共通するコンピュータをひとまとめにして管理し、パッチ適用作業を簡略化したい。

 従来のSUSでは、このようなグループ単位に対応を変更したければ、複数のSUSサーバを構築し、SUSサーバ単位で設定を変更するしかなかった。理屈のうえでは可能だが、現実にはほとんど不可能である。

 これに対しWSUSでは、WSUS上で、簡単にグループを作成し、任意のコンピュータをグループに分類し、グループ単位でパッチ管理戦略を変更できるようになった。グループを作成するには、WSUSの[コンピュータ]メニューを実行し、左上にある[タスク]で[コンピュータグループの作成]をクリックする。

[コンピュータ]メニューの[コンピュータ グループの作成]タスク
新しいグループを作成するには、WSUSの[コンピュータ]メニューにある[コンピュータグループの作成]タスクをクリックする。

 すると次のようなダイアログが表示される。ここでは作成したいグループ名を入力する。

グループ名の指定
作成したいグループ名を入力する。

 グループ名を入力して[OK]ボタンをクリックすると、グループが作成され、グループ一覧に表示される。

追加されたグループ
新しいグループが一覧に追加された。
  今回作成したグループ。まだグループに含まれるコンピュータは1台もないため、右側の数字は0になっている。

 作成したグループにコンピュータを追加するには、右側のペインにあるコンピュータ一覧から、グループを変更したいコンピュータを選択し、タスクの[選択したコンピュータの移動]をクリックし、表示されるダイアログで移動先のグループを指定する。

移動先グループの指定
移動先グループを指定する。
  ドロップダウン・リストボックスで、グループ一覧から移動したいグループを選択する。

 ここで[OK]ボタンをクリックすれば、コンピュータはグループに移動される。なお、ここではWSUSサーバの機能を使ってコンピュータを特定のグループに分類したが、Active Directoryのグループ・ポリシーを利用して、クライアント・コンピュータを特定のグループに分類することも可能だ。

 こうしてグループに分類すると、以後、グループ単位で更新プログラムの承認やインストール期日(後述)の設定、検出結果の閲覧ができるようになる。

 ただし、このグループ機能にはあまり柔軟性はない。まず、1つのWSUSクライアントは、1つのグループにしか所属できない。グループを階層的に管理したり、1つのコンピュータを複数のグループに重複して分類させたりすることはできない。

WSUSのグループ
各WSUSクライアントは、いずれか1つのグループに属するか、どのグループにも属さないかのどちらかである。グループ単位の設定は、図の点線の単位で指定できる。

 どのグループにも属さないコンピュータは、「割り当てられていないコンピュータ」というグループに属しているものと見なされる。図の点線の枠の単位で、更新プログラムの設定などが可能である。

 なお、OSの種類などによって、自動的にグループを分類させる方法などもない。OSごとにグループを分けたければ、グループの作成から分類まで、基本的にはすべてを手作業で実行する必要がある(グループ・ポリシーとWMIフィルタを利用して、OSごとに自動的にグループ分けをするなどは可能)。またWSUSクライアントがサーバにアクセスにくるまでは、WSUSクライアントはコンピュータ一覧に表示されないので注意を要する。


 INDEX
  [運用]Windows Server Update Services(前編)
    1.マイクロソフトが提供するパッチ管理サービスの種類と特徴
    2.WSUSの新機能、機能強化点
 
  [運用]Windows Server Update Services(後編)
    1.WSUSの基本機能
  2.グループ管理機能
    3.クライアントからのアクセス周期と期日指定インストール
    4.パッチを適用しない「検出のみ」機能
    5.レポート機能
    6.同期オプションとアンインストール機能
    7.WSUSサーバのチェーン化とWSUSの注意点
 
 運用

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH