[Q&A]
そこが知りたい
Windows Server Update Services(第1回)

Q2 [コンピュータ]にクライアントPCが表示されない(その1)

Microsoft MVP
Windows Server System - Microsoft Update Services
創報 山近 慶一
2006/08/11


Q1 「オプション」画面で設定できる項目が少ない [コンピュータ]にクライアントPCが表示されない(その1)

現象の詳細:

 クライアントPCが、数時間たってもWeb管理コンソールの[コンピュータ]に表示されない。 

回答 回答

 この問題は、大きく分けて次の3つの原因が考えられる。それぞれの原因ごとに、以下で詳しく説明しよう。

  • 原因1 グループ・ポリシーの設定が誤っている。
  • 原因2 ネットワークの構成が誤っている。
  • 原因3 自動更新がWSUSサーバへのアクセスを保留している。

原因1 グループ・ポリシーの設定が誤っている

gpupdateでグループ・ポリシーの適用を強制する(Windows TIPS)

 Active Directoryドメイン環境でグループ・ポリシーを編集した場合、グループ・ポリシーの適用対象となるコンピュータに問題のクライアントPCが含まれていない可能性がある。グループ・ポリシーをリンクしたサイト、ドメイン、組織単位(OU)と、その継承先にクライアントPCのコンピュータ・アカウントがあることを確認しよう。強制的にグループ・ポリシーの変更を反映させる、「Gpupdate /force」コマンドをクライアントPCで実行したり、[ポリシーの結果セット]管理コンソールで適用状態をチェックしたりしてみるのも有効だ。

 クライアントPCでローカル・グループ・ポリシーを編集した場合は、[自動更新を構成する]ポリシーを有効にした上で、[イントラネットのMicrosoft更新サービスの場所を指定する]ポリシーに2個所、「http://<WSUSサーバ名>/」を設定していることを確認する(画面5)。レジストリを編集した場合も、これらのポリシーに対応したレジストリ値をチェックしよう。[イントラネットのMicrosoft更新サービスの場所を指定する]ポリシーに設定したURLをWebブラウザで開いてみて、WSUSサーバをホストするWebサイトにアクセスできるか確認してもよい。

画面5 [イントラネットのMicrosoft更新サービスの場所を指定する]ポリシーのプロパティ・ダイアログ
ここで、WSUSサーバをホストするWebサイトのアドレスが正しく設定されていることを確認する。
  [有効]オプションを選択して、ポリシーを有効にする。
  WSUSサーバをホストするWebサイトのURLを、2個所記入する。TCPポート80以外を使用するWebサイトの場合は、URLにポート番号を含めて「http://<Webサーバ名>:<ポート番号>/」としよう。

原因2 ネットワークの構成が誤っている

 グループ・ポリシーの設定に誤りがない場合は、ネットワーク機器の設定と、DNSサーバやWebサーバなどのネットワーク・サービスをチェックしよう。チェックポイントは次のとおりだ。

  • ルータやファイアウォール、プロキシサーバなどが、TCPポート80(HTTP)およびTCPポート443(HTTPS)への通信をブロックするよう構成されていないか。

  • クライアントPCにインストールしたパーソナル・ファイアウォールが、WSUSサーバとの通信を遮断していないか。

  • WSUSサーバをホストするWebサイトで、アクセス制限機能が有効になっていないか。

  • クライアントPCが参照するDNSサーバが、Webサーバ(WSUSサーバ)のホスト名やFQDN(フルコンピュータ名)、NetBIOSコンピュータ名を解決できるか。

 そのほかのネットワーク・トラブルとしては、WSUSシステムの「セルフ・アップデート」機能のトラブルが考えられる。セルフ・アップデートは、クライアントPCで実行中の自動更新エージェントを、WSUS対応版にアップデートする機能だ。WSUSサーバをホストするWebサイトに「/Selfupdate」という仮想ディレクトリがあり、クライアントPCはここから新しいバージョンの自動更新をダウンロードしてインストールする(画面6)。Windows 2000やWindows XP SP1など、WSUSに対応していないバージョンの自動更新を実行するクライアントPCは、まずセルフ・アップデートを完了しないとWSUSサーバを利用できない。

画面6 WSUSサーバをホストするIISの仮想ディレクトリ
WSUSサーバをホストするWebサイトに「/Selfupdate」という仮想ディレクトリがあり、ここに自動更新エージェントが保持されている。新しい自動更新エージェントがあると、クライアントPCはここからそれをダウンロードしてインストールする。
  Selfupdate仮想ディレクトリの項目。

 WSUSサーバとWSUS対応版の自動更新は、TCPポート80以外のポートを使用するWebサイトでも正しく機能するが、WSUS非対応の自動更新がセルフ・アップデートを完了するには、TCPポート80を使用するWebサイトが必要だ(画面7)。特に、既存のWebサーバをWSUSサーバに流用した場合は、Webサイトのサービス・ポート番号に注意しよう。

画面7 WSUS非対応の古い自動更新エージェントがインストールされたコンピュータの[システムのプロパティ]−[自動更新]タブ
[システムのプロパティ]−[自動更新]タブがこの形式のコンピュータは、WSUS非対応の古い自動更新エージェントがインストールされている。このようなコンピュータが新しい自動更新エージェントをダウンロードするには、TCPポート80を使用するWebサイトでWSUSがホストされている必要がある。

原因3 自動更新がWSUSサーバへのアクセスを保留している

 すべての設定と構成に問題がなければ、自動更新の仕様に基づく「アクセス待ち」と考えてよいだろう。自動更新のデフォルト設定では、約22時間のインターバルでWSUSサーバにアクセスする。自動更新を未構成のクライアントPCを、グループ・ポリシーやレジストリ編集でWSUSサーバにアクセス可能になっても、その時点から最長22時間はWSUSサーバにアクセスしないのだ。WSUSに対応していないバージョンの自動更新がクライアントPCで実行されている場合は、セルフ・アップデートとWSUSサーバへのアクセスがそれぞれ最長22時間のインターバルで行われるので、さらにアクセス待ち時間が長くなる。

 WSUS対応版の自動更新が実行されている場合、もっと短い時間でクライアントPCをWSUSサーバにアクセスさせるには、次の2つの方法のいずれか、または両方を実行しよう。

方法1 グループ・ポリシーの[自動更新の検出頻度]ポリシーを有効にして、22時間より短いインターバルを設定する(画面8)。最短のインターバルは1時間だ。ただし、Webサーバやデータベースに負荷がかかるため、チェックが終わったら余裕を持ったインターバルに修正しておこう。

画面8 グループ・ポリシーの[自動更新の検出頻度]ポリシー
このポリシーを変更すれば、デフォルトの22時間よりも短い間隔で、WSUSクライアントがWSUSサーバにアクセスするように変更できる。
  [有効]オプションを選択して、ポリシーを有効にする。
  スピン・コントロールを使って適切なインターバルを設定する。1時間〜22時間の間で、1時間単位で設定できる。

 WSUSに対応していないバージョンの自動更新エージェントが実行されている場合は、「サポート技術情報」の自動更新 2.2 の検出サイクルを強制的に実行する方法の手順を実行して、インターバルを短縮することができる。


 INDEX
  [Q&A]そこが知りたい Windows Server Update Services(第1回)
  Q1 「オプション」画面で設定できる項目が少ない
Q2 [コンピュータ]にクライアントPCが表示されない(その1)
  Q3 [コンピュータ]にクライアントPCが表示されない(その2)
 
 運用

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH