Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

bcdeditコマンドでブート・シーケンスを一時的に変更する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 小林 章彦
2010/07/09
対象OS
Windows Vista
Windows Server 2008
Windows 7
Windows Server 2008 R2
マルチブート環境において、指定のOSを一度だけ起動するように変更して、その後は既定のブート・シーケンスに戻したいことがある。
bcdeditコマンドに/bootsequenceオプションを付けて実行することで、再起動後に一度だけ指定したOSを起動するように変更できる。

解説

 システムに複数のOSがインストールされているマルチブート環境において、再起動時に特定のOSを一度だけ起動するように変更して、その後は既定のブート・シーケンスに戻したいことがある。例えば、普段あまり利用しないOSに対して、セキュリティ・パッチを適用するような場合だ。

 このような場合、bcdeditコマンドに/bootsequenceオプションを付けて実行することで、再起動後、一度だけ指定したOSを起動するように変更できる。その後、再起動すれば既定のブート・シーケンスに戻るため、ブート・シーケンスを再度修正する必要はない。本稿では、この一時的にブート・シーケンスを変更する方法を紹介する。

Windowsブート・マネージャの画面
この画面が表示されてから30秒(デフォルト)経過すると、選択されているOSが起動する。この画面を表示しないように設定している場合、起動するOSを切り替えるには、やはりbcdeditコマンドによるブート・マネージャの編集が必要になる。
デフォルトでこちらのOSが起動する。
デフォルト以外のOSの起動する場合は、[↓][↑]キーで目的のOSを選択して[Enter]キーを押す必要がある。

  操作方法

 bcdeditコマンドを実行するため、コマンド・プロンプトを起動する。ただしbcdeditコマンドは、管理者として実行したコマンド・プロンプトでなければ実行できない。そこで、[スタート]の[すべてのプログラム]−[アクセサリ]の[コマンド プロンプト]を右クリックして[管理者として実行]を選択してコマンド・プロンプトを起動する。

 ここで、まず引数を付けずにbcdeditを実行し、現在のBCDストアの情報を確認する。

Windows ブート マネージャー
--------------------------------
identifier              {bootmgr}
device                  partition=\Device\HarddiskVolume1
description             Windows Boot Manager
locale                  ja-JP
inherit                 {globalsettings}
default                 {current}
resumeobject            {7c2b44f3-3926-11de-99f4-bf6acdd7f858}
displayorder            {current}
                        {7c2b44fc-3926-11de-99f4-bf6acdd7f858}
toolsdisplayorder       {memdiag}
timeout                 30
displaybootmenu         Yes

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier              {current} ……現在の起動OS
device                  partition=C:
path                    \Windows\system32\winload.exe
description             Windows 7
locale                  ja-JP
osdevice                partition=C:
systemroot              \Windows
resumeobject            {fa8e4917-8a91-11df-b9f3-806e6f6e6963}

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier              {7c2b44fc-3926-11de-99f4-bf6acdd7f858} ……これを一時起動に設定してみる
device                  locate=\Windows\system32\winload.exe
path                    \Windows\system32\winload.exe
description             Windows 7 - VHD
locale                  ja-JP
osdevice                locate=\Windows
systemroot              \Windows
resumeobject            {bc540f53-8a70-11df-8855-806e6f6e6963}
detecthal               Yes
bcdeditコマンドの実行例

 ここで一時的に起動したいOSの「identifier」の値をコピーしておく。「{current}」は、現在の既定の起動OSなので、それ以外のOSということになる。この例では、2番目のエントリの「identifier」の値「{7c2b44fc-3926-11de-99f4-bf6acdd7f858}」をコピーする。

 次に、コマンド・プロンプトで以下のコマンドを実行する。<identifier>には、コピーした「identifier」の値(この例では{7c2b44fc-3926-11de-99f4-bf6acdd7f858})を入れる。

bcdedit /bootsequence <identifier>

 これで再起動後、自動的に<identifier>で指定したOSが一度だけ起動することになる。その後、再起動すれば、今度は以前と同様、{current}で指定されているOSが起動することになる。

 再起動時に表示されるブート・マネージャで選択する必要がないため、誤って目的とは異なるOSを起動させてしまうことも防げる。一時的に起動OSを変更したい場合は、この方法を試してみるとよい。End of Article

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • Azure SQL DBのインデックスやキャッシュを制御する (2017/6/26)
     Azure SQL Databaseのインデックスやプロシージャキャッシュを制御するには、そのためのT-SQLを直接実行する。知っておくと便利なT-SQLを紹介する
  • DNSのリゾルバ/キャッシュ/フォワーダ機能 (2017/6/23)
     今回は、DNSサーバのクライアント側であるリゾルバやキャッシュの機能について見ていく。リゾルバは、コンテンツDNSサーバに繰り返し問い合わせて名前解決を図る
  • ドメインの情報を提供するDNSのコンテンツサーバ (2017/6/22)
     DNSサーバには、ドメインの情報を定義・公開するコンテンツサーバと、それを利用するリゾルバの2種類がある。今回はコンテンツサーバの機能についてまとめておく
  • DNS(Domain Name System)とは (2017/6/21)
     インターネット上にあるサーバやサービスの「名前」とIPアドレスとの対応を管理してインターネットを支えている「DNS」。今回は、DNSの役割や構造の概要を解説
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH