Windows TIPS
[Tools & Services]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

評価版のOSやアプリケーションを入手する

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2008/07/04
 
システムのテストや評価を行うには、評価版や試用版などとして提供されているOSやアプリケーションを利用するとよい。
評価版はダウンロード・センターで検索するか、評価版の専用サイトなどで入手できる。

解説

 新しいOSやサーバ、アプリケーションなどがリリースされたり、ベータ版が公開されたりすると、管理者やユーザーは、正式な導入に先立って、まずテスト導入して、評価しなければならないことがある。このような場合は、評価版として提供されているソフトウェアを利用するとよい。

 マイクロソフトのサイトでは、Windows OSやSQL Server、Exchange Server、Biztalk Serverなどのサーバ・アプリケーションのほか、Visual Studioなどの開発ツールや、Office Systemといったユーザー向け/ITPro向けの評価版ソフトウェアをダウンロードして利用できるようにしている。正式な製品版との違いは(ほとんどの試用版では)その有効期限だけである。インストール後、120日とか180日間だけ利用できるようになっているものが多い。有効期間を過ぎると、起動/ログオンできなくなったり、機能が大幅に制限されたりするが、評価という目的ならばこれでも十分だろう。必要ならば再インストールしてもよいし、複数のコンピュータに導入して評価してもよい(評価のたびに別のバイナリをダウンロードする必要はない)。

TechNetバーチャル・ラボでサーバ製品を試用/評価する(Windows TIPS)

 本TIPSでは、マイクロソフト・サイト内の各所に分かれている評価版ソフトウェアの入手方法についてまとめておく(ダウンロード以外にも、送料を実費負担して評価版のDVD-ROMなどを送付してもらう方法や、各製品サイトにある評価版入手のためのリンクからたどる方法もあるが、それについては触れない)。

ダウンロード・センターで評価版ソフトウェアを検索する

 評価版ソフトウェアを入手/検索する一番簡単な方法は、マイクロソフトのダウンロード・センターで、「評価版」や「試用版」といったキーワードを入力して検索することである。英語版なら「evaluation edition」や「trial edition」で検索する。ただし、この方法では非常の多くの評価版ソフトウェアが順不同で見つかるので、正確な製品名が分かっている場合のみにした方がよいかもしれない。

 なお見つかった評価版ソフトウェアをダウンロードする場合、ソフトウェアによってはWindows LiveのIDを使ったユーザー情報の登録が必要なものがある。これは、ユーザーの利用目的や環境などを調査するために使われるが、インストールに必要なキー情報などをメールで送付するためでもある(キー入力なしで利用できる評価版ソフトウェアも少なくない。詳細は各ソフトウェアの説明文などを参照のこと)。

ダウンロード・センターで「評価版」を検索した例
ダウンロード・センターで「評価版」や「試用版」などと入力して検索、ダウンロードする。
「評価版」を検索する。

評価版専用のサイトで入手する

 ITPro向けや開発者向けなど、利用者の目的別に、評価版ソフトウェアばかりを集めた専用のサイトが用意されているので、そこで評価版ソフトウェアを探すと効率がよい。

 なおこれらのサイトでは、最新版のソフトウェア製品に対する評価版は入手できるが、すでに過去のものとなったバージョンは入手できないことが多い(例:Windows Server 2008の評価版は用意されているが、Windows XPやWindows Server 2003はないなど)。それらのソフトウェアが必要な場合は、TechNet PlusサブスクリプションMSDNサブスクリプションなどの有償プログラムに参加する必要がある。

TechNet 評価版ソフトウェア センター
TechNet評価版ソフトウェア・センターで、Windows Server 2008を入手しようとしているところ(リンク先はここ)。
ユーザー情報を登録せずに評価版を入手するには、これらのリンクをクリックする。

VHDファイルを使って仮想環境上でソフトウェアを評価する

 ソフトウェアの評価は、実際のコンピュータ上だけでなく、Virtual PCやVirtual Serverなどを使った仮想環境でも行うことができる。そのために、これらの環境上で利用できるVHDファイル(仮想マシン用のイメージ・ファイル)がいくつか提供されている。ただし現在のところ、ほとんどのVHDファイルは英語版ソフトウェアのイメージしか用意されていない。VHDファイルは以下のサイトからダウンロードするか、ダウンロード・センターでキーワード「VHD」を検索するとよい。

 日本語版のVHDイメージは、SQL Server 2005テスト用の以下のイメージのみが提供されている(2008年7月現在)。End of Article

この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
「Microsoftダウンロード センター」を活用する
Windows Server 2008にHyper-Vをインストールする
PowerToys for Windows XPを活用する
Disk2vhdツールで物理ディスク環境をVHDファイルに変換する
「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」をWebページから素速く実行する
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • 第422話 つい (2014/7/22)
     成功する可能性があるものは、成功する。失敗する可能性があるものは、失敗する……
  • Twitterのアプリ連携を確認・解除する (2014/7/18)
     Twitterでしばしば報告されるアプリ連携機能を悪用したスパム行為などの被害。ときどき連携アプリ調べて、不審なものは解除した方がよい。その方法は?
  • アクセス制御リストACL (2014/7/17)
     Windows OSの管理で必ず目にすることになる「アクセス制御リストACL」。その機能概要や設定方法、ACLの継承などについて解説
  • Google Chrome組織導入への第一歩 (2014/7/16)
     Chromeに対しては、ActiveXへの対応やActive Directory環境への対応といった要望も多い。そこでChromeの組織導入の手順を紹介する
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第2回 「マーケティング活動」の詳細解説――メッセージ開発とチャネルの検討
マーケティング部門の役割は、確度の高い見込み客(リード)と、見込み客に関する精度の...

第40回 ビジネスSNS「LinkedIn」に過去55年間で150職種を経験した「バービー」が登場
1959年〜1960年頃の「バービー」はファッションモデルやファッション編集者だった。以後...

CMOは舞台の袖へ? 代役のCDOが登壇?
この10年間、CIOに変わり、企業の救世主的な存在として脚光を浴びてきたのがCMOです。し...