Windows TIPS
[Network]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

ドラッグ途中でドラッグ操作をキャンセルする方法

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ
2000/07/08
2002/09/18更新
 
対象OS
すべて
マウスを使ったドラッグ&ドロップは便利な機能だが、場合によっては、開始したドラッグ操作を途中で(どこにもドロップしないで)中止したくなるときもある。
そんなときには、ドラッグ途中でESCキーを押せば、ドラッグ操作を途中でキャンセルすることができる。
 

解説

 各種ファイル操作を行うエクスプローラや、そのほかのWindowsアプリケーションでは、画面上に表示された要素をマウスでドラッグし、別の場所にドロップすることで、それをコピーしたり、移動したりできるようになっている。この機能は一般に「ドラッグ・アンド・ドロップ」と呼ばれている。

 例えばエクスプローラでは、ファイル・アイコンをドラッグして、別のフォルダにドロップしてファイルを移動したり、ドラッグしたアイコンを別のアプリケーション・ウィンドウ上でドロップして、そのファイルをアプリケーションで開いたりできる。実に便利な機能であるし、本稿の読者のほとんどは、日頃からこの機能をうまく使いこなしているに違いない。


操作方法

ドラッグしたはいいが、やっぱりドロップしないでやめたい

 しかしドラッグを開始したのはいいが、ドロップしないで作業を中断したいと思った経験はないだろうか。このような場合には、ドロップを禁止されている場所までマウスを移動して(マウス・カーソルの近くに、丸に斜め線の入った「禁止」マークが表示される)、そこでマウス・ボタンを離せば、操作を中止できる。しかし、都合よくドロップが禁止された場所を見つけられなかったらどうするか。そんなときには、ドラッグ中にキーボードからESCキーを押せば、ドラッグ操作を途中で中断できる。

エクスプローラでファイル・アイコンのドラッグを開始する
ファイル・アイコンの上にマウス・カーソルを移動し、マウスの左ボタンを押し下げ、そのままマウスを移動する。これがドラッグ操作で、通常は、ボタンを押し下げたまま、ドロップしたい場所までカーソルを移動して、ボタンを離す。
  ドラッグ中のファイル・アイコン。このようにアイコンが薄い色で表示されたり、アイコンの外周だけが点線で表示されたりして、そのアイコンがドラッグ中であることをユーザーに知らせる。
 
ドラッグ操作を中断する
ドラッグを始めたのはいいが、どこにもドロップしないで操作を中断するには、ドラッグしている最中にESCキーを押せばよい。
  [ESC]を押せば、ドラッグ操作を中断できる。

 ここでご紹介したのは、エクスプローラの例だが、ほとんどのアプリケーションでこの操作は有効なはずである。End of Article

更新履歴

【2002/09/18】最新情報を反映して加筆・修正しました。

 
「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH