Windows TIPS
[System Enviroment]
Tips   Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

Windows 7/Server 2008 R2の電源管理に問題点がないかチェックする

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 小林 章彦
2010/04/16
対象OS
Windows 7
Windows Server 2008 R2
サスペンド状態にならないなど、電源管理で問題となるデバイスがある。
powercfg.exeコマンドの「-energy」スイッチを利用することで、電源管理で問題になっている可能性があるアプリケーションやデバイスを見つけられる。

解説

 デバイスやアプリケーションをインストールしたら、サスペンド状態にならなくなるなど、電源管理に問題が生じることがある。こうした問題は、原因を特定するのが容易でないことが多い。Windows 7/Server 2008 R2では、電源管理コマンドのpowercfg.exeに設定に関するレポートを出力する「-energy」スイッチが追加されており、このスイッチを使うと、電源管理で問題になっている点が特定できるようになっている。また電源管理設定の構成をどのように変更すれば、よりよい結果が得られるかを示す診断機能も用意されている。本稿では、この「-energy」スイッチの使い方と、出力されたレポートの見方を解説する。

操作方法

 電源管理に関するレポートを得るのは、コマンド・プロンプトを[管理者として実行]で起動し、以下のコマンドを実行する。

 powercfg -energy

 すると、デフォルトでは、カレント・フォルダにenergy-report.htmlというファイル名でHTML形式のレポートが保存され、以下のようなメッセージも出力される。

C:\Windows\system32> powercfg -energy
トレースを 60 秒間有効にしています...
システムの動作を監視しています...
トレース データを分析しています...
分析が完了しました。

エネルギー効率の問題が見つかりました。

4 個のエラー
3 個の警告
13 個の情報

詳細については、C:\Windows\system32\energy-report.html を参照してください。
powercfg -energyコマンドの実行例
トレースを実行し、その間にシステムの動作を監視、電源管理に関する問題点をレポートする。エラーや警告など、レベルに応じた問題内容が報告される。この例では、エラーが4個、警告が3個、報告されている。詳細は、energy-report.htmlをInternet Explorerで開くと分かる。

レポートの出力例の一部(レポートの全体を見る
ネットブックで「powercfg -energy」を実行してみた。プロセッサの性能が低いためか、エラーの項目に、スリープ状態にならないようにする要求が行われたことが示されている。このようなエラーが指摘されたら、どのようなドライバか確認し、場合によってはドライバを更新するなどの対策を行う。この例では、ネットワーク経由でファイルが開かれている場合に発生するエラーなので、ドライバの更新などは不要だ。

 出力されたレポートには、「エラー」「警告」「情報」の3段階で問題点が指摘される。「エラー」は、CPUの使用率が高い、ACPIのオブジェクトの検証に失敗する、デバイスやドライバがスリープ状態にならない、USBデバイスが中断状態にならない、などの電源管理の上で問題となる項目を指摘する。「警告」は、電源ポリシーの問題や、CPU使用率が高い個別プロセスなどを報告する。また「情報」では、設定されている電源ポリシーの内容や、タイマーの精度、ノートPCの場合はバッテリの状態(前回の完全充電容量など)などが指摘される。エラーで報告された項目では、改善策(BIOSをアップデートするなど)が示されるので、それに従ってBIOSアップデートを実施したり、デバイス・ドライバを更新したりすると、より電源効率のよいものにできる。

 なお-energyスイッチには、さらに以下のパラメータが設定できる。

パラメータ 内容
-output <ファイル名> レポートを保存するパスとファイル名を指定する
-xml レポートのファイル形式をXMLにする
-trace システムの動作を記録し、分析を実行しない
-d <パス名> トレース・データを保存するディレクトリを指定する(-traceスイッチを指定している場合のみ)
-duration <秒> システムの動作を監視する秒数を指定する。デフォルトは60秒
-energyスイッチのパラメータ

 スリープへの移行に失敗するなどの障害が発生した場合は、このコマンドを実行し、レポートを見てみるとよい。問題となっているデバイスなどが見つかるはずだ。End of Article

この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
powercfg.exeコマンドで電源オプションの設定を変更する
グループ・ポリシーとpowercfg.exeコマンドで電源オプションの設定を変更する
システムの電源を強制的にオフにする
電源ボタンでシステムを休止状態にする
Windows Vista/Windows Server 2008のエラー報告ダイアログを無効にする
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第7回 どこでも働ける時代にオフィスビルでつながること、学べること――三井不動産が変える日本橋の今と未来
日本橋再生計画という東京を代表する都市開発プロジェクトを主導する三井不動産が、日本...

心の扉を開くBtoBコミュニケーション――紙のDMの意外な力
BtoBにおける購買担当者の“心”の扉を開くにはどうすればよいのか? IT時代と言われる現...

第3回 「見込み客」を「確度の高い見込み客」にするための管理/育成手法
マーケティング部門の役割は、確度の高い見込み客(リード)と、見込み客に関する精度の...