Windows TIPS
[User Interface]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

Windows Server 2008でWindows Aeroを使う

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2009/03/27
対象OS
Windows Server 2008
Windows Server 2008のデフォルト状態では、VistaのようなWindows Aero機能は利用できない。
しかし設定を変更することにより、Windows Aero機能を有効にできる。
ただしVistaのWindows Aeroと比べるといくらか制限がある。

解説

 Windows VistaとWindows Server 2008のカーネル・アーキテクチャはほぼ同じであるが、そのデスクトップ・ユーザー・インターフェイスは一見すると大きく異なっている。クライアント用途向けのWindows Vistaには3Dフリップやサイド・バー、透明ウィンドウなど、ユーザーの目を引く機能が多く搭載されているが、サーバ向けOSであるWindows Server 2008ではこれらの機能は利用できない。だが実際にはWindows Server 2008にもこれらの機能は用意されている。

 Webサーバやアプリケーション・サーバでこのような機能を利用することはないだろうが、ワークステーション的な使い方をするためにServer OSを利用している場合は(例えば大容量メモリやマルチプロセッサのサポート、ディスクのソフトウェアRAID機能などを活用して、大規模なユーザー・アプリケーションを利用する場合など)、このような機能があると便利かもしれない。本TIPSではWindows Server 2008でWindows Aeroを利用する方法について解説する。

操作方法

手順1――ハードウェアの準備

 Windows Server 2008でWindows Aeroを利用するには、まず3Dグラフィックス機能を持ったグラフィックス・カードをシステムに装着し、さらに適切なグラフィックス・ドライバをインストールする。Windows Server 2008を利用するだけなら、デフォルトでインストールされる「標準 VGA グラフィックス アダプタ」というデバイス・ドライバでも問題はないが、これではWindows Aeroは利用できない。なおWindows Server 2008用のデバイス・ドライバはWindows Vista用と同じなので、サーバ用ドライバが見つからない場合でも、動作保証はないもののWindows Vista用ドライバが動作するはずである。プロセッサのアーキテクチャに応じてx86用とx64用の2種類があるので、適切なドライバを入手してインストールする。

手順2――「デスクトップ エクスペリエンス」機能の追加

 次に[管理ツール]の[サーバー マネージャ]を起動し、「機能の概要」ペインにある[機能の追加]というリンクをクリックして、「デスクトップ エクスペリエンス」という機能を追加インンストールする。

機能の追加ウィザード
サーバ・マネージャの[機能の追加]リンクをクリックするとこのウィザードが起動するので、「デスクトップ エクスペリエンス」を追加する。
これを選択する。すでにインストールされている場合は次の手順へ進む。

 機能を追加してウィザードを実行すると、最後に再起動が要求されるので、指示に従ってシステムを再起動する。

システムの再起動
機能の追加後、システムを再起動する。
これをクリックして再起動する。

手順3――「Themes」サービスの起動

 次は「Themes」サービスを起動する。まずサーバ・マネージャを起動して、左側のツリーから[構成]−[サービス]を選択する。そして「Themes」サービスを選択して右クリックし、ポップアップ・メニューから[プロパティ]を選択する。

「Themes」サービスの起動1
「Themes」サービスの実行を開始させる。
これを選択する。
このサービスを右クリックする。
これを選択する。

 サービスのプロパティ画面が表示されるので、まず「スタートアップの種類」を[自動]にしてから、サービスの実行を開始する。

「Themes」サービスの起動2
サービスのスタートアップを自動にし、その後、サービスを開始させる。
スタートアップの種類はデフォルトでは[無効]になっているはずなので、[自動]を選択する。
の設定後、まず[適用]をクリックしてスタートアップの種類を変更する。
をクリックするとこのボタンが有効になるので、さらにこの[開始]ボタンをクリックして、サービスを開始する。

手順4――「Windows Aero」テーマの選択とカスタマイズ

 以上でWindows Aeroを起動する準備は整った。デスクトップ上の空き領域を右クリックし、ポップアップ・メニューから[個人設定]を選択する。表示された「個人設定」ダイアログで、[ウィンドウの色とデザイン]をクリックする。

Windows Aeroの起動
次はWindows Aeroテーマを選択する。デスクトップ上の空き領域で右クリックし、ポップアップ・メニューから[個人設定]を選択するとこのダイアログが表示される。
これをクリックする。

 をクリックすると[デザインの設定]ダイアログが表示されるので、「配色」で「Windows Aero」を選択する。3Dをサポートしたグラフィックス・カードとそのドライバが正しくインストールされていないと、この選択肢は表示されない。

「Windows Aero」の選択
このダイアログで「Windows Aero」を選択すると、Window Aeroが有効になる。
これを選択する。正しくグラフィックス・ドライバがインストールされていなかったり、グラフィックス・カードが十分な3D機能をサポートしていなかったりする場合は、この項目は表示されない。
これをクリックしてWindows Aeroに変更する。

 [OK]か[適用]ボタンをクリックすると、しばらく切り替え処理が行われた後、Windows Aeroが有効になるはずである。例えばウィンドウ枠が透明表示されていれば、正しくAeroが起動していると確認できる。

Windows Aeroが有効になったWindows Server 2008 Enterprise Editionのデスクトップの例
Windows Aeroが有効になると、例えばこのようにウィンドウ枠が透明表示される。また3Dフリップ([Windows]+[Tab]による、3D形式のウィンドウ選択機能)も利用できる。
これは[ウィンドウの色とデザイン]の設定画面。ウィンドウの透明だと見づらい場合は、このチェックボックスをオフにする。
Windows Server 2008に付属している壁紙はこの1枚のみ。Windows Vistaのようなサンプルの壁紙は何も用意されていない。
ウィンドウ枠が透明表示されている。

 以上でWindows Server 2008にWindows Aeroを導入することができたが、Windows Vistaのものと比べるといくらか制限がある。3Dフリップ([Windows]+[Tab]による、3D形式のウィンドウ選択機能)は利用できるが、壁紙は1枚しか用意されていないし、サイド・バーも利用できない。またゲームやマルチメディア・アプリケーションなども利用できない。詳しい制限については、前掲のサポート技術情報を参照していただきたい。End of Article

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • 第552話 怖い話 (2017/6/27)
     なにぃ、会社のトイレにお化けが出るって? あー、バカバカしい。ホラー映画の観過ぎじゃないの、まったく……
  • Azure SQL DBのインデックスやキャッシュを制御する (2017/6/26)
     Azure SQL Databaseのインデックスやプロシージャキャッシュを制御するには、そのためのT-SQLを直接実行する。知っておくと便利なT-SQLを紹介する
  • DNSのリゾルバ/キャッシュ/フォワーダ機能 (2017/6/23)
     今回は、DNSサーバのクライアント側であるリゾルバやキャッシュの機能について見ていく。リゾルバは、コンテンツDNSサーバに繰り返し問い合わせて名前解決を図る
  • ドメインの情報を提供するDNSのコンテンツサーバ (2017/6/22)
     DNSサーバには、ドメインの情報を定義・公開するコンテンツサーバと、それを利用するリゾルバの2種類がある。今回はコンテンツサーバの機能についてまとめておく
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH