Windows TIPS
[Tools & Services]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

Office 2007にOffice 2003互換メニューを追加する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 小林 章彦
2009/06/12
対象ソフトウェア
2007 Office System
Office 2003以前から2007 Office Systemに移行したときに、ユーザー・インターフェイスが大きく異なっていて戸惑うことがある。
2007 Office SystemにOffice 2003相当のメニューを追加することで、移行を容易にできる。

解説

 Office 2003以前のMicrosoft Office製品は、基本的に機能追加の繰り返しで、多少の違いはあるものの、ほとんど同じユーザー・インターフェイスが採用されていた。メニューの位置や内容もほとんど同じで、移行に際して戸惑うことは少なかった。しかし2007 Office System(以下、Office 2007)では、リボンと呼ばれる新しいユーザー・インターフェイスに変更された。マイクロソフトによれば、「作業に合わせてメニュー自体が変化するため、同じ作業をする際にもクリック数が大幅に減る」としている。

 しかしユーザー・インターフェイスの大幅な変更は、Office 2003以前に慣れたユーザーにとっては戸惑いのもととなっている。例えば、Wordで[変更履歴の記録(校正機能)]機能を有効にするには、Word 2003では[ツール]−[変更履歴の記録]メニューを選択すればよい。一方、Word 2007では[校閲]−[変更履歴の記録]−[変更履歴の記録]を選択することになる。新しいユーザー・インターフェイスに慣れてしまえば問題ないのだが、それまでは操作したい項目をリボンから探すのに時間がかかり、生産性が落ちることになる。

 Office 2003とOffice 2007のメニューの対応は、以下のマイクロソフトの「2007 Office systemのユーザー インターフェイスのガイド」ページにある「マッピング ブック」からExcelファイルでダウンロード可能だ。

 この対応表を見れば、Office 2003でよく使っていたメニューがOffice 2007のどこにあるのかが分かる。しかし全部を覚えるのは難しいし、作業のたびにいちいち調べるのも面倒だ。Office 2007のメニューをOffice 2003互換に変更できればいいのだが、残念ながら標準機能としてはサポートされていない。

 実は、Office 2007のリボンにOffice 2003互換メニューを表示するフリーソフトウェアやシェアウェアがいくつか存在する。今回は、そうしたフリーソフトウェアのなかから、Dr. あでもく氏の「Office 2007 オールドスタイル メニュー アドイン」を紹介する。ただしOffice 2007製品のうち、Office 2003互換のメニューを追加可能なのは、Word 2007、Excel 2007、PowerPoint 2007、Outlook 2007のみである。そのほかの製品は対応していないので注意していただきたい。

操作方法

 Dr. あでもく氏のホームページから「Office 2007 オールドスタイル メニュー アドイン(以下、Office2007legacyUI)」のインストール・パッケージ(Office2007legacyUI_v092.msi:約630Kbytes)を適当なフォルダにダウンロードする。なお原稿執筆時点のバージョンは、0.92である。Office2007legacyUI_v092.msiを実行すると、インストーラーが実行され、Office2007legacyUIがインストールされる。

 Word 2007を実行すると、[ホーム]の前に[メニュー]が追加され、そのリボンがOffice 2003互換メニューとなる。Excel/PowerPoint/Outlook 2007も同様である。これならば、Office 2003と同様のユーザー・インターフェイスでOffice 2007(Word/Excel/PowerPoint/Outlook)が利用できるだろう。

Office2007legacyUIをインストールしたWord 2007(上)とExcel 2007(下)
[ホーム]リボンの前に[メニュー]リボン()が追加され、ここにWord/Excel 2003互換のメニューがリボンとして追加される。これで慣れたOffice 2003と同様のメニューでOffice 2007が利用できるようになる。

 なおOffice2007legacyUIをインストールしたものの、[メニュー]リボンが表示されないような場合は、何らかの理由によってアドインが有効になっていない可能性がある。そのような場合は、[Officeボタン]−[Wordのオプション](Wordの場合、Excelなども同様)をクリックし、左ペインから[アドイン]を選択する。右ペインの一覧の[アクティブでないアプリケーション アドイン]に[Microsoft Word 2007 Old Style Menu Add-in]が含まれていた場合は、アドインが有効になっていないので、[COMアドイン]を選択した後に[設定]ボタンをクリックし、[COMアドイン]ダイアログで[Microsoft Word 2007 Old Style Menu Add-in]にチェックを入れること。

Word 2007の[Wordのオプション]画面
Office2007legacyUIをインストールしても[メニュー]リボンが表示されないような場合は、[Wordのオプション]−[アドイン]を確認する。[アクティブでないアプリケーション アドイン]に[Microsoft Word 2007 Old Style Menu Add-in]が含まれていた場合は、[COMアドイン]ダイアログで[Microsoft Word 2007 Old Style Menu Add-in]にチェックを入れればよい。
[アドイン]を選択して、右側のリストの[Microsoft Word 2007 Old Style Menu Add-in]を確認する。
[アクティブでないアプリケーション アドイン]にある場合は、[設定]ボタンをクリックする。
[Microsoft Word 2007 Old Style Menu Add-in]にチェックを入れて有効にする。

 Office 2007のリボンに慣れて、Office2007legacyUIが不要になった場合は、前述の[COMアドイン]ダイアログを開き、[Microsoft Word 2007 Old Style Menu Add-in]のチェックを外せばよい。End of Article

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH