Windows TIPS
[Management]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

NTPでネットワーク全体のマシンの時刻を合わせる(2)

解説をスキップして操作方法を読む(Windows 9x/Me/NT編)
解説をスキップして操作方法を読む(Windows 2000編)
解説をスキップして操作方法を読む(Windows XP編)

デジタルアドバンテージ
2000/03/04
2001/12/22更新

  操作方法(Windows XP編)

 Windows XPの時刻同期機能は基本的にはWindows 2000と同じであるが、GUIベースの設定ができるなど、いくらか機能が拡張されている。よって、net timeやnet time /setsntpコマンドを使って他のWindowsマシンと時刻を同期させることができるが、これらの方法についてはWindows 2000編を参照していただきたい。

 ところでWindows XPでは、Windows 2000と違って、いったんSNTPのクライアントとしての設定が完了すると、同時にSNTPサーバとしても動作するようになっている(Windows XP Professionalだけでなく、Windows XP Home Editionでもよい)。つまり、あるWindows XPマシンで外部のSNTPサーバと同期をさせると、そのマシンはSNTPサーバとしても機能するので、LAN内の他のSNTPクライアントをサポートすることができるのである。これに対してWindows 2000では、どのWindows 2000マシンでもSNTPクライアントとして外部のSNTPサーバと同期することは可能であるが、SNTPサーバとして動作するのはドメイン・コントローラだけである。もしワークグループ形態のネットワークで利用するのならば、それらのWindows 2000マシンはすべて外部のSNTPサーバと同期するように設定しなければならない(ただしこの設定はレジストリで変更することができる。詳細についてはサポート技術情報の「W32Time サービスのレジストリ エントリ(223184)」を参照のこと)。Windows XPならば、1台だけが外部のSNTPサーバを参照して、他のマシンはすべてその1台をSNTPサーバとすることができる。

 Windows XPでは、タスクトレイにある「日付と時刻のプロパティ」において、新たに「インターネット時刻」というタブが追加されている(ただしドメインに参加している場合はこのタブは表示されず、自動的にドメイン・コントローラの持つ時刻情報に同期するようになっている)。ここに同期させたいSNTPサーバ名(もしくはIPアドレス)を入力すればよいので、いちいちコマンド・プロンプトで操作するよりも簡単である。デフォルトでは「time.windows.com」というNTPサーバを参照するようになっている。これはMicrosoftが運営しているNTPサーバのようだが、ネットワークが込んでいるからかどうか分からないが、このサーバとの同期はよく失敗する。他に利用できるNTPサーバがあるならば、変更したほうがよいだろう。なるべくネットワーク的に近いサーバを指定したほうが時刻の精度が高くなる。

Windows XPにおけるSNTPサーバ設定
Windows XPでは、「日付と時刻のプロパティ」に、自動的に外部のSNTPサーバと同期させるための機能が用意されている。ここで設定したNTPサーバの指定は、net time /setsntpで設定されている値よりも優先される。/TD>
  Windows XPでは、SNTPサーバに同期させるための設定がここで行える。ただしドメインに参加している場合は自動的に同期が行われるので、このタブは表示されない。
  これをチェックすると、定期的に外部のSNTPサーバと同期が行われる。
  同期の対象となるSNTPサーバ名。デフォルトではtime.windows.comという、マイクロソフトが運営しているNTPサーバに同期するようになっているが、よくタイムアウトする。リストにはもうひとつ「time.nist.gov(米国の国立標準技術研究所NTPサーバ)」も用意されている。なるべくネットワーク的に近いサーバを指定したほうが時刻の精度が高くなる。
  これをクリックすると、スケジュールによらず、今すぐに同期動作を行わせることができる。
  前回同期動作を行った時刻とその結果。SNTPサーバがダウンしていたりすると、「エラーが発生しました」などと表示される。
  次回の同期予定時刻。デフォルトでは1週間に1回しか同期しない。

 SNTPサーバを使った時刻の同期動作は、Windows XPのデフォルトでは1週間に1回しか行わないようになっている。クライアント用途ならばこれでも問題はないだろうが(ハードウェアによるが、正確な時刻とのずれは、最大でも1週間で数十秒程度だろうか)、他のマシンに時刻情報を提供するために使うのならば、もう少し高い頻度(1日1回か2回程度)で同期を取るようにしてもよいだろう。この頻度を変更するには、以下のように、レジストリでポーリング間隔を変更する必要がある。End of Article

[注意]

レジストリに不正な値を書き込んでしまうと、システムに重大な障害を及ぼし、最悪の場合、システムの再インストールを余儀なくされることもあります。レジストリ エディタの操作は慎重に行うとともに、あくまで御自分のリスクで操作を行ってください。何らかの障害が発生した場合でも、本Windows Server Insider編集部では責任を負いかねます。ご了承ください。


項目 内容
キー HKEY_LOCAL_MACHINE\System
\CurrentControlSet\Services\W32Time\TimeProviders\NtpClient
値の名前 SpecialPollInterval
REG_DWORD
値の内容 ポーリング・インターバル(秒)。デフォルトでは「604800秒(7日)」になっている。例えば12時間にするなら「43200(=60×60×12)」を入力する。

レジストリの設定値

SNTPサーバとの同期間隔(ポーリング・インターバル)を変更するには、SpecialPollIntervalにポーリングの間隔(秒数)を入力する。

  関連リンク
  W32Time サービスのレジストリ エントリ(マイクロソフト)
  Windows Time サービスの基本処理(マイクロソフト)
  権限のあるタイム サーバーの Windows での構成方法(マイクロソフト)
     
 

 INDEX
     NTPでネットワーク全体のマシンの時刻を合わせる(1)
   NTPでネットワーク全体のマシンの時刻を合わせる(2)

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • Windows 10のUIをWindows 7風にする (2017/6/28)
     Windows 10に移行したものの、UIに慣れない。そんな場合は、Windows 10のUIを慣れたWindows 7に合わせよう。設定やユーティリティーでどこまで近づけられるのか?
  • 第552話 怖い話 (2017/6/27)
     なにぃ、会社のトイレにお化けが出るって? あー、バカバカしい。ホラー映画の観過ぎじゃないの、まったく……
  • Azure SQL DBのインデックスやキャッシュを制御する (2017/6/26)
     Azure SQL Databaseのインデックスやプロシージャキャッシュを制御するには、そのためのT-SQLを直接実行する。知っておくと便利なT-SQLを紹介する
  • DNSのリゾルバ/キャッシュ/フォワーダ機能 (2017/6/23)
     今回は、DNSサーバのクライアント側であるリゾルバやキャッシュの機能について見ていく。リゾルバは、コンテンツDNSサーバに繰り返し問い合わせて名前解決を図る
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH