[Q&A]
そこが知りたい
Windows Server Update Services(第1回)

Q3 [コンピュータ]にクライアントPCが表示されない(その2)

Microsoft MVP
Windows Server System - Microsoft Update Services
創報 山近 慶一
2006/08/11

Q1 「オプション」画面で設定できる項目が少ない [コンピュータ]にクライアントPCが表示されない(その2)

現象の詳細:

 Web管理コンソールの[コンピュータ]に表示されていたクライアントPCが、現れたり消えたりする。また、別のクライアントPCが表示されたりする。どの場合も、最終的に一覧表示されるクライアントPCの総数は変わらない。 

回答 回答

 クライアントPCが出現と消滅を繰り返したり、別のクライアントPCが表示されたりする現象が発生したら、イメージ複製ツールを使ってWindowsをインストールしたことがあるか確認しよう。一時的にせよ、クライアントPCがWeb管理コンソールの[コンピュータ]に表示されたということは、グループ・ポリシーやレジストリの設定は正しいと考えてよいし、ネットワーク・トラブルの可能性も低い。そして、一覧表示されるクライアントPCの数に変化がないということは、データベースのトラブルによって登録済みクライアントPCのレコードが消えているわけでもない。

 WSUSサーバは、クライアントPCの「HKEY_LOCAL_MACHINEの\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate」レジストリ・キーにある、「SusClientId」レジストリ値の設定値を使ってクライアントPCを識別している(画面9)。WSUSサーバは、クライアントPCから送られてきたIDがデータベースに登録されていなければ新しいレコードを作成し、既存のIDであればレコードを更新する。

画面9 レジストリ・エディタで「SusClientId」の値を確認したところ
WSUSは、レジストリのSusClientIdの値を使ってコンピュータを管理している。この値が複数のコンピュータで同じになっていると、質問のような問題が発生する。

 そこで問題になるのが、複数のクライアントPCをイメージ複製ツールでインストールした場合だ。グループ・ポリシーやレジストリを編集して、WSUSサーバに正常にアクセス可能な状態のソースPCからインストール・イメージを作成し、ほかのPCにイメージを展開してインストールすると、「SusClientId」レジストリ値の設定値がソースPCと重複してしまうのだ。

 例えば、PC「xppro1」をソースとして複製したPC「xppro2」がある場合、[コンピュータ]にいったんPC「xppro1」が表示されても、しばらくするとPC「xppro2」が現れて、見掛け上はPC「xppro1」が消えてしまう。さらに時間が経過すると、今度はPC「xppro2」が消えて再びPC「xppro1」が現れる。どちらが先に表示されて先に消滅するかは、クライアントPCがWSUSサーバにアクセスするタイミングによる。このとき、WSUSサーバはPC「xppro1」とPC「xppro2」を同一PCと認識しているので、一覧に表示されるクライアントPCの数は常に1台だ。

 さて、この問題を解決するには、イメージ複製ツールでセットアップしたクライアントPC上で、次の手順を実行して「SusClientId」レジストリ値などを再作成すればよい。

1.管理者としてログオン

 クライアントPCに、管理者ユーザーとしてログオンする。

2.WUAUSERVサービスの停止

 コマンド・プロンプトを開いて、次のコマンドを実行する(画面10)。

NET STOP WUAUSERV

画面10 新しいSusClientIDを割り当てるためのコマンド実行
WSUSサーバにアクセスする自動更新サービスをいったん停止し、レジストリに記録されたIDを削除し、再度サービスを開始して、WSUSサーバにクライアントを強制検出させる。

3.レジストリ・エディタを開く

 続いて次のコマンドを実行し、レジストリ・エディタを開く。

Regedit

4.レジストリ・キーを開く

 レジストリエディタの左ペインで「HKEY_LOCAL_MACHINE の \SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate」を開く。

5.値の削除

 右ペインで、以下のレジストリ値を削除する(画面11)。該当するレジストリ値がなければ無視してよい。設定値(データ)を削除するのではなく、「SusClientId」といった値の名前そのものを削除することに注意してほしい。

  • PingID
  • AccountDomainSid
  • SusClientId
画面11 レジストリ・エディタで値を削除する
レジストリ・エディタを開き、PingID、AccountDomainSid、SusClientIdを削除する。これらが存在しない場合は無視してかまわない。

6.サービスの再スタート

 レジストリ・エディタを終了し、コマンド・プロンプトに戻って次のコマンドを順に実行する。

NET START WUAUSERV
Wuauclt /ResetAuthorization /DetectNow

7.反映されるまで待つ

 コマンド・プロンプトを終了し、約10分クライアントPCをアイドル状態にする。

8.確認

 WSUS Web管理コンソールの[コンピュータ]を開いて、クライアントPCが表示されたことを確認する。End of Article


 INDEX
  [Q&A]そこが知りたい Windows Server Update Services(第1回)
  Q1 「オプション」画面で設定できる項目が少ない
  Q2 [コンピュータ]にクライアントPCが表示されない(その1)
Q3 [コンピュータ]にクライアントPCが表示されない(その2)
 
 運用

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH