Windows TIPS
[Management]
TIPS   Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

パフォーマンス・カウンタのデータ収集をlogmanコマンドで制御する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2009/12/11
対象OS
Windows XP
Windows Server 2003
Windows Vista
Windows Server 2008
Windows 7
Windows Server 2008 R2
logmanコマンドを使えば、コマンド・プロンプトからパフォーマンス・カウンタの収集を制御できる。
カウンタ・ログの作成にはlogman create、実行開始にはlogman startコマンドを利用する。
カウンタ・ログのパラメータを変更するには、logman updateコマンドを利用する。

解説

 TIPS「パフォーマンス・カウンタのデータをスケジュールに従って収集する(Windows XP/Windows Server 2003編)」「パフォーマンス・カウンタのデータをスケジュールに従って収集する(Windows Vista/Windows 7/Windows Server 2008編)」では、パフォーマンス・モニタ管理ツールを使って、システムのパフォーマンス・カウンタの値をスケジュールに従って収集する方法を紹介した。だがこれらはGUIで操作するツールであり、対象となるコンピュータやカウンタの数などが多いと、いちいちマウスなどで操作しなければならず、設定/管理が面倒である。

 このような場合は、logman.exeというコマンドを使えばコマンド・プロンプト上からパフォーマンス・カウンタ・データの収集機能を制御できる。本TIPSでは、その方法について解説する。

操作方法

logman.exeコマンドの基本的な使い方

 logmanコマンドの使い方は、「logman /?」で表示される。Windows OSのバージョンごとに少しずつ機能が異なるが、パフォーマンス・カウンタの値を収集するだけなら、ほぼどれも同じである。

※これはWindows XP Professional SP3のlogmanの例

C:\>logman /? …ヘルプの表示
Microsoft (R) Logman.exe (5.1.2600.5512)
(C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

Logman は、イベント トレース セッションとパフォーマンス ログの作成および管理するための "パフォーマンス ログと警告" サービスを管理します。

使い方:
logman 動詞 <コレクション名> [オプション]

動詞:
  create <counter|trace>        新しいコレクションを作成します。
  start                         既存のコレクションを開始して、開始時刻を手動に設定します。
  stop                          既存のコレクションを停止して、終了時刻を手動に設定します。
……(中略)……
例:
  logman create counter perf_log -c "\Processor(_Total)\% Processor Time"
  logman create trace trace_log -nb 16 256 -bs 64 -o c:\logfile
  logman start perf_log
  logman update perf_log -si 10 -f csv -v mmddhhmm
  logman update trace_log -p "Windows Kernel Trace" (disk,net)

カウンタ・ログ/データ・コレクタの作成

 収集する対象となるパフォーマンス・カウンタの組を定義したものを、Windows XP/Windows Server 2003のパフォーマンス・モニタでは「カウンタ・ログ」と呼んでいるが、Windows Vista以降のパフォーマンス・モニタでは「(ユーザー定義の)データ・コレクタ・セット」と呼んでいる。以下ではすべてまとめて「カウンタ・ログ」と呼ぶことにする。

 新しいカウンタ・ログを定義するには、上のヘルプの最後にあるように、「logman create counter <カウンタ・ログ名> -c <カウンタ・セット> <オプション>」を利用する。

 データの収集スケジュールを決めずに、単に収集するカウンタを指定するだけなら、次のようにすればよい。

※例:CPU使用率カウンタの収集
C:\>logman create counter perf_log1 -c "\Processor(*)\% Processor Time"
コマンドは、正しく完了しました。

 これは、CPU使用率に関するパフォーマンス・カウンタの値を収集する例である。perf_log1という名前のカウンタ・ログ・エントリが作成される。「"\Processor(*)\% Processor Time"」の意味については、TIPS「typeperfコマンドでシステムのパフォーマンス・カウンタのデータを収集する」を参照していただきたい。カウンタの指定方法はtypeperfコマンドと同じである。対象となるカウンタが多数ある場合は、テキスト・ファイルに保存し、「-cf <カウンタ名ファイル>」で指定すればよい(これもtypeperfコマンドと同じ)。

 収集するスケジュールを指定する場合は、「-b <開始日時>」や「-e <終了日時>」で指定できる。

※例:物理ネットワーク・インターフェイスのカウンタの収集。スケジュール指定付き
C:\>logman create counter perf_log2 -c "\Network Interface(*)\*" -b 2009/12/14 00:00:00 -e 2009/12/15 00:00:00
コマンドは、正しく完了しました。

 これは、ネットワーク・インターフェイスに関するパフォーマンス・カウンタの値を収集する例である。

 オプションを変更する場合は、「logman update <カウンタ・ログ名> <新パラメータ>」として更新すればよい。

カウンタ・ログの確認

 作成したカウンタ・ログは、「logman query <カウンタ・ログ名>」で内容を確認できる。

C:\>logman query …カウンタの一覧の表示

コレクション         種類          状態
-------------------------------------------
System Overview      カウンタ      停止済み …デフォルト項目
perf_log1            カウンタ      停止済み …perf_log1
perf_log2            カウンタ      停止済み …perf_log2

コマンドは、正しく完了しました。

C:\>logman query perf_log2 …詳細の確認

名前:           perf_log2
種類:           カウンタ
状態:           停止済み
開始:           2009/12/14 0:00:00 …開始日時
停止:           2009/12/15 0:00:00 …停止日時
ファイル:       C:\PerfLogs\perf_log2_000001.blg …ログ・ファイル
実行:           <既定値>

カウンタ:
   \Network Interface(*)\* …パフォーマンス・カウンタ

コマンドは、正しく完了しました。

C:\>

 logmanコマンドで作成したカウンタ・ログは当然パフォーマンス・モニタでも確認できるので、そちらで操作してもよい。

データの収集開始/停止

 カウンタ・ログを開始したり停止させるには、startやstopオプションを使う。

C:\>logman start perf_log1 …データ収集の開始
コマンドは、正しく完了しました。

C:\>logman stop perf_log1 …停止・終了
コマンドは、正しく完了しました。

 収集したデータは指定されたフォルダ中に作成されているので、集計ツールやパフォーマンス・モニタのデータ・ソースなどで利用すればよい。グラフ表示させる方法については、TIPS「収集したカウンタ・データをパフォーマンス・モニタで表示させる」「パフォーマンス・モニタの使い方(基本編)」などを参照のこと。End of Article

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH