Windows TIPS
[System Enviroment]
Tips   Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

Windows 7/Server 2008 R2の電源管理に問題点がないかチェックする

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 小林 章彦
2010/04/16
対象OS
Windows 7
Windows Server 2008 R2
サスペンド状態にならないなど、電源管理で問題となるデバイスがある。
powercfg.exeコマンドの「-energy」スイッチを利用することで、電源管理で問題になっている可能性があるアプリケーションやデバイスを見つけられる。

解説

 デバイスやアプリケーションをインストールしたら、サスペンド状態にならなくなるなど、電源管理に問題が生じることがある。こうした問題は、原因を特定するのが容易でないことが多い。Windows 7/Server 2008 R2では、電源管理コマンドのpowercfg.exeに設定に関するレポートを出力する「-energy」スイッチが追加されており、このスイッチを使うと、電源管理で問題になっている点が特定できるようになっている。また電源管理設定の構成をどのように変更すれば、よりよい結果が得られるかを示す診断機能も用意されている。本稿では、この「-energy」スイッチの使い方と、出力されたレポートの見方を解説する。

操作方法

 電源管理に関するレポートを得るのは、コマンド・プロンプトを[管理者として実行]で起動し、以下のコマンドを実行する。

 powercfg -energy

 すると、デフォルトでは、カレント・フォルダにenergy-report.htmlというファイル名でHTML形式のレポートが保存され、以下のようなメッセージも出力される。

C:\Windows\system32> powercfg -energy
トレースを 60 秒間有効にしています...
システムの動作を監視しています...
トレース データを分析しています...
分析が完了しました。

エネルギー効率の問題が見つかりました。

4 個のエラー
3 個の警告
13 個の情報

詳細については、C:\Windows\system32\energy-report.html を参照してください。
powercfg -energyコマンドの実行例
トレースを実行し、その間にシステムの動作を監視、電源管理に関する問題点をレポートする。エラーや警告など、レベルに応じた問題内容が報告される。この例では、エラーが4個、警告が3個、報告されている。詳細は、energy-report.htmlをInternet Explorerで開くと分かる。

レポートの出力例の一部(レポートの全体を見る
ネットブックで「powercfg -energy」を実行してみた。プロセッサの性能が低いためか、エラーの項目に、スリープ状態にならないようにする要求が行われたことが示されている。このようなエラーが指摘されたら、どのようなドライバか確認し、場合によってはドライバを更新するなどの対策を行う。この例では、ネットワーク経由でファイルが開かれている場合に発生するエラーなので、ドライバの更新などは不要だ。

 出力されたレポートには、「エラー」「警告」「情報」の3段階で問題点が指摘される。「エラー」は、CPUの使用率が高い、ACPIのオブジェクトの検証に失敗する、デバイスやドライバがスリープ状態にならない、USBデバイスが中断状態にならない、などの電源管理の上で問題となる項目を指摘する。「警告」は、電源ポリシーの問題や、CPU使用率が高い個別プロセスなどを報告する。また「情報」では、設定されている電源ポリシーの内容や、タイマーの精度、ノートPCの場合はバッテリの状態(前回の完全充電容量など)などが指摘される。エラーで報告された項目では、改善策(BIOSをアップデートするなど)が示されるので、それに従ってBIOSアップデートを実施したり、デバイス・ドライバを更新したりすると、より電源効率のよいものにできる。

 なお-energyスイッチには、さらに以下のパラメータが設定できる。

パラメータ 内容
-output <ファイル名> レポートを保存するパスとファイル名を指定する
-xml レポートのファイル形式をXMLにする
-trace システムの動作を記録し、分析を実行しない
-d <パス名> トレース・データを保存するディレクトリを指定する(-traceスイッチを指定している場合のみ)
-duration <秒> システムの動作を監視する秒数を指定する。デフォルトは60秒
-energyスイッチのパラメータ

 スリープへの移行に失敗するなどの障害が発生した場合は、このコマンドを実行し、レポートを見てみるとよい。問題となっているデバイスなどが見つかるはずだ。End of Article

この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
powercfg.exeコマンドで電源オプションの設定を変更する
グループ・ポリシーとpowercfg.exeコマンドで電源オプションの設定を変更する
システムの電源を強制的にオフにする
電源ボタンでシステムを休止状態にする
Windows Vista/Windows Server 2008のエラー報告ダイアログを無効にする
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • プロセスとスレッド (2014/10/30)
     OSカーネルを理解するための基本、プロセスとスレッドについて解説。タスクマネージャーを使ってWindows OSの中を見てみよう
  • WindowsでIEを使って文字コードを変換する (2014/10/29)
     Windows標準ツールはシフトJIS以外の文字コードを正しく扱えないことがある。そこでIEを利用すると、手軽に文字コードを変換して別のファイルに保存できる
  • 第435話 新旧交代 (2014/10/28)
     あらまぁ。最近はこんなもんで新聞がタダで読めちゃうってのかい? それじゃあお金を払うのはバカみたいじゃないの……
  • リモートデスクトップのウィンドウ位置を自在に変える (2014/10/24)
     Windowsのリモートデスクトップ接続はRDPファイルでカスタマイズできる。だがウィンドウの表示位置はGUIから指定できない。その設定方法とは?
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ブランドコンテンツは国境を超えて拡散する
BrandedとSocial@Ogilvy(ソーシャル・アット・オグルヴィ)が主催するアジア最大規模の...

(前編)顧客思考を追究するトイザらスの「脱オムニチャネル」
徹底した顧客重視の視点により、トイザらスは「オムニチャネル」から「シームレスリテイ...

ジャストシステム、LINEの企業スタンプに関するユーザーの行動調査の結果を発表
ジャストシステムは10月30日、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」...