特集
Windows 2000ファーストインプレッション

コントロールパネルの概要(1/3)

デジタルアドバンテージ
1999/11/19

 Windows 2000のコントロールパネルには、新たにや[ハードウェアの追加と削除]や[電源オプション]、[ゲームコントローラ]といったWindows NT 4.0ではサポートされていなかった設定機能が追加された。これらの機能は、Windows 98ではすでにお馴染みのものだが、これがWindows 2000でも採用されただけではなく、一部については、Windows 98のそれからさらに改良が加えられている。

Windows 2000のコントロール パネル
Windows 2000のコントロールパネルは、プラグ アンド プレイ サポートや電源管理など、新たに追加された機能に関するアプレットが追加され、NT 4.0から引き継がれたアプレットに関してもブラッシュアップがなされている。[ハードウェアの追加と削除]や[電源オプション]、[スキャナとカメラ]、[ゲーム コントローラ]など、従来のNT 4.0にはなかったアプレットが追加されていることが分かる。

 また、全体に言えることがだが、デバイスに関連する設定部分では、各アプレットのダイアログに[トラブルシューティング]ボタンが追加され、ここから段階を追ったトラブルシューティングの作業が行えるようにされている。具体的には、このボタンをクリックすると、対応するヘルプウィンドウが表示され、ここに表示される質問に答えながら、トラブルの原因と対処法を特定しようとするものだ。たとえば次に示したのは、ネットワークカードのプロパティダイアログである。[トラブルシューティング]ボタンが追加されていることが分かるだろう。

新たに追加された[トラブルシューティング]ボタン
Windows 2000のコントロールパネルの各アプレットのうち、主にハードウェアデバイスの設定を行うダイアログには、トラブルの発生時にその原因と対処法を特定するためのボタンが新たに配置された。このボタンをクリックすると、ヘルプウィンドウが表示され、ここでの質問に段階を追って答えていくことで、トラブルの解決できるようにしようするものである。たとえばこの画面は、ネットワークカードの設定ダイアログ。下部に[トラブルシューティング]ボタンが追加されていることが分かる。
  何らかのトラブルが発生したら、対象となるデバイスの設定ダイアログを開き、配置された[トラブルシューティング]ボタンをクリックする。するとヘルプウィンドウが新たに表示され、ここでの質問に順次答えていることで、原因の特定と問題の解消法を探し出す。

 問題を抱えるシステムで、こうしたヘルプに頼るということには少々無理もある。実際この機能が、実際の現場でどれほど役立つかは未知数だ。しかしコンピュータの使い勝手を向上させるためのチャレンジとしては評価できる試みである(ただしRC2でテストした限りでは、このボタンから表示されるヘルプメッセージはまだ英語のままだった)。

 
     
 INDEX
  [特集]Windows 2000ファーストインプレッション
  1. デスクトップのプロパティメニュー−アクティブデスクトップ(1/4)
  2. デスクトップのプロパティメニュー−アクティブデスクトップ(2/4)
  3. デスクトップのプロパティメニュー−アクティブデスクトップ(3/4)
  4. デスクトップのプロパティメニュー−アクティブデスクトップ(4/4)
5. コントロールパネルの概要(1/3)
  6. コントロールパネルの概要(2/3)
  7. コントロールパネルの概要(3/3)
 
 特集

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH