Windows TIPS
[User Interface]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

エクスプローラで間違って消去・移動してしまったファイルを素早く取り戻す方法

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ
2000/12/01
2002/06/15 更新
 
対象OS
Windows 95
Windows 98
Windows 98 SE
Windows Me
Windows NT
Windows 2000 Professional
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows 2000 Server
Windows 2000 Advanced Server
エクスプローラ上でうっかりマウスを操作してしまうと、ファイルがどこかにドラッグ&ドロップされてしまうことがある。
こんなときには、エクスプローラの[元に戻す] を使えば、ファイルの移動先がどこだか分からなくても、ファイルを元通りに戻すことができる。
 

解説

 エクスプローラでファイル・システムを操作していると、うっかりファイルを移動してしまったり、消去してしまったりすることがある。

 特に注意すべきは、マウスのドラッグ&ドロップの操作ミスだろう。周知のとおり、エクスプローラでは、マウスのドラッグ&ドロップによってファイルやフォルダを移動できるようになっている。基本的には便利な機能なのだが、うっかりマウスに触れたために、ドラッグ&ドロップの誤操作によって、ファイルをとんでもないフォルダに移動してしまったという経験はないだろうか。このような場合には、すかさずエクスプローラの「元に戻す」機能を使おう。

操作方法

 例えば、次のようなフォルダがあったとする。

エクスプローラでフォルダの内容を表示した所
ここでは例として、適当なフォルダの内容をわざと消去し、それらを復帰させてみる。画面はファイル消去前のエクスプローラの表示。
  実験に使うフォルダ。
  実験フォルダに含まれているファイル一覧。

 ここで、ファイルを選択し、[Del]キーを押してわざとファイルを消去してみる。

わざとファイルを消去する
前出の状態から、[Del]キーを押して、わざとファイルを消去した。
  ファイルは消去され、フォルダ内にはファイルが存在しなくなった。

 するとフォルダからはファイルが消去されるのだが、消去されたファイルは「ごみ箱」に移動しており、復帰することが可能である。間違えてファイルを消去してしまったときには、ここでエクプローラの[編集]−[元に戻す]メニューを実行するか、キーボードから[Ctrl]+[Z]を入力すれば、直前に行った操作を取り消して、消去してしまったファイルを復活させることができる。

[編集]−[元に戻す]コマンドを実行して、直前に行った処理を取り消す
間違ってファイルを消去したり、移動したりしてしまったときには、すぐに[編集]−[元に戻す]メニューを実行すれば(または[Ctrl]+[Z]キーを入力すれば)、直前の操作を取り消して、元の状態に戻すことができる。
  このコマンドを実行すれば、消去したファイルが元どおりに復帰する。

 ただしネットワーク上の共有フォルダに含まれるファイルを消去した場合、ファイルはごみ箱には移動されず、直接ディスクから消去されてしまうため、このような取り消し処理は行えない。また同じ理由から、ごみ箱が正しく機能しない状態では(例えば、ごみ箱の容量が小さくて、消去したファイルをごみ箱に入れられないような場合)、復帰は行えないので注意すること。

 また今回はファイルの消去を取りあげたが、ファイルの移動なども同様の方法で復帰させる(移動前の状態に戻す)ことが可能である。End of Article

更新履歴
【2002/06/15】Windows XPを踏まえて修正しました。
 
「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH