Windows TIPS
[Network]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

Windows Server 2008/R2のRRASでIPルーティングを有効にする

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2010/02/26
対象OS
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2008/R2でIPルーティングを行うには、「ネットワーク ポリシーとアクセス サービス」役割を追加後、RRASサービスを有効化させる。
RRASサービスを利用すると、複数のネットワーク・インターフェイス間でIPルーティングやNATなどを利用できる。

解説

 TIPS「IPルーティングを有効にする方法(Server OS編)」では、Windows 2000 ServerやWindows Server 2003で「ルーティングとリモート アクセス」サービス(以下RRAS)を導入して、サーバOSをルータとしてセットアップするための方法を紹介した。

 Windows Server 2008やWindows Server 2008 R2ではセットアップ方法が変更されているため、手順が少し異なっている。本TIPSではこれらのサーバOSにおいて、RRAS役割を導入して、IPルータとして動作させる方法を紹介する。

 RRASを導入してルータとして動作させることにより、例えば複数のネットワーク・インターフェイスやHyper-Vの仮想ネットワーク間でルーティングさせたり、NAT(共有ネットワーク)を行わせたりできるようになる(NATルータとしての利用方法については「Windows Server 2008/R2のRRASでNAT機能を有効にする」参照)。

操作方法

手順1――RRAS役割を導入する

 Windows Server 2008やWindows Server 2008 R2でルータやRASサーバ機能を利用するためには、まず「ネットワーク ポリシーとアクセス サービス」役割を導入する。サーバ・マネージャを起動後、[役割の追加]ボタンをクリックして、役割の追加ウィザードを起動する。そしてウィザードの画面で「ネットワーク ポリシーとアクセス サービス」という役割を選んで、次へ進む。

役割の追加ウィザードでルータの役割を追加する
Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2では、以前のサーバOSと違い、デフォルトではRRASのサービス(役割)そのものがインストールされていない。そこで、最初にRRASサービスをインストールする。RRASは「ネットワーク ポリシーとアクセス サービス」という役割の中に含まれている。
これを選択して、[次へ]をクリックする。

 上の画面で「ネットワーク ポリシーとアクセス サービス」という項目をチェックして次へ進むと、役割サービスを選択する画面が表示されるので、「ルーティング」という項目を選択してインストールする。これによりIPルーティングやNATなどが利用可能になる。ただし、「ルーティング」という項目を選択すると、関連する役割サービスとして「ルーティングとリモート アクセス サービス」と「リモート アクセス サービス」というチェックボックスも自動的にオンになるので、その3つを選択して次へ進み、ウィザードを終了させる。

ルーティング・サービスのインストール
ルータとして動作させるには、この画面の「ルーティング」をインストールする。
このチェックボックスをオンにする。すると関連する役割サービスを確認するダイアログが表示されるので、内容を確認後、[必要な役割サービスを追加]ボタンをクリックする。自動的に次のもオンになるはずである。
これらのチェックボックスも自動的にオンになる(手動で選択してもよい)。

 以上で役割の追加は完了である。[次へ]をクリックして内容を確認し、そのウィザード画面にある[インストール]をクリックすると、自動的に「ルーティングとリモート アクセス サービス」がインストールされる。

手順2――RRASの有効化

 「ネットワーク ポリシーとアクセス サービス」役割を導入しても、まだルータとして設定されていないはずなので、次はRRASサービスを起動させる。ただし、この役割をすでに一度でもインストール(してから削除)したことがあれば、サービスはすでに開始状態になっているはずなので、この手順は必要ない。ちなみに、この手順はWindows 2000 ServerやWindows Server 2003の場合と同じである。

 役割の追加後、サーバ・マネージャで[役割]ツリーの下にある[ネットワーク ポリシーとアクセス サービス]−[ルーティングとリモート アクセス]を開くか、[管理ツール]の[ルーティングとリモート アクセス]を開く。次の画面のように、サービスが停止しているようなら(赤い下向き矢印が表示されているようなら)、それを開始させる。

RRASサービスの起動/有効化
役割をインストールしても、デフォルトではサービスは未構成で、停止したままである。それを有効化させる。
デフォルトではこのように、サービスは停止状態になっているはずである。これを右クリックする。
これを選択して、サービスの設定と有効化を行う。

 [ルーティングとリモート アクセスの構成と有効化]を選択すると、「ルーティングとリモート アクセス サーバーのセットアップ ウィザードの開始」画面が表示されるので、[カスタム設定]を選んで次へ進む。

ルーティング機能の選択(1)
RRASのいくつかの代表的な用途については、選択するだけで自動的にセットアップされる。IPルータとして利用するには[カスタム構成]を選択して先へ進む。
これを選択する。

 次の画面では[LAN ルーティング]を選択する。

ルーティング機能の選択(1)
IPルーティング機能だけをオンにする。
IPルータとして利用するには、これをオンにする。

 以上の設定後、[次へ]をクリックして次の画面へ進めると、自動的にIPルータとして動作するようにシステムが設定される。ウィザードの最後で[完了]ボタンをクリックすると、サービスを開始させるためのダイアログが表示されるので、[サービスの開始]をクリックする。

 以上作業はすべて完了である。サービスの起動後、[管理ツール]の画面を見ると次のようになっているはずなので、必要なら静的ルートを追加するなどの作業を行う。

新しい静的ルートの追加
この状態でIPルータとして機能しているが、必要ならば静的ルートを追加する。ルート情報を追加しないと、このコンピュータのインターフェイスに直接つながっているネットワーク・セグメント間でしかルーティングが行えない。
サービスが開始状態になっていると、このように緑色の上向きの矢印が表示される。
静的ルートはデフォルトでは何も定義されていない。
新しいルートを追加するには、このように右クリックして、ポップアップ・メニューから[新しい静的ルート]を選択する。

 ルートの追加方法やIPルーティングの意味などについては、以下のTIPSなどを参照していただきたい。End of Article

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH