Windows TIPS
[System Environment]
TIPS   Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

Outlook Expressのメールをバックアップ/復元する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 小林 章彦
2009/10/16
対象ソフトウェア
Outlook Express 6
Outlook Expressを長く使っていると、フォルダに多数のメールが溜まってくる。
万一のハードディスク障害や、ほかのコンピュータにメール環境を移動するときなどに備え、メールをバックアップしておくとよい。

解説

TIPS「Outlook Expressのアドレス帳データをバックアップ/復元する」
TIPS「Outlook Expressのメッセージ・ルールをバックアップする方法」

 Windows XPに標準インストールされていることから、メール・クライアントとしてOutlook Expressを利用しているユーザーも多いことだろう。メールには、用件などが書かれた本文はもちろんのこと、添付ファイルや取引相手のメールアドレスなど、仕事に不可欠なさまざまな情報が含まれている。これが突然のハードディスク障害などで失われたりしたら一大事である。定期的にバックアップし、障害に備えておくべきだ。ここでは、Outlook Expressにおけるメールのバックアップの方法と、バックアップしたメールの復元方法を解説する。バックアップと復元を別のコンピュータで行えば、メール・データを別コンピュータに移行することもできる。アドレス帳データやメッセージ・ルールをバックアップする方法は関連記事を参照していただきたい。

操作方法

 受信トレイのメールをまとめてバックアップ/復元は、以下の手順で行う。

  1. Outlook Expressを起動する。
  2. [ツール]−[オプション]メニューを選択し、[オプション]ダイアログを開く。
  3. [オプション]ダイアログの[メンテナンス]タブを開き、[保存フォルダ]ボタンをクリックする。
  4. [保存場所]ダイアログに表示されているパスが、メールの保存先なので、これをメモ帳などにコピーする。デフォルトでは、ユーザーごとに以下のフォルダに「受信トレイ」や「送信トレイ」が保存されている。

%SystemDrive%\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Application Data\Identities\{GUID}\Microsoft\Outlook Express

 この下の「受信トレイ.dbx」が受信トレイに保存されているメールをまとめたファイルである。<ユーザー名>にはユーザーの名前が、{GUID}にはそのユーザーを識別するグローバル一意識別子(GUID:Globally Unique Identifier)が入る。

Outlook Expressの[オプション]ダイアログの[メンテナンス]タブ画面
[オプション]ダイアログの[メンテナンス]タブで[保存フォルダ]ボタンをクリックする。表示された[保存場所]ダイアログに記述されているパスが、メールの保存先となる。
[保存フォルダ]ボタンをクリックする。
このパスがメールの保存先フォルダとなる。
  1. Outlook Expressを終了する。
  2. [スタート]−[ファイル名を指定して実行]メニューを選択し、「名前」にコピーしたメールの保存先をペーストし、[OK]ボタンをクリックする。そのフォルダがWindowsエクスプローラで開く。
メールの保存先フォルダをWindowsエクスプローラで開いたところ
メールの保存先フォルダをWindowsエクスプローラで開くと、「受信トレイ.dbx」などのファイルがある。メールをバックアップするには、これらを適当なフォルダにコピーすればよい。
Outlook Expressのメールに関するデータはこれらのフォルダに保存されている。
  1. 「受信トレイ.dbx」などすべてのファイルを別のフォルダにコピーして、バックアップする。「受信トレイ.dbx」だけをバックアップすると、[ファイル]−[インポート]メニューによる復元ができないので注意したい。

 これで受信トレイなどに含まれるすべてのメールがバックアップできる。復元は、先述のメールの保存先となるフォルダに「受信トレイ.dbx」をコピーすることでも可能だ。しかし、このように単に上書きで書き戻すと、バックアップ後に受信したメールが失われるので注意が必要だ。安全に復元するには、以下の手順で行うのがよい。

  1. Outlook Expressを起動する。
  2. [ファイル]−[インポート]メニューを選択し、[Outlook Express インポート]ウィザードを起動する。
  3. [Outlook Express インポート]ウィザードの[プログラムの選択]で[Microsoft Outlook Express 6]を選択し、[次へ]ボタンをクリックする。
[Outlook Express インポート]ウィザードの[プログラムの選択]画面
[ファイル]−[インポート]メニューを選択し、[Outlook Express インポート]ウィザードを起動し、[プログラムの選択]で[Microsoft Outlook Express 6]を選ぶ。
ここでは、バックアップしたメールのプログラム(Outlook Express 6)を選択する。ほかのメール・クライアントのデータも読み込むことができる。
  1. [Outlook Express 6からインポート]ダイアログが開くので、ここで[Outlook Express 6ストア ディレクトリからメールをインポートする]を選択し、[OK]ボタンをクリックする。
[Outlook Express 6からインポート]ダイアログの画面
ここでは、[Outlook Express 6ストア ディレクトリからメールをインポートする]()を選択する。
  1. [メッセージの場所]で、「受信トレイ.dbx」などをバックアップしたフォルダを指定する。
  2. [フォルダの選択]で復元したいフォルダ(受信トレイや送信トレイなど)を選択する。「受信トレイ.dbx」だけを復元したい場合は、[選択されたフォルダ]を選択し、[受信トレイ]を選ぶ。[次へ]ボタンをクリックすると、メールがOutlook Expressに読み込まれ、復元が完了する。
[Outlook Express インポート]ウィザードの[フォルダの選択]画面
すべてを復元したい場合は、[すべてのフォルダ]を選択すればよい。「受信トレイ.dbx」だけを復元したい場合は、[選択されたフォルダ]を選択し、[受信トレイ]を選ぶ。

 なおバックアップした「folders.dbx」や「受信トレイ.dbx」などのファイルをほかのコンピュータにコピーし、そのコンピュータ上で同じ作業を行えば、メールを移行できる。End of Article

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH