[Q&A]
そこが知りたい
Windows Server Update Services(第8回)

Q1 WSUSサーバを移行するには?(2)―データベースのアタッチ

Microsoft MVP
Windows Server System - Microsoft Update Services
創報 山近 慶一
2008/03/19

データベースのアタッチ操作

 次は新しく用意したWSUSサーバに、データベース・ファイルをアタッチして、移行作業を完了させる。

 移行先の新サーバには、あらかじめWSUSサーバ・コンポーネントとSQL Server用のFeature Packをインストールし、更新プログラム・ファイルもコピーしておく。WSUSサーバ・コンポーネントのインストール時に、「Windows Server Update Services設定ウィザード」を実行する必要はない。デタッチしたSUSDBデータベースを新サーバにアタッチすれば、自動的に設定も完了するためだ。

1.「データベースのデタッチ」の手順を、新サーバでも実行する。WSUSサーバ・コンポーネントのインストール時に作成される、空のSUSDBデータベースはアタッチの障害になるためだ。次のコマンドを順に実行する。

NET STOP WsusService
IISRESET /STOP
NET PAUSE MSSQL$MICROSOFT##SSEE
NET CONTINUE MSSQL$MICROSOFT##SSEE
Sqlcmd -S \\.\pipe\MSSQL$MICROSOFT##SSEE\sql\query -E -Q "EXEC sp_detach_db SUSDB"

2.SUSDBデータベース用のファイル「SUSDB.mdf」および「SUSDB_log.ldf」を旧サーバから取り出して、新サーバに上書きコピーする。これらのファイルは、WSUSサーバ・コンポーネントのインストール時に「データベースのオプション」画面で指定したフォルダの「UpdateServicesDbFiles」サブフォルダに保存されている。

画面5 SUSDBデータベース用ファイルの上書きコピー

<データベース・パス>\UpdateServicesDbFiles」フォルダから取り出したSUSDBデータベース用のファイル群を、新サーバ・マシンに上書きする。

この新サーバでは、「E:\WSUS\UpdateServicesDbFiles」フォルダにデータベース・ファイルとログ・ファイルが保存されている。
SUSDBデータベースは、「SUSDB.mdf」と「SUSDB_log.ldf」の2つのファイルで構成される。これらをコピー元のファイルで上書きする。

3.次のコマンドを実行して、データベース・ファイルとログ・ファイルをアタッチする。「E:\WSUS\UpdateServicesDbFiles」の部分は、新サーバのシステム環境に応じて変更してほしい。

Sqlcmd -S \\.\pipe\MSSQL$MICROSOFT##SSEE\sql\query -E -Q "EXEC sp_attach_db @dbname = N'SUSDB', @filename1 = N'E:\WSUS\UpdateServicesDbFiles\SUSDB.mdf', @filename2 = N'E:\WSUS\UpdateServicesDbFiles\SUSDB_log.ldf'"

 実行結果は次のようになる。

画面6 Windows Internal Databaseのアタッチ
データベース・ファイルとログ・ファイルを、新サーバ・マシンのWindows Internal Databaseにアタッチする。
「sp_attach_db」ストアド・プロシージャを実行して、データベース・ファイルとログ・ファイルをアタッチする。

4.続いて次の2つのコマンドを実行し、停止していたIISとWSUSサーバを再開する。

IISRESET /START
NET START WsusService

 実行結果は次のようになる。

画面7 IISとWSUSサーバの再開
IISとWSUSサーバを再開する。
IISを開始する。
WSUSサーバ・サービスを開始する。

アタッチ後のチェックと修正

 データベースのアタッチとサービスの再開が完了したら、次の点を重点的にチェックしてからWSUSサーバを公開しよう。

■チェック1―状態の確認
  WSUS管理コンソールを開いて、設定や承認状態などに異常がないか確認する。

■チェック2―コンテンツ・フォルダ・パスの確認
  新旧のサーバでコンテンツ・フォルダのパスが異なる場合は、次のコマンドを実行してコンテンツ・フォルダを新しいシステム環境に適合させる(画面8)。コンテンツ・フォルダのパスの違いはWSUS管理コンソールでは確認できないので、注意深くチェックする必要がある。

"%ProgramFiles\Update Services\Tools\Wsusutil.exe" movecontent <移動先のパス> <ログ・ファイル名> -skipcopy

 実行結果は次のようになる。

画面8 コンテンツ・フォルダ・パスの修正
「Wsusutil.exe」コマンドを使って、コンテンツ・フォルダを正しいパスに修正する。
「Wsusutil.exe」コマンドを1行で実行する。実行ファイルのパスにスペースが含まれるので、ダブル・クオーテーションで囲む必要がある。
「コンテンツの移動が正しく完了しました。」と表示されれば、移動操作は正常に終了している。

■チェック3―グループ・メンバシップの確認
  「WSUS Administrators」グループと「WSUS Reporters」グループのメンバシップを設定する。

■チェック4―コンピュータ名やIPアドレスの確認
  コンピュータ名やIPアドレスが変わる場合は、WSUSクライアントに適用されるグループ・ポリシーを修正する。

 以上で、データベースのデタッチとアタッチを使った、WSUSサーバの移行作業は完了である。End of Article


 INDEX
  [Q&A]そこが知りたい Windows Server Update Services(第8回)
    Q1 WSUSサーバを移行するには?(1)―データベースのデタッチ
  Q1 WSUSサーバを移行するには?(2)―データベースのアタッチ

 運用

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH