Windows TIPS
[Network]
  windows tips topへ
windows tips全リストへ
内容別分類一覧へ

エクスプローラを使ってFTPサーバにアクセスする方法

デジタルアドバンテージ
2000/03/04

 FTPは、インターネットなどのTCP/IPネットワーク上で、コンピュータ同士がファイルを送受信するための標準的なプロトコルの1つである。WebブラウザによるWebページの参照が一般化するに従い、現在では、Webの標準プロトコルであるHTTPを利用してファイルを送受信できるケースが増えてきたが、ファイル転送に特化されたFTPの手順は効率がよく、特に低速な回線を使う場合には、HTTPを利用する場合よりも素早くファイルを転送できるなど、現在でも広く利用されている(ただし企業によっては、FTPによる外部へのアクセスを禁止している場合もある)。

 Windows OSの標準WebブラウザであるInternet Explorer(以下IE)は、以前よりFTPに対応していたが、Ver.4.xまでのIEでは、FTPサーバのディレクトリ/ファイル一覧の表示と、ディレクトリの移動、選択したファイルのダウンロードを行えるだけで、クライアント側からのファイルのアップロードを行うことはできなかった。Windows 9xおよびWindows NTには、コマンドラインツールとしてFTPが提供されており、こちらを利用すれば、ファイルの送信も可能だったが、ファイルアイコンやマウスによるグラフィカル インターフェイスを使用してのファイルのアップロードは行えなかった。

 これに対しWindows 2000に標準で組み込まれたIE 5.0では、ローカル ハードディスクやネットワークファイルの管理用ツールであるエクスプローラがFTPに対応し、一見するとあたかもローカル ディスクやLAN上の共有ディレクトリのように、FTPサーバ上のファイルを操作できるようになった。つまり、エクスプローラでディレクトリ ツリーを表示し、ファイル アイコンをドラッグ&ドロップすることで、ファイルの転送が可能になったわけだ。なお、エクスプローラを利用してFTPサーバにアクセスする機能自体はIE 5.xのものであり、従来のWindows 9xやNT 4.0でも、IE 5.0をインストールすることにより、基本的には利用可能になる。ただしアクセスするFTPサーバを[ネットワーク コンピュータ]に追加するためのウィザードは利用できない(詳細は後述)。

FTPサーバをネットワークプレースとして登録する(Windows 2000の場合)

 エクスプローラでFTPサーバにアクセスするには、まずは[マイネットワーク]でネットワークプレースの追加を行う必要がある。これには、エクスプローラを起動し、[マイネットワーク]の中にある[ネットワーク プレースの追加]をダブルクリックする。ただし、この[ネットワーク プレースの追加]アイコンは、Windows 2000でのみ利用可能であり、他のOSではアイコンは表示されない。

エクスプローラの[マイネットワーク]にある[ネットワークプレースの追加]
エクスプローラからFTPサーバを利用するには、[マイネットワーク]にある[ネットワークプレースの追加]により、FTPサーバを追加する。
  [ネットワークプレースの追加]アイコンはフォルダではないので、この[マイネットワーク]の直下を表示しなければ実行できない。
  FTPサーバを追加するには、この[ネットワークプレースの追加]アイコンをマウスでダブルクリックする。→

 すると[ネットワークプレースの追加ウィザード]が起動され、次のようなダイアログが表示される。

[ネットワークプレースの追加ウィザード]ダイアログ
このウィザードでは、FTPサーバのURLや、FTPサーバをアクセスするためのアカウント情報などをインタラクティブに指定する。
  FTPサーバのURLやLANの内部にあるサーバの名前(共有フォルダの場合)、Webフォルダ名などをここで指定する。
  LAN内部の共有フォルダを指定する場合には、このボタンをクリックし、共有フォルダをブラウズして(一覧表示して)、マウスで選択することが可能。
  ネットワークプレースを指定したら、このボタンをクリックして次へ進む。→

 ここでは、FTPサーバのURLなどのネットワークプレースを指定する。指定できるネットワークプレースには、次の3種類がある。

ネットワークプレースの種類
FTPサーバ ftp://ftp.microsoft.com/
共有フォルダ \\server\share
Webフォルダ http://webserver/share/
ネットワークプレースの種類と指定の例

 このように、接続先がFTPサーバの場合にはFTPサーバのURLを、共有フォルダの場合には共有フォルダのUNC(Universal Naming Convention:Windowsネットワークにおいて、共有資源を表す命名法)を、Webフォルダ(Webサーバをあたかも共有ファイルサーバのように機能させるしくみ)の場合にはWebフォルダのURLを指定する。

 LAN内部の共有フォルダを指定する場合には、右にある[参照]ボタンをクリックすれば、共有フォルダ一覧をブラウズしながら、接続先をマウスで選択することが可能である。

 FTPサーバのURLを指定したら、[次へ]ボタンをクリックする(今回は例として、Microsoft社のFTPサイトのURLを指定した)。

 目的のデバイスが表示されたら、その行をマウスでクリックして詳細情報を表示する。

ユーザーアカウント情報の指定
接続先がインターネットでは一般的なanonymous FTPなら、[匿名でログオン]をチェックする。匿名でのアクセスが許可されていないFTPサーバでは、このチェックボックスをオフにし、ユーザー名を指定する。
  接続先が不特定多数のユーザーによるアクセスを許可したanonymous FTPサーバなら、このチェックマークをオンにする(デフォルトでオンになっている)。
  設定が終わったら次へ進む。→

 インターネット上にあるFTPサーバの多くは、不特定多数のユーザーがこれにアクセスし、ファイルをダウンロードできるようにしたanonymous FTPサーバである。anonymous FTPサーバでは、ユーザーアカウント情報が不要なので、[匿名でログオン]をチェックすればよい(デフォルトでこのチェックボックスはオンになっている)。

 接続先が企業の社内FTPサーバや、一部の会員のみアクセス可能なインターネット上のFTPサーバなら、ユーザー アカウント情報を指定する必要がある。上のダイアログで[匿名でログオン]チェックボックスをオフにすると、次のように[ユーザー名]を指定できるようになる。

[匿名でログオン]チェックボックスをオフにし、ユーザー名を指定する
[匿名でログオン]チェックボックスをオフにすると、それまではグレー表示だった[ユーザー名]エディットコントロールが有効になり、入力可能な状態になる。
  FTPサーバにアクセスするためのユーザー名を指定する。パスワードは、FTPサーバに最初にアクセスしたときに問い合わせられる。
  設定が終わったら次へ進む。→

 [ユーザー名]には、FTPサーバにアクセスするためのユーザー名を指定する。パスワードについては、この後、最初にFTPサーバにアクセスしたときに問い合わせられる。

ネットワークプレース名の指定
ウィザードの最後では、このネットワークプレースの名前を指定する。
  今回指定したネットワークプレースの名前をここで指定する。名前は任意のものを指定することが可能。ここで指定した名前が、[ネットワークコンピュータ]以下の接続先の名前として表示されるようになる。

 ウィザードの最後では、今回指定したネットワークプレースの名前を指定する。ここでは、任意の名前を指定することが可能である(今回は「Microsoft FTP Site」を指定した)。以下に示すように、ここで指定した名前が、エクスプローラの[ネットワークコンピュータ]の下に追加されたアイコン(接続先)の名前となる。デフォルトでは、ここは[ネットワークプレース]で指定した場所が指定された状態になっている。

追加されたネットワークプレース
ウィザードでの設定を完了すると、このようにエクスプローラの[ネットワークコンピュータ]に、今追加したネットワーク プレースが表示される。
  今回追加したネットワークプレース。ネットワークプレース名として指定した名前(今回は「Microsoft FTP Site」と指定)がアイコン名として表示されていることが分かる。またアイコンには、フォルダに地球が描かれ、これがネットワーク接続されたイメージが使われている。

FTPサーバをネットワーク プレースとして登録する(Windows 9xやNT 4.0の場合)

 前述のとおり、Windows 9xやNT 4.0などの従来のWindows OSでは、IE 5.xをインストールしても[ネットワーク コンピュータ]に[ネットワーク プレースの追加]アイコンは表示されないし、このウィザードを使うこともできない。しかしこの場合でも、ウィザードが使えないことを除けば、Windows 2000と同じようにエクスプローラを使ってFTPサーバにアクセスできる。

■Windows 9x+IE 5.xの場合
 具体的にエクスプローラでFTPサーバにアクセスするには、サーバのURLをIEまたはエクスプローラのアドレスバーで直接入力すればよい。頻繁にアクセスするFTPサーバなど、ショートカットをどこかに登録しておきたければ、こうしていったんFTPサーバにアクセスし、アドレス バーのアイコンをデスクトップやスタート メニュー、適当なフォルダなどにドロップする。またWindows 2000のように[ネットワーク コンピュータ]内にショートカット アイコンを追加したければ、%windir%NetHoodという名前の隠しフォルダにショートカットを作成する。

■Windows NT 4.0+IE 5.xの場合
 Windows NT 4.0+IE 5.xの場合も、Windows 9xの場合とほぼ同様だが、NT 4.0ではエクスプローラにアドレスバーが存在しないので、必ずIEを起動して、IEのアドレスバーにてFTPアドレスなどを指定する必要がある。またNT 4.0では、ユーザーごとにプロファイル設定が保存されているので、[ネットワーク コンピュータ]にショートカット アイコンを追加したければ、%windir%\Profiles\%username%\NetHood(%username%は自分のユーザー名)にショートカットを作成する。

登録したFTPサーバにアクセスする

 登録した接続先が誰でもアクセスできるanonymous FTPサーバなら、ほぼ共有フォルダと同じようにこれを操作することが可能である。たとえばFTPサーバのフォルダをダブルクリックすれば、FTPサーバ側に含まれているファイルやフォルダが一覧表示される。FTPサーバからファイルをダウンロードしたければ、ここからファイルアイコンをマウスでドラッグし、適当なローカルフォルダアイコン上でドロップすればよい。これとは逆に、ローカルディスクからFTPサーバ側にファイルをアップロードする場合も同様にドラッグ&ドロップを行えばよい。

 このanonymous FTPサーバとは異なり、ユーザー認証が必要なFTPサーバを登録したときには、最初にアクセスしたとき(エクスプローラで追加したアイコンをダブルクリックしたとき)に次のようなダイアログが表示され、パスワードの入力が求められる。

ユーザーアカウント情報の入力
anonymous FTPでないFTPサーバ([匿名でログオン]を指定しなかったFTPサーバ)では、アクセスしたときにこのダイアログが表示され、ユーザー情報を入力するように要求される。
  FTPサーバにアクセスするためのユーザー名を指定する。
  FTPサーバにアクセスするためのパスワードを指定する。
  ユーザーアカウント情報を指定せず、匿名でログインする場合にはこのチェックボックスをオンにする。
  上で指定したパスワードを保存し、次回のアクセスからはユーザーアカウント情報を入力することなく、FTPサーバにアクセスできるようにするときにはこのチェックボックスをオンにする。

 ここでは、FTPサーバへのアクセス権限を持ったユーザーの名前とパスワードを指定する。右下の[パスワードを保存する]チェックボックスをオンにすれば、次回からはこのユーザーアカウント情報が問い合わせられず、保存された情報によって自動的にFTPサーバにログインするようになる。いちいち指定しなくてすむようになるので、パスワードを保存しておくと便利だが、セキュリティホールになる可能性があるので注意が必要だ。

FTPサーバへのアクセス
以後は、通常の共有フォルダと同等にFTPサーバのファイルやフォルダを扱うことが可能である。もちろん、マウスによるドラッグ&ドロップもできる。
  FTPサーバ上のファイル/フォルダ。この例ではftp.microsoft.comを参照している。

FTPサーバへのアクセスがうまくいかないときは……

 エクスプローラのFTP対応機能は、一言でいえば、従来はコマンドラインからしか使えなかったFTPの機能を、エクスプローラのGUIから操作できるようにしたものである(FTPコマンドにエクスプローラのGUIを被せたもの)。詳細は別記事で報告する予定なのでここでは詳しく述べないが、まだインプリメントは完全ではないらしく、編集部でテストしたところでは、いくつかの不都合が見つかった。ただし、いずれも運用で回避できるものである。

 その1つとして、認証が必要なFTPサーバにアクセスしたときに、ファイル一覧が正しく表示されず、ウィンドウが真っ白(空っぽ)になってしまうという問題があった。この問題を回避してFTPサーバのファイルにアクセスするには、空っぽで表示されたエクスプローラのウィンドウ領域でマウスを右クリックし、ポップアップメニューの[ログイン方法]を実行する。

FTPサーバの内容が表示されないときには……
認証つきのFTPサーバにアクセスしたとき、ファイル/フォルダ一覧が表示されないときには、認証を再度強制的に実行する。
  認証を再度強制的に行うには、エクスプローラのウィンドウ内でマウスを右クリックし、表示されるポップアップメニューの[ログイン方法]を実行する。

 すると、上で示した[ログイン方法]と同等のダイアログが表示されるので、ここでユーザー名とパスワードを指定して再度強制的にログインを行う。こうすると、FTPサーバのファイル/フォルダが表示されるようになる。End of Article

この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
アカウントを指定してFTPサイトへ接続する
スクリプトで使うftpコマンド
FTPサーバでユーザー・フォルダを設定する
IIS 6.0のFTPサーバでユーザー・フォルダを分離する(基本編)
IISの標準FTPバナー・メッセージを表示させない
FTPをファイアウォール・フレンドリ・モードに変更する方法
FTPの標準ポート番号を変更する
IIS 6.0のFTPサーバでユーザー・フォルダを分離する(Active Directory編)
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

更新履歴
【2000/05/23】「エクスプローラを利用したFTPサーバへのアクセス機能は、IE 5.xによって提供されるものであり、従来のWindows 9xやWindows NT 4.0であってもIE 5.xをインストールすることで利用可能になる」としていましたが、これら従来のOSにIE 5.xをインストールしても、記事中で述べている「ネットワーク コンピュータ」内の「ネットワーク プレースの追加」アイコンは追加されないことが分かりました。このアイコンから起動されるウィザードについては、Windows 2000でのみ利用可能です。ただし、このウィザードを利用できないことを除けば、Windows 9xやWindows NT 4.0にIE 5.xを組み込んだ環境でも、エクスプローラを利用して、ローカルディスクと同様にFTPサーバにアクセスすることは可能です。これに関する解説部分を訂正し、情報を追加しました。

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • Windowsの画面をChromecastでテレビに表示する (2014/10/31)
     会議室のテレビでプレゼンテーションしたい。そんな場合、ChromecastとGoogle Chromeを使えば、Wi-Fi経由でWindowsの画面をテレビに表示できる
  • プロセスとスレッド (2014/10/30)
     OSカーネルを理解するための基本、プロセスとスレッドについて解説。タスクマネージャーを使ってWindows OSの中を見てみよう
  • WindowsでIEを使って文字コードを変換する (2014/10/29)
     Windows標準ツールはシフトJIS以外の文字コードを正しく扱えないことがある。そこでIEを利用すると、手軽に文字コードを変換して別のファイルに保存できる
  • 第435話 新旧交代 (2014/10/28)
     あらまぁ。最近はこんなもんで新聞がタダで読めちゃうってのかい? それじゃあお金を払うのはバカみたいじゃないの……
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

あとらす二十一、「Yahoo!プロモーション広告審査エクスプレスパス」を取得
Webコンサルティング事業を手掛けるあとらす二十一は10月31日、Yahoo! プロモーション広...

日立システムズ、「2014CRMベストプラクティス賞」を受賞
日立システムズは10月30日、ユーザーへの窓口対応を請け負う同社コンタクトセンターの取...

ブランドコンテンツは国境を超えて拡散する
BrandedとSocial@Ogilvy(ソーシャル・アット・オグルヴィ)が主催するアジア最大規模の...