特集

Windows 9x or Windows 2000?

―― 普及版の9x/Windows Meを選ぶか、上位版の2000を選ぶか? 最適なOSを知るための内部アーキテクチャ比較 ――

デジタルアドバンテージ
2000/07/18

 「従来のWindows 9xカーネルと比較すると、Windows 2000カーネルはフル32bit構成でまったく新規に設計されており、信頼性や堅牢性が格段に高い」と言われる。確かに、多数のアプリケーションの起動と終了を繰り返したり、メモリを大量に消費するようなアプリケーションを実行したり、暴走したアプリケーションを強制終了させたりと、従来のWindows 9xでは何かとシステムが不安定になり、リセットを余儀なくされるような場面でも、Windows 2000では問題なく使い続けられることが多いと実感する。これこそが「信頼性や堅牢性の高さ」の意味するところと考えられるが、しかしその理由を聞かれても、すっきり説明できる人は少ないのではないか。残念ながら、プログラマなど専門家向けの一部を除くと、Windows 9xおよびWindows 2000カーネルの内部を分かりやすく解説した文献はそれほど多くない。

 マイクロソフトは、2000年中にWindows 98 SEの後継となるWindows Me(Millennium Edition)を発表する予定だ(Windows Meの詳細については、別稿の「Insider's Eye:Windows Meの全貌」を参照)。しかしこのWindows Meも、OSの基本構成はWindows 98 SEのそれをそのまま引き継ぐ。マーケティング的にも、Windows Meは、現行のWindows 98 SEの後継として、普及型のPCにプレインストールして広く販売されることになるだろう。ホビーならWindows Me、ビジネスならWindows 2000 Professionalという色分けはいっそう進むものと思われるが、だからといってビジネス アプリケーションをWindows Meで実行できないということではない。PCベンダ各社も、低コストを追求するエントリ モデルなどではWindows Meを採用する可能性が高いだろう。 ITマネージャにとっては無関係のOSと考えたいところだが、現実はそうとも言い切れないようだ。

 そこで本稿では、ITプロフェッショナルである読者のみなさんが、既存のWindows 9x環境のアップグレードを検討したり、PCの新規導入を検討したりする際の判断材料として、Windows 9x(Windows Me)とWindows 2000の内部アーキテクチャを比較してみる。どうしてWindows 2000は信頼性や堅牢性に優れるのか? 多少の負担増があったとしても、Windows 2000を選ぶ意義はどこにあるのか? その答えを見つけることができるだろう。

 

 INDEX
[特集]Windows 9x or Windows 2000?
     1.イントロダクション
     2.Windows 9xカーネルの概要
      コラム:Windows歴史、メモリの歴史(1)
      コラム:Windows歴史、メモリの歴史 (2)
     3.Windows 2000カーネルの概要 (1)
     4.Windows 2000カーネルの概要 (2)
     5.プロセス管理の概要
     コラム:Windows 3.xのマルチタスク システム
     6.Windows 9xのプロセス管理メカニズム (1)
     7.Windows 9xのプロセス管理メカニズム (2)
     8.Windows 2000のプロセス管理メカニズム (1)
     9.Windows 2000のプロセス管理メカニズム (2)
 
 特集

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH