特集

Windows 2000ファーストインプレッション


デジタルアドバンテージ
1999/11/12

 Windows 2000では、インストーラの完成度が高いこともあって、たとえば既存のWindows 98環境やWindows NT 4.0環境をWindows 2000にアップグレードしても、あまり実感がわかない。デスクトップ上に「マイ コンピュータ」や「ごみ箱」など、よく使うオブジェクトのアイコンが配置されているのも、画面の左下に[スタート]メニューがあって、ここからさまざまなプログラムを起動できることも、現在実行されているプログラムが画面下端のタスクバーに一覧され、これらをクリックすることでアクティブウィンドウを切り替えられることも、すべては従来のそれと同じだ。

 使い勝手はWindows 98とたいして変わらないな…、と思ってWindows 2000を使い始める人が圧倒的に多いに違いない。しかしいざ使い始めてみると、設定の確認場所や変更場所がWindows 98やNT 4.0とは違っていたり、機能自体が拡張されていて、未知のオプションが追加されていたりと、細かい部分ではかなり手が入れられていることがわかる。

 本稿の目的は、デスクトップや[スタート]メニュー、タスクバー、コントロールパネルなど、Windows 2000環境を使いこなすためには避けて通れない主要な部分について、それらの使い方を駆け足でご紹介することだ。

 なお本稿では、なるべく画面写真などを豊富に使いながら、解説することを心掛けた。ご承知のとおり、解像度の低いディスプレイで読まれるWebページでは、画面などのビジュアル要素と、これに関する説明をいかに分かりやすく、低コストで(少ないデータ量で)構成するのか、その手法はまだ確立されていない。本稿の方式がベストだとは思わないが、そのチャレンジの1つとして評価していただき、読者の方々のご意見をいただければ幸いである。

   
     
 INDEX
[特集]Windows 2000ファーストインプレッション
  1. デスクトップのプロパティメニュー−アクティブデスクトップ(1/4)
  2. デスクトップのプロパティメニュー−アクティブデスクトップ(2/4)
  3. デスクトップのプロパティメニュー−アクティブデスクトップ(3/4)
  4. デスクトップのプロパティメニュー−アクティブデスクトップ(4/4)
  5. コントロールパネルの概要(1/3)
  6. コントロールパネルの概要(2/3)
  7. コントロールパネルの概要(3/3)
 
 特集

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH