Vistaの地平

第2回 Windows Vistaのユーザー・インターフェイス

デジタルアドバンテージ 小川 誉久
2006/10/20

「Vistaの地平」は、Windowsベースの情報システムを管理するIT Proを対象に、Windows Vistaの注目機能について解説する新コーナーです。

Index
Windows Vistaとは何か?
Windows Vistaのユーザー・インターフェイス
カーネルの改良とフォント、セキュリティ機能の強化
TCO抑制に向けた各種運用管理機能が強化されたVista
Vistaのハードウェア要件
より高機能になったVistaのバックアップ機能
管理者権限での実行を制限するユーザー・アカウント制御UAC(前編)
管理者権限での実行を制限するユーザー・アカウント制御UAC(後編)
スパイウェアからコンピュータを保護するWindows Defender
IPv6を取り込んだVistaのネットワーク機能
機能が向上したWindows Vistaのグループ・ポリシー
機能性/実用性がさらに強化されたオフライン・ファイル
Windows Vista SP1
セキュリティが強化されたWindowsファイアウォールの概要
セキュリティが強化されたWindowsファイアウォールの管理

 前回は、新クライアントOSとしてのWindows Vista(以下Vista)の位置づけ、エディション構成、OSのサブシステム構成などを概観した。引き続き第2回となる今回は、Vistaの主要な特徴のうち、改良されたユーザー・インターフェイスに注目しよう。

最初はとまどう新ユーザー・インターフェイス

 前回ご紹介したとおり、Vistaでは、従来は一部のゲーム・ソフトウェアなどだけが使っていたアプリケーション・インターフェイスのDirectXを使用し、透明表示や3D表示など、表現力の高いグラフィックス表示を随所で活用する新ユーザー・インターフェイス、“Windows Aero”がサポートされた(ただし、Aeroをフル機能で使うには、高機能のグラフィックス・デバイスが必要)。また見た目上の見栄えだけでなく、スタート・ボタンやエクスプローラ、コントロール・パネルの各アイテムなど、メニュー構成や操作手順なども一部で大きく変更されている。


VistaのWindows Aero
ウィンドウのタイトルバーが透明表示になり、スタート・ボタンの形状、スタート・メニューなどが変更されていることが分かる。

 確かに、見た目に栄えるデスクトップになったことは間違いない。静止画ではお伝えできないが、ウィンドウを開くと、本来のサイズよりも少し小さめのウィンドウが、グンと拡大されるアニメーションが表示される。アニメーション効果はWindows XP(以下XP)から使われるようになったが、Vistaではさらに積極的に、随所でアニメーション効果を駆使している。

 見た目だけでなく、操作手順などのユーザー・インターフェイスにおいても、使い勝手の向上を目指した工夫が随所に見られる。使い慣れれば、VistaはXPよりも使いやすいデスクトップになるだろう。

 しかし忘れてならないのは、すでに多くのユーザーがXPのインターフェイスに慣れており、それがたとえ優れたものだったとしても、インターフェイスを変えること自体に学習コストが伴うことだ。特に、大量のエンド・ユーザーを抱える企業のヘルプ・デスク業務は、Vistaの導入によって一時的に問い合わせが増えることを覚悟しなければならない。


 INDEX
  Vistaの地平
第2回 Windows Vistaのユーザー・インターフェイス
    1.デスクトップ/スタートメニュー
    2.コントロールパネル/エクスプローラ
    3.タスク切り替え/IE
 
 「 Vistaの地平 」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH