特集
Windows XPとは何か?

12.ファイルの共有設定

デジタルアドバンテージ
2001/11/23
Windows XPとは何か?

 Windows XPでは、ユーザー・アカウントの管理を(見かけ上は)大幅に簡素化しているが(内部ではやはりNTFSのアクセス権などが使用されている)、それに伴い、ファイルの共有設定などもアクセス権をあまり意識しないですむように簡略化している。Windows 2000では、ファイルやフォルダの共有を設定する場合は、NTFSのアクセス権を意識する必要があったが(といっても「Everyone」や特定のグループ/ユーザーに「フルコントロール」を与えるかどうかを決めるだけだが)、Windows XPでは、(デフォルトでは)もっと手軽に共有を設定できるようにしている。

 次のエクスプローラの表示を見れば分かるように、「マイ コンピュータ」の直下にあらかじめ各ユーザーの「マイ ドキュメント」フォルダが並んで表示されるようになっている(ドメインに参加していない場合)。つまり、ユーザー間でデータをやり取りしたければ、これらのフォルダへ直接ドラッグ&ドロップすればよいのである。デフォルトでは、Guestのような「制限付きユーザー」でなければ、お互いのフォルダは自由に読み書きできるようになっているので、これでもかまわないだろう。これらのほかに、「共有ドキュメント」というフォルダもあるが、これは全ユーザーが共通に読み書きできるドキュメント・フォルダである。ユーザーによってはフォルダを暗号化したり、アクセス権の設定を行って、他のユーザーからアクセスできないようにしたりしている場合があるが、そのような場合にはこの共有フォルダを使うことが想定されている。もちろん従来のように、ディスク上の特定の場所にフォルダを作って共有することもできる。

共有ドキュメント・フォルダ
共有ドキュメント・フォルダ
Windows XPでは、デフォルトで各ユーザーの「マイ ドキュメント」フォルダが一覧になっているので、ユーザー間でのデータ交換が行いやすくなっている。
  ログオンしているユーザーのマイ ドキュメント・フォルダ。
  全ユーザーで共有されるドキュメント・フォルダ。実際には\Documents and Settings\All Users\My Documentフォルダ。
  各ユーザーのデフォルト・ドキュメント・フォルダ。ここを使って、特定のユーザーとデータ交換を行う。
  各フォルダはマイ コンピュータの直下にあるので、初心者には分かりやすいだろう。

フォルダのプライベート化

 プライバシー上の理由などで、マイ ドキュメント・フォルダを他のユーザーと共有したくない場合は、アクセス権を設定して保護することができる。実際にはNTFSのアクセス権を設定することになるが、Windows 2000とは違って、やはり簡単にアクセス権を設定できるようなユーザー・インターフェイスが用意されている。ルートにあるマイ ドキュメント・フォルダを右クリックしてポップアップ・メニューから[プロパティ]−[共有]を選ぶ(もしくは、「マイ コンピュータ」内から自分のドキュメント・フォルダを選び、ポップアップ・メニューから[共有とセキュリティ]を選択する)。そして「このフォルダをプライベートにする」をチェックして[OK]ボタンを押すと、フォルダにNTFSのアクセス権が設定され、本人のみがフルアクセス可能な状態に設定される(ただしFATファイル・システムでは利用できないし、NTFSにおける「ファイルの所有権の取得」を行えば、Administratorsグループのユーザーからアクセスできてしまうので完全とはいえないが)。より強固なセキュリティが必要ならば、後述の暗号化ファイルシステムを利用するべきだろう(Home Editionでは利用できない)。

マイ ドキュメントのプライベート化
マイ ドキュメントのプライベート化
これはファイル/フォルダの共有のためのプロパティ・ダイアログ。マイ ドキュメント・フォルダのアクセス権を変更して、自分以外のユーザーからのアクセスを禁止することができる。ただしこれはNTFSのアクセス権の変更を使って行っているので、スキルのある管理者ならばアクセスすることも不可能ではないし、FATファイル・システムの場合は利用できない。
  ローカルのコンピュータ上のユーザー同士でファイルを共有するには、「共有ドキュメント」フォルダを使うのがよい。
  このチェック・ボックスをオンにすると、フォルダのアクセス権を変更して、他のユーザーがアクセスできないように設定される。
  こちらはネットワーク経由の共有(公開)の設定。これをオンにすると、ネットワーク上からこのフォルダをアクセスすることができる。
  ネットワーク共有名。
  これをオンにすると、外部から書き込むことができる。オフならば読み出し(閲覧)のみになる。このように、デフォルト状態では、Windows 2000における共有公開設定のような細かいアクセス権の設定は行えない。後述する「簡易ファイルの共有」をオンにすると、ユーザーやグループごとのアクセス権設定が行える。

 上の画面のでチェックボックスをオンにすると、次のようなダイアログが表示され、パスワードの設定を行うように求められる。パスワードなしで簡易ユーザー切り換えを使っていると、誰でもログオンできてしまうので、フォルダのプライベート化の意味がないのである。面倒でも、プライベート・フォルダを使うためには、パスワードを設定しなければならない。

パスワード設定の要求画面
パスワード設定の要求画面
パスワードが設定されていない場合には、フォルダのプライベート化を行うことはできない。
  これを押すと、ユーザー管理ツールが起動されるので、パスワードを設定する。


 INDEX
  [特集]Windows XPとは何か?
     1. Windows XPのパッケージ構成
     2. プロダクト認証の影響は?
     3. Windows XPのインストール
     4. ユーザーから見たWindows XP
     5. 改良されたデスクトップ・パーツ
     6. 初心者向け/熟練ユーザー向け双方の機能拡張がなされたエクスプローラ
     7. 液晶ディスプレイの解像度を擬似的に向上させるClearType
     8. 遠隔地からのデスクトップ操作を可能にするリモート・デスクトップ
     9. SOHOユーザーや家族での簡易なデスクトップ切り替えを可能にする「ユーザーの簡易切り替え」
    10. ヘルプデスク業務を効率化するリモート・アシスタンス
    11. Home EditionとProfessionalで大きく変わるユーザー管理
  12. ファイルの共有設定
    13. ファイルのセキュリティ設定
    14. 暗号化ファイル・システム:EFS
    15. システム管理ツール
    16. バックアップ・ツール(システムの復元)
    17. バックアップ・ツール(自動システム回復)
    18. アプリケーション起動の高速化
    19. ファイル・システム関連の強化点
    20. Windows XPのネットワーク機能(その1)
    21. Windows XPのネットワーク機能(その2)
 
 特集

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH