特集
Windows 2000ファーストインプレッション

デスクトップのプロパティメニュー − アクティブデスクトップ(1/4)

デジタルアドバンテージ
1999/11/12

 Windows 2000のデスクトップを次に示す。オフラインフォルダなど、Windows 2000で新たに追加されたものもあるが、ほとんどはWindows 98やNT 4.0で見馴れたものばかりである。

Windows 2000のデスクトップ

Windows 2000では、デフォルトのデスクトップの色がこの青色になった。「マイ コンピュータ」、「ごみ箱」などのオブジェクトアイコン、[スタート]ボタン、タスクバー、インジケータ領域など、いずれもWindows 98やNT 4.0で見馴れたものばかりである。
 
Windows 2000では、ドキュメントのデフォルトの保存先として多くのアプリケーションで使われる「マイ ドキュメント」のアイコンが最上位に配置されるようになった。ここに表示されているアイコンは、すべてデフォルトのもの。ネットワークの接続先を表すオブジェクトクが「ネットワーク コンピュータ」から「マイ ネットワーク」に変わっている。
 

 

  [スタート]ボタン、クイック起動バー、タスクバーなどの配置は従来から何ら変化なし。必要なら、タスクバーは使わないときに自動的に隠したり、2行以上に拡大したりできる。
 
    オフラインフォルダ(Offline File Folder)。ここを開くと、現在オフラインフォルダで管理されているファイル一覧が表示される。
  インジケータ領域。こちらも形式や配置はWindows 98などから変化はない。ただし各アイコンの使い方などが改良されているものもある。インジケータ領域の上に表示されているのはビルド番号(2128)。これはRC2のもの。
  デスクトップでマウスを右クリックすることで表示されるプロパティメニュー。ここから、アクティブデスクトップの設定を変更したり、画面の解像度を変更したりすることができる。

 このようにWindows 2000では、「マイ ドキュメント」のアイコンがデスクトップアイコンの最上位にデフォルトで表示されるようになった。ただしこの[マイ ドキュメント]アイコンを表示させたくなければ、コントロールパネルの[フォルダオプション]の詳細設定で非表示にすることも可能である。

デスクトップのプロパティメニュー

 何も表示されていないデスクトップ領域でマウスの右ボタンをクリックすると、デスクトップのプロパティメニューが表示される。このように、何らかのオブジェクト(この場合はデスクトップ)を選択(またはオブジェクトの上にカーソルを移動)し、マウスの右ボタンをクリックすると、対応するオブジェクトのプロパティメニューが表示される。プロパティ(property)は「性質」、「特性」などの意味で、このプロパティメニューの各メニュー項目から、対象オブジェクトの状態を確認したり、オブジェクトに関する設定を行ったり、命令を実行したりできる。このためプロパティメニューの内容は、対象となるオブジェクトによって変化することになる。

 こうしたプロパティメニューのインターフェイスは、WindowsのユーザーインターフェイスがWindows 95で一新されたときに追加された。それまでのWindows(Windows 3.xなど)では、マウスの左ボタンのみですべての操作を行えることが前提となっていた(このことは、当時のプログラミングガイドラインにも明記されていた)。3ボタンマウスやホイール付きマウスが一般化してしまった現在では、隔世の感があるが……。

デスクトップのプロパティメニュー

Windows 2000のデスクトップ上でマウスを右クリックすると表示される。画面上は[Webコンテンツの表示]を選択していない場合。画面下は[Webコンテンツの表示]を選択している場合。このプロパティメニュー項目のうち、特に奥が深いのは[アクティブ デスクトップ]項目と、最後の[プロパティ]項目である。
  デスクトップ領域に好みのWebページを表示したければ、この項目を選択する。頻繁にチェックしたいWebページがあるなら、この項目を選択して、そのページをデスクトップに表示するとよいだろう。
  アクティブ デスクトップとして表示するWebページや、自動更新(同期)のタイミング、ダウンロードオプションなどをここから指定する。→
  アクティブ デスクトップとして表示するWebページを指定する。→
  この項目を選択すると、デスクトップにWebコンテンツを表示するためにこの項目以下のオプションが追加表示されるようになる。メニュー項目の左側にあるチェックマークが、現在選択されている属性を示している。
  デスクトップアイコンの表示/非表示を切り替える。[マイ ドキュメント]や[ごみ箱]など、デスクトップ上に常時表示されているアイコンを非表示にしたければ、この項目をオフにする。背面に表示されるデスクトップのコンテンツが見えにくければ、この項目をオフにして、アイコンを非表示にすればよい。
  デスクトップに表示したオブジェクト(Webページなど)の位置やサイズを固定して、変更できないようにするときにはこの項目を選択する。
  この項目を選択(実行)すると、アクティブデスクトップとして設定されたWebコンテンツの内容が更新(同期)される。Webページなら、インターネットから最新のページ情報を取り出してくる。
  デスクトップ項目として追加されたコンテンツが一覧される。ここで任意の項目を選択すると、項目にチェックマークが付き、そのコンテンツがデスクトップに表示されるようになる。

 デスクトップのプロパティメニューの最初のメニュー項目は、[アクティブ デスクトップ]である。このアクティブデスクトップは、Internet Explorer 4.0から追加された機能で、それまではビットマップ画像やパターンなど、静的な情報しか表示できなかったデスクトップ領域にWebブラウザの機能を追加し、Webページなどを表示可能にしたものだ。この機能を利用すれば、たとえば株価情報ページなど、頻繁にチェックしたいインターネット上のWebページをデスクトップ上に常時表示させておくことが可能になる。なおアクティブデスクトップに設定したWebページは、スケジュール機能を利用することで、一定時間ごとに最新情報をインターネットから取り出し、表示することができる(スケジュール設定の詳細については後述)。

 上の画面からわかるとおり、[アクティブ デスクトップ]項目から表示されるサブメニューは、[Webコンテンツを表示]が選択されているかどうかで表示内容が異なる。[Webコンテンツ]を表示を選択すると、デスクトップにWebコンテンツを表示する場合に利用できるオプションのメニュー項目がいくつか追加表示される。

 アクティブデスクトップでWebページが表示されるレイヤは、「マイ コンピュータ」などのデスクトップアイコンよりも背面に位置している。このためデスクトップアイコンとWebページ表示が重なるとWebページが見えにくくなってしまう。このようなときには、[デスクトップ アイコンの表示]をオフにして、アイコンを非表示にする(デフォルトは表示)。

 

デスクトップアイコンを非表示にする

アクティブデスクトップでのWebページは、デスクトップアイコンよりも背面側(奥側)に表示される。このときデスクトップアイコン表示と重複してWebページが見にくければ(画面左)、[デスクトップ アイコンの表示]項目をオフにすると、アイコンが非表示になる(画面右)。

 [デスクトップ項目のロック]は、デスクトップに表示したWebページの表示位置や表示サイズを変更したくないときに選択する(デフォルトは未選択)。通常、デスクトップに表示されたWebページをマウスで選択すると、表示領域の上部と周囲にウィンドウのタイトルバーや枠に相当するものが表示され、この部分をマウスで操作することで、表示位置を変更したり、表示サイズを変更したりできるようになっている。しかしこの項目を選択すると、これらの操作部分が表示されなくなり、位置やサイズが選択不能になる。

 [同期]は、アクティブデスクトップ項目として選択したWebページを手動で更新するための項目である。これを選択すると、インターネット(またはイントラネット)にアクセスして、最新のWebページ情報をデスクトップに表示させることができる(Webブラウザで[最新の情報に更新]を実行した場合と同等)。なお、定期的に表示を更新したければ、スケジュール機能を利用して、一定の時間間隔で自動的に更新処理を行うこともできる(詳細は後述)。

 
     
 INDEX
  [特集]Windows 2000ファーストインプレッション
1. デスクトップのプロパティメニュー−アクティブデスクトップ(1/4)
  2. デスクトップのプロパティメニュー−アクティブデスクトップ(2/4)
  3. デスクトップのプロパティメニュー−アクティブデスクトップ(3/4)
  4. デスクトップのプロパティメニュー−アクティブデスクトップ(4/4)
  5. コントロールパネルの概要(1/3)
  6. コントロールパネルの概要(2/3)
  7. コントロールパネルの概要(3/3)
 
 特集

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH